HOME >> 圓朝地名図譜 >> prev 静岡県 next
静岡県 その2   
はなしの名どころ
火中の蓮華(あらすじ)
鶴殺疾刃庖刀(あらすじ)
恋路の闇(あらすじ)
日蓮大士道徳話(あらすじ)
加殿山妙国寺といって日蓮上人船渡しの御難というご霊場のお寺がございます、それへご参詣になりますと、この道は橋が普請中で、田船のような小さな船に乗りましてむこうへ渡り、田んぼ道へ出まして五、六町行くと、そのお寺の大門が見えます。
 (「火中の蓮華」)
  斎藤忠市郎ら編,名人名演落語全集 第一巻,立風書房(1982)
 
地点名 出典と登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
修善寺 しゅぜんじ 伊香保, 蓮華 (他 東京10件) 全12件5題 伊豆市(旧田方郡修善寺町) 修善寺温泉に姐さん湯治.寺名は修禅寺.その前に源泉の独鈷の湯.
"お飽きになったのではありませぬが、殿さまが修善寺へおいでになる"(火中の蓮華)
修禅寺 9702
妙国寺 みょうこくじ 蓮華 全1件1題 伊豆市(旧田方郡修善寺町加殿119-1) 日蓮宗厳浄山妙国寺.ふなとがえりの祖師を祀る.修善寺駅から徒歩.
"加殿山妙国寺といって日蓮上人船渡しの御難というご霊場のお寺がございます"(火中の蓮華)
妙国寺 9702
静浦 しずうら 蓮華 (他 東京1件) 全2件2題 沼津市馬込あたり 今でこそ漁港だが,貴顕の別荘が立ちならぶ保養地だった.圓朝も井上馨と訪問.
"お名前は申し上げられませぬが、あるご贔屓のお方さまのお供をいたして、わたし沼津の静浦の保養館へまいっておりました"(火中の蓮華)
静浦漁港 9702
安藤先生の病院 あんどうせんせいのびょういん 蓮華 全1件1題 沼津市馬込あたり 明治天皇の侍医である安藤家に養子に入った安藤正胤が,静浦に作った海浜医院のこと.今なし.
"ことに静浦という所には安藤先生の病院が建っております"(火中の蓮華)
     
保養館 ほうようかん 蓮華 全1件1題 沼津市馬込あたり 海浜医院と同じく,安藤正胤が静浦につくった旅館.海水浴による療養をねらいとする.
"あるご贔屓のお方さまのお供をいたして、わたし沼津の静浦の保養館へまいっておりました"(火中の蓮華)
     
