HOME >> はなしの名どころ >> prev 三重県 next
三重県 その2   
圓朝地名図譜
古市の名物の一つで、是れから油屋、備前屋、杉本屋などと言ふ名高い女郎屋がござります、此處を通りまして、下りますと相の山で、お杉お玉の所を一般に相の山と申します
 (笑福亭松鶴 「お伊勢參り」)
  上方,112,56 (1940)
 
地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
伊勢 高尾(立名人名演06:08) など 8件8題 (東京7件, 上方1件) 伊勢市 伊勢朝熊万金丹.写真は小西万金丹,道具類を展示している.万金丹は5mmほどの丸薬で,水又は白湯にて服用(お茶湯には及ばない).噛むとひどく苦い 萬金丹金看板 0204
山田 薮入り(講昭和戦前2:16) など 8件6題 (東京6件, 上方2件) 伊勢市 伊勢市山田地区の旧称      
御師町 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市か 「お伊勢参り」の旅程では外宮から二見,朝熊を回り内宮へ.二見の前に出てくるので外宮前か.写真は御祓町の御師の門 御師の門 0209
岩淵町 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市岩淵あたり 山田の中心街 岩淵バス停 0204
河崎 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市河崎 河港として栄えた.今,蔵の町並を売り物にしている 河崎 0209
伊勢神宮 百人坊主(講明治大正4:03) など 127件63題 (圓朝7件, 東京62件, 上方58件) 伊勢市 落語では,"伊勢参り"という表現で登場することが大部分.「東の旅」でも参宮場面はわずかしか描かれていない.内宮拝殿の撮影は石段下まで      
伊勢神宮:外宮 伊勢詣り(楽々凄艶妖怪下:07) など 8件7題 (東京5件, 上方3件) 伊勢市豊川町 四重の垣で囲まれており,板垣しか見えない.手前は三つ石 外宮正宮 0209
伊勢神宮:鷹の宮 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市豊川町 本文文脈からは内宮のようだが,外宮の別宮多賀宮を指す方が自然 外宮多賀宮 0204
伊勢神宮:風の宮 お伊勢参り(新和上方復刻:17) など 2件2題 (東京1件, 上方1件) 伊勢市豊川町か 多賀宮と対ならば外宮の風宮.もしくは,内宮の風日祈宮を指すか 外宮風宮 0209
伊勢神宮:雨の宮 とろゝん(講明治大正7:26) など 2件2題 (東京1件, 上方1件) 伊勢市か 「とろろん」の祭文の文句に,雨の宮,風の宮と併記されているが不明.東海道膝栗毛,岡部の宿でも,巫子の口寄せに"雨の宮,風の宮"が出てくる.風宮の祭神 級長津彦命・紙長戸辺命は風雨の神      
伊勢神宮:茜稲荷 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市豊川町 茜(あこね)社.外宮勾玉池畔の稲荷 茜社 0204
伊勢神宮:月読日読 とろゝん(講明治大正7:26) 1件1題 (東京1件) 伊勢市宮後1-3か 月夜見宮か.日読は不明.かつては外宮に多数の巡拝宮が並んでいた 月夜見宮 0209
中道 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市か 不明.外宮を出て間もなくの場所で,間の山あたりらしい      
間の山 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市倭町あたり 「お杉お玉」の舞台.投げ銭を女三味線芸人のお杉お玉に巧みによけられ,悔しまぎれに緡のまま投げつけてやり込められる噺 お杉お玉碑 0209
古市 猿後家(三一上方1:01) など 9件6題 (圓朝1件, 東京1件, 上方7件) 伊勢市古市町 当時は言わずとしれた遊所で,妓楼がならんでいた.歌舞伎「伊勢音頭」モデルの油屋遊女お紺墓は文政12(1829)年,無差別殺人犯の孫福墓は遅れて1929年の建.古市の大林寺内 お紺孫福墓 0209