獅子浜 ししはま 蓮華 全1件1題 沼津市獅子浜 本能寺あたり.漁港がある.
"あれは桃里から静浦、獅子浜、江ノ浦までの間というものは実によい景色で"(火中の蓮華)
獅子浜 9702
本能寺 ほんのうじ 蓮華 全1件1題 沼津市獅子浜240 日蓮宗富蔵山本能寺.境内から裏山は獅子浜城址.
"獅子浜という所へまいるとあれに、富蔵山本能寺と読みますが"(火中の蓮華)
本能寺 9702
桃里 ももざと 蓮華 全1件1題 沼津市下香貫あたり ももざと→桃里→桃郷→とうごう→島郷.判じ物みたい.
"あれは桃里から静浦、獅子浜、江ノ浦までの間というものは実によい景色で"(火中の蓮華)
島郷バス停 9702
沼津 ぬまづ 熱海, 鶴殺, 蓮華 (他 東京15件) 全18件11題 沼津市 「伊賀越道中双六」,沼津の平作の茶店跡.平作は自害し,敵の河合又五郎の居所を聞き出す.「五目講釈」の"落ちゆく先は九州相良"のオリジナル.
"箱根を夜越しに致して沼津の本問屋という旅籠屋へ暁七つ頃に着きました"(鶴殺疾刃庖刀)
平作地蔵 9702
沼津:千本松原 せんぼんまつばら 鶴殺 (他 東京4件) 全5件3題 沼津市原あたり 沼津西の景勝地.防風防砂の実用にもなっていたはず.増誉上人は念仏を唱えながら松を植え続け,松原を回復させた人物.その像がある.
"ちょうど千本松と申す所へ参ったのが、夜の明方でござりました"(鶴殺疾刃庖刀)
増誉上人像 0407
はら 粟田口 (他 東京6件) 全7件4題 沼津市原 駿河に過ぎたる白隠禅師.墓は原の松蔭寺にあり,東海道線から遙拝するための目印に白隠禅師塔所と彫られた碑が建っている.
"原文に三島安という東海道食い詰めの奴で、息杖を取って打ってかかった"(粟田口霑笛竹)
白隠墓 0903
田子の浦 たごのうら お民 (他 東京2件) 全3件3題 富士市あたり 万葉仮名の碑文.おそらく,"田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ不尽の高嶺に雪は降りける".
"越えても関に清見潟、三保の入海、田子の浦、打ち出でてみればましろなる、雪の富士の根、箱根山"(操競女学校-お民の伝)
山部赤人歌碑 0103
鈴川 すずかわ 蓮華 全1件1題 富士市鈴川 吉原駅の南方.
"これは街道筋の、或るは鈴川でございまするの、岩淵、江尻あたり"(火中の蓮華)
鈴川 9608
岩淵 いわぶち 鰍沢, 蓮華 (他 東京19件) 全21件3題 富士市(旧庵原郡富士川町岩淵) 東海道吉原〜蒲原間.鰍沢から富士川を利用した水運とがクロスする.
"前は東海道岩淵へ落す急流、しかもここは釜が淵と申す難所でございます"(鰍沢雪の夜噺)
岩淵渡船場常夜燈 9608
蒲原 かんばら 鶴殺, 蓮華 (他 東京6件) 全8件5題 静岡市清水区(旧庵原郡蒲原町) 東海道の宿場.写真は広重の東海道五十三次木版画を碑にしたもの.
"蒲原由比を過ぎまして薩土垂[た]峠で片づけようと多次郎と話し合っておきました"(鶴殺疾刃庖刀)
蒲原宿 夜之雪碑 9702
由比 ゆい 鶴殺 (他 東京5件) 全6件3題 静岡市清水区(旧庵原郡由比町) 東海道の宿場.「慶安太平記」由井正雪の生家.よく倒幕首謀者の家や墓が残ったものだ.
"蒲原由比を過ぎまして薩土垂[た]峠で片づけようと多次郎と話し合っておきました"(鶴殺疾刃庖刀)
正雪紺屋 0407
倉沢 くらさわ 蓮華 (他 東京1件) 全2件2題 静岡市清水区(旧庵原郡由比町東倉沢,西倉沢) 峠手前,東海道の立場で景色がよかった.望嶽亭は目の前が海で,山岡鉄舟が難を逃れたゆかりの宿.今は鉄道と国道をはさんで,望嶽亭の特徴ある窓がわずかに見える.
"この山道の難所をかの倉沢の人と興津から魚の荷をかついで甲府まで行く人が通りかかって"(火中の蓮華)
望嶽亭 0903
薩土垂[た]峠 さったとうげ 鶴殺 (他 東京3件) 全4件4題 静岡市清水区 初めは波打ち際を通る道が開かれ,難所だったという.今でも海際は車の通りが激しく歩くことはままならない.最初に行ったときは,由比側の道は整備されていたが,興津側の道が悲惨でひどく難儀した.2度目の時はせっかくの晴天だが,富士山が黄砂にかすんでいた.
"蒲原由比を過ぎまして薩土垂[た]峠で片づけようと多次郎と話し合っておきました"(鶴殺疾刃庖刀)
薩土垂[た]峠 0903
興津 おきつ 鶴殺, 蓮華 (他 東京8件) 全10件5題 静岡市清水区 元禄6年銘の身延道標.興津の東で東海道から分かれる.「火中の蓮華」はここを通り身延へ向かう.
"興津で駕籠に乗り駕かきにいくらかの酒手を遣りまして、後から来る二人は胡麻の蠅かもしれぬ、こいつ等をまくのだから急いでくれ"(鶴殺疾刃庖刀)
身延道標 0407
海水楼 かいすいろう 蓮華 全1件1題 静岡市清水区 興津の井上馨別荘に詣でる人々の定宿となった.
"興津へ行かせられまして、海水楼という温泉宿があります、これは上等です"(火中の蓮華)
     
清見潟 きよみがた お民, 蓮華 全2件2題 静岡市清水区興津清見寺町 清見寺前.埋め立てられてしまい,名勝の旧観はない.大正天皇東宮時の海水浴記念碑がある.
"越えても関に清見潟、三保の入海、田子の浦、打ち出でてみればましろなる、雪の富士の根、箱根山"(操競女学校-お民の伝)
清見潟を望む 9511
八木間 やぎま 蓮華 全1件1題 静岡市清水区八木間町 興津のすぐ北で,都市化されている.清水"市"の文字がバンソウコウで隠されている.八木間の題目塔は法泉寺内.
"興津あたりよりはいりまして、あれから八木間から小島という所の山をひとつ越えて"(火中の蓮華)
八木間歩道橋 0309
小島 こじま 蓮華 全1件1題 静岡市清水区小島町 小島(おじま).甲州防備のためにおかれた1万石小島藩の支配.陣屋の石塁がよく残る.
"あれから八木間から小島という所の山をひとつ越えて、宍原、打房、万沢"(火中の蓮華)
小島陣屋石垣 0309
小島峠 こしまとうげ 蓮華 全1件1題 静岡市清水区小島町か 不明.小島はまだ興津川沿いで峠らしいところはない.
"興津からまいると小島峠、富士見峠、万沢"(火中の蓮華)
     
小島坂 おじまざか 蓮華 全1件1題 静岡市清水区小島町か 不明.ここだけは正しいルビがふってある.
"こまこました峠だけれど小島坂から富士見峠、西行峠と万沢まではなんでも三ッつか四ッつあります"(火中の蓮華)
     
富士見峠 ふじみとうげ 蓮華 全1件1題 静岡市清水区宍原 ここで視界が開けるはずだが,背後は清水工業団地.高速道の建設も進められている.
"興津からまいると小島峠、富士見峠、万沢"(火中の蓮華)
富士見峠 0309
宍原 ししはら 蓮華 全1件1題 静岡市清水区宍原 県境の集落だが,寂れてはいない.しかし終着のバス停から出ていくバスは無人だった.
"あれから八木間から小島という所の山をひとつ越えて、宍原、打房、万沢"(火中の蓮華)
宍原 0309
内房 うちふさ 蓮華 全2件1題 富士宮市(旧富士郡芝川町内房) 初出は打房(うちふさ)で,後出は内房.南部町の内船も考えられるが,芝川町の内房(うつぶさ)を指すのだろう.
"宍原、打房、万沢、南部などという所へかかって来るので"(火中の蓮華)
内房標柱 0103
本勝寺 ほんしょうじ 蓮華 全1件1題 富士宮市(旧富士郡芝川町内房)か 内房の本勝寺の用例.日蓮宗の名刹の本成寺が内房にある.
"あなたはどちらへいらっしゃるのです。はい、内房の本勝寺までまいります"(火中の蓮華)
長遠山本成寺 0103
富士山 ふじさん お民, 草三, 蓮華, 文晁 など (他 東京147件, 上方23件) 全180件101題 静岡県,山梨県 落語の「富士詣り」では山梨県側を登る.街道から眺めるのは静岡県側.
"「継母のよそいし飯は富士の山、水をかければ敷島の原」てえ狂歌があるがその通りだね"(紙屑のよりこ)
     