杉本屋 高尾(立名人名演06:08) など 2件2題 (東京1件, 上方1件) 伊勢市古市町 古市の三大妓楼.備前屋の北で,跡地は薬局という.表示はない      
油屋 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市古市町 古市の三大妓楼.跡地の中華料理店前に碑がある 油屋跡碑 0209
備前屋 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市古市町 古市の三大妓楼.跡地の駐車場前に碑がある.しかし,碑の正面に柵を作るか 備前屋跡碑 0209
牛谷 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市宇治浦田あたり 牛谷坂は神宮司庁領付部から猿田彦神社に向けて下る坂 牛谷坂と道標 0209
どぶろく お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市古市町か 牛谷にあった有名なうどん屋の豆腐六.現存しない      
御祓町 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市宇治中之切町あたり 参道のおはらい町とそれに直交するおかげ横丁の新旧組み合わせで観光客を引いている.昼間は人で埋まる おはらい町 0209
赤福餅 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市宇治中之切町 内宮参道の赤福本店では,早朝から茶釜に湯を沸かして営業中.月替わり1日の朔日餅は人気の品で,地元の特典だった.予約販売もある 赤福餅 0204
宇治橋 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市宇治今在家町〜宇治館町 内宮への参道.川は五十鈴川.季節で変わるが,夜明けには参拝時間がはじまる 宇治橋 0209
五十鈴川 囃子長屋(土屋今輔:19) など 2件2題 (東京1件, 上方1件) 伊勢市宇治館町あたり 内宮の手水は五十鈴川となっている.この直前で島路川を合す 内宮御手洗場 0209
神路山 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市宇治今在家町 宇治橋右手,五十鈴川中流一帯を指す 神路山 0209
伊勢神宮:内宮 伊勢詣り(楽々凄艶妖怪下:07) など 8件7題 (東京5件, 上方3件) 伊勢市宇治館町 古殿地は20年に1回遷宮した跡地というか建設予定地.2013年に遷宮すると当分古殿地に近づけなくなる 内宮古殿地 0204
伊勢神宮:神楽殿 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市宇治館町 内宮の表参道,御札授与所となりの巨大な建物 神楽殿 0204
伊勢神宮:陰陽石 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市か 文脈からは内宮.内宮には名を持つ石が多いが不明.別名和合石とあるので子安神社を訪ねてみたが見あたらなかった      
二見餅 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市(旧度会郡二見町)か 不明.二見に近い二軒茶屋餅は神久6に現存.天正3(1575)年の創業で,きな粉のついた餡餅.その他,桜木町の太閤餅が有名だった 二軒茶屋餅 0705
二見ヶ浦 薮入り(講昭和戦前2:16) など 12件10題 (圓朝1件, 東京6件, 上方5件) 伊勢市(旧度会郡二見町江)あたり 今も夫婦岩近くには古い旅館が多く,賓日館は1887(明治20)年に建てられた皇族,要人用の宿泊施設 賓日館 0705