清水 しみず 一雅 (他 東京1件) 全2件2題 静岡市清水区 港町清水市.2003年静岡市に吸収される.清水次郎長像と墓は梅蔭寺(南岡町3,拝観有料).
"よんどころなき友達の義理で、清水通いの汽船で今晩静岡まで行くから、五、六日の間、何分家を頼む"(応文一雅伝)
清水次郎長像 0407
江尻 えじり 鶴殺, 蓮華 (他 東京6件) 全8件5題 静岡市清水区 東海道の宿.江尻東からクランクして稚児橋をわたるあたりが江尻宿.
"その日は江尻泊まりの積もりで、後家安等は同じ宿屋へ泊まろうと致しますのを、民弥は初めから胡乱な奴と目をつけて連れにならないように避けておりました"(鶴殺疾刃庖刀)
江尻宿標柱 9511
龍華寺 りゅうげじ 蓮華 全1件1題 静岡市清水区村松2085 観富山蓮華寺.日蓮宗.大ソテツと高山樗牛墓がある.拝観有料.
"西にあたりましては龍華寺のほうから清見潟、三保ノ松原が見えるという絶景の地でございます"(火中の蓮華)
龍華寺 9511
三保 みほ お民 全1件1題 静岡市清水区三保 清水対岸の砂嘴.
"越えても関に清見潟、三保の入海、田子の浦、打ち出でてみればましろなる、雪の富士の根、箱根山"(操競女学校-お民の伝)
     
三保の松原 みほのまつばら 蓮華 (他 東京13件, 上方2件) 全16件11題 静岡市清水区三保 三保半島一帯が松原だった.虹の松原,気比の松原とともに三大松原.天女が羽衣をかけた「羽衣の松」がある.
"西にあたりましては龍華寺のほうから清見潟、三保ノ松原が見えるという絶景の地でございます"(火中の蓮華)
三保の松原羽衣の松 0407
静岡 しずおか 明治の地獄, 鶴殺, 一雅 など (他 東京52件, 上方5件) 全64件39題 静岡市 府中,駿府の改称.町の北の賤機山がその由来.碑は市役所旧庁舎敷地角にある.
"お一人は静岡の知事をなすッた関口さん、お一人は御料局長の肥田さんで"(明治の地獄)
静岡の由来碑 0407
府中 ふちゅう 鶴殺, 初島 (他 東京5件) 全8件4題 静岡市葵区 静岡の旧称,駿河の国府.「城木屋」のサゲ.宿入口の伝馬町に本陣などがあった.
"てっきり民弥めがこちとらを胡乱に思って駿府へ乗り込んだに相違ないと、これも江尻から二挺駕籠を仕立てて府中へ泊まりました"(鶴殺疾刃庖刀)
府中宿脇本陣跡碑 0902
駿府 すんぷ 伊香保, 熱海, 黄薔薇, 鶴殺 (他 東京5件) 全9件8題 静岡市葵区 駿府城公園には,覇権を取った家康の銅像.そばには家康お手植え蜜柑がある.
"江尻を抜いて駿府の脇本陣へ泊まりました"(鶴殺疾刃庖刀)
徳川家康像とお手植え蜜柑 0801
安倍川 あべかわ 鶴殺 (他 東京4件) 全5件4題 静岡市 安倍川橋の東詰に安部川餅屋が3軒ならぶ.どうせ買うならここ.写真の安倍川橋は1923年建造の土木遺産級のトラス橋.
"その翌日後家安等は七つ早めに発ちまして、阿部川を一番越しを致して鞠子の棒鼻に休んでおりますと、民弥がやって参りました"(鶴殺疾刃庖刀)
安倍川橋 9511
鞠子 まりこ 鶴殺 (他 東京10件, 上方2件) 全13件7題 静岡市駿河区丸子あたり 東海道間の宿.府中と岡部の間.丸子とも.丸子名物のとろろ汁は,落語「とろろん」.
"その翌日後家安等は七つ早めに発ちまして、阿部川を一番越しを致して鞠子の棒鼻に休んでおりますと、民弥がやって参りました"(鶴殺疾刃庖刀)
鞠子一里塚跡 0103
宇津の山 うつのや 鶴殺 全1件1題 藤枝市(旧志太郡岡部町)あたり "峠を通り過ぎて湯谷口までの坂路を里俗宇津の山と称えて至って淋しい所でございます"(鶴殺疾刃庖刀)      
宇津谷峠 うつのやとうげ 鶴殺 (他 東京10件) 全12件6題 静岡市駿河区〜藤枝市 「蔦紅葉宇都谷峠」というより,「毛氈芝居」の文弥殺しの場.
"寄らず障らず挨拶を致して、急ぎ足に宇津の谷峠へ掛かりますと、両人も跡を追って参りました"(鶴殺疾刃庖刀)
宇津谷峠 0801
宇津谷トンネル うつのやとんねる 鶴殺 全1件1題 静岡市駿河区丸子〜藤枝市 明治,大正,昭和,平成と各時代のトンネルがある.噺にでてくる明治9年のトンネルは,両側から掘っていったが,静岡側が食い違ったため掘り直された.
"唯今では隧道ができまして宇津の谷も人力車で往来ができるようになりました"(鶴殺疾刃庖刀)
宇津谷トンネル 0103
湯谷口 ゆたにぐち 鶴殺 全1件1題 藤枝市(旧志太郡岡部町)か 宇都谷峠の岡部側あたりに読める.
"峠を通り過ぎて湯谷口までの坂路を里俗宇津の山と称えて至って淋しい所でございます"(鶴殺疾刃庖刀)
     
十石坂 じっこくざか 鶴殺 全1件1題 藤枝市(旧志太郡岡部町) 岡部宿のはずれ,宇都谷に向かって上る.
"宇津の山に果し合いがあるというので、登りの人は峠の立場に足を止め、下りの人は十石坂の立場に足を止めましたから、宇津の山は通行人もござりません"(鶴殺疾刃庖刀)
十石坂観音 0103
岡部 おかべ 鶴殺, 雪月花 (他 東京7件) 全9件7題 藤枝市(旧志太郡岡部町) 三方ヶ原の戦い後,家康に召された岡部氏.中央が岡部信綱の墓.岡部六弥太の墓は埼玉県の岡部にある.
"あの六弥太という人は東海道駿河国岡部から出ましたもので、あの六弥太が豆腐というものをこしらえる事を考えたから、いまだに豆腐のことを岡部と申します"(雪月花一題ばなし−おちつき)
岡部氏墓 0103
貫名 ぬきな 日蓮 全1件1題 袋井市広岡 貫名の地,日蓮宗妙日寺には,日蓮両親の供養塔と貫名政直,行直,重実三代の五輪塔がある.慈父貫名重忠法號妙日尊儀 悲母清原氏法名妙蓮大姉 と彫られている.正保3(1646)年に建てられたもの.
"山名郡貫名へ参ったから貫名の四郎政直という姓を取ってこれが日蓮大士のご先祖さまでございます"(日蓮大士道徳話)
妙日寺日蓮父母供養塔 1209
浜松 はままつ 紙屑のよりこ (他 東京15件, 上方9件) 全25件21題 浜松市 浜松城天守は昭和の再建.野面積みの石垣は現存.20年にわたる家康の居城.
"遠州の茶の湯の席は浜松の広いようにて狭い小座敷"(紙屑のよりこ)
浜松城 0307
村櫛 むらくし 日蓮 全1件1題 浜松市西区村櫛町 藤原共資は,国司もしくは巡検使として京から派遣されてきたという.村櫛バス停の東方約1kmの小高い山が館跡といわれ,東麓に志津古城趾碑,山頂に壊れかけたお堂と藤原備中守共資公之墓と彫られた石碑がある.南側から登れるが,碑の周辺はひどい薮に覆われていた.日蓮大聖人御遠祖 村櫛村開創者 藤原備中守共資公之墓 とある.
"共資は子細あって京都を去って遠州の村櫛というところへ長らく住しておった"(日蓮大士道徳話)
藤原共資公之墓 1209
井谷明神 いがいみょうじん 日蓮 全1件1題 浜松市北区引佐町井伊谷 井伊谷(いいのや)にある渭伊神社のことだろう.龍潭寺のところから,南北朝期に700mほど北西の現在地に移転している.本殿裏に天白遺跡と呼ばれる磐座があり,巨石がそびえいかにも神々が降りてきそうな雰囲気.噺に出てくる井伊共保公出生の井戸は,龍潭寺の南約100mの田んぼの中に現存する.浜松駅または金指駅からバス.
"引佐郡井谷明神は霊験赫燿なりというのでこれへ心願をかけて三年の間欠かさずに毎月三日ずつ参る"(日蓮大士道徳話)
謂伊神社磐座 1209

薩土垂[た]峠:土偏に垂

掲載 060728/最終更新 121027

   表の項目の説明

HOME >> 圓朝地名図譜 >> prev 静岡県 next