夫婦岩 お伊勢詣り(初代桂春団治落語集, 講談社 (2004)) 伊勢市(旧度会郡二見町) 伊勢の風景の定番,夫婦岩は二見浦の古い旅館街の東端.夜明け前から観光客がカメラの陣取りをしている.干潮には岩の土台が現れてしまう 夫婦岩 0705
鳥羽水族館 さよなら動物園(桂三枝創作落語大全集, メディアクラフト牡牛座 (2004)) 伊勢市(旧度会郡二見町) 桂三枝(文枝)の新作に登場.50年以上の歴史の老舗水族館 鳥羽水族館 0705
朝熊山 万金丹(青小さん2:03) など 24件8題 (東京17件, 上方7件) 伊勢市朝熊町 金剛証寺.伊勢朝熊(あさま)万金丹の産地として頻出."伊勢へ詣らば朝熊へ詣れ朝熊かけねば片詣り"と歌われた.かつては参拝者が多く,ケーブルカーまで引かれていた.今は有料道路を通る日に2往復のか細いバス路線のみ 金剛証寺萬金丹金看板 0204
鳥羽 鮑のし(弘文志ん生6:08) など 7件3題 (東京4件, 上方3件) 鳥羽市あたり 志州鳥羽浦志摩浦.鳥羽市国崎町の鎧崎海岸には,海士潜女神社や奉納鮑調製所 鳥羽湾をのぞむ 0204
志摩 鮑貝(三一上方2:23) など 5件2題 (上方5件) 志摩郡 志摩磯部,恵利原に鸚鵡石がある.この石の前で話すと離れた場所に声が伝送されるパワーストーン.歌舞伎の名せりふ抜き書きも鸚鵡石 鸚鵡石 0204
磯部 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 志摩市(旧志摩郡磯部町) 浅草雷門脇の磯部大神宮は洒脱なお方で,門跡さんと女郎買いにいった.今は聞くことのできない「大神宮の女郎買い」.その本家がここ伊雑宮 伊雑宮 0204
東宮:鵜倉 河村瑞賢(にっかつ談志:5) 1件1題 (東京1件) 度会郡南伊勢町(旧南島町東宮) 河村瑞賢は東宮生まれ.鵜倉は東宮村,贄浦,奈屋浦,慥柄浦からなるので,本文の"東宮村鵜倉"ではすわりが悪い.河村瑞賢生誕地の碑は1919年の建 河村瑞賢生誕地の碑 0204
東宮:八幡 河村瑞賢(にっかつ談志:5) 1件1題 (東京1件) 度会郡南伊勢町(旧南島町東宮) 河村瑞賢が現 八柱神社の鳥居を奉納した.寛文3(1663)年の銘がある.バスならば伊勢市から道方で町営バスに乗換.半日がかりは覚悟 八柱神社の鳥居 0204
宮前村 長者番付(青三木助:10) など 2件1題 (東京2件) 松阪市(旧飯南郡飯高町宮前)か 松阪の在とあるだけなので宮前の特定は難しい.飯高町の宮前は和歌山街道に面し,宮(花岡神社)の前が地名の由来 宮の前 花岡神社 0303
伊勢本街道 七度狐(喜迴少年3:2) 1件1題 (上方1件)   「七度狐」は「東の旅」の一部.演者の桂文我は,伊勢本街道を通るルートで演じる.同じ文我師の「高宮川天狗酒盛」などにも登場.奈良県境に近い奥津宿は,各戸に工夫をこらした暖簾が下がる.造り酒屋や写真のぬしやなど,町並みを見るのも楽しい 伊勢本街道 奥津宿 1011
伊賀上野 高尾(青圓生06:07) など 7件4題 (東京7件) 伊賀市(旧上野市) 伊賀上野は芭蕉生誕地で,生家や蓑虫庵がある.上野城は高石垣で知られる 上野城高石垣 0303
伊賀上野:鍵屋の辻 薮入り(講落語全集2:21) など 5件3題 (東京5件) 伊賀市(旧上野市小田町) 日本三大仇討の一,鍵屋の辻.荒木又右衛門三十六人斬り.当時の道標が残る.数馬茶屋は仇討の渡辺数馬にちなむ 鍵屋の辻碑と数馬茶屋 0303
名張 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 名張市 名張(なばり).藤堂家支配の陣屋は,寿栄神社に移築された太鼓門と邸宅を公開 名張陣屋太鼓門 0303
辰巳の渡 運附酒(三一上方2:20) 1件1題 (上方1件)   伊賀の街道の要所にある渡しに描かれているが不明.これは,大阪の豪商辰巳屋の逸話      
三重市 初恋(桂三枝創作落語大全集, メディアクラフト牡牛座 (2004)) 架空 三重県三重市      

掲載 031017/最終更新 120720

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 三重県 next