HOME >> はなしの名どころ >> prev 三重県 next
三重県 その1   
圓朝地名図譜
今日は急いで關まで行く心算ぢや、サア行かうと又候出て參りました早いもので此處は阪の下
似多「ナア紛さん『阪は照る照る鈴鹿は曇る間の土山雨が降る』と言はうがナ」
紛郎「然うぢやない彼は『阪は照る照る鈴鹿は曇る、間の土山飴を賣る』と言ふのぢや」
 (曾呂利新左衛門(2) 「第參回」(軽石屁))
  『滑稽伊勢参宮』,駸々堂 (1899)
 
近畿地方
地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
関西 五人廻し(青圓生10:07) など 84件63題 (東京53件, 上方31件)          
近畿 鼓が滝(大日本図書館04:06) 1件1題 (東京1件)          
上方 上方見物(青圓生06:09) など 256件143題 (圓朝26件, 東京197件, 上方33件)          
名神高速道路 うしろ女房(芳賀新作2:07) 1件1題 (上方1件)   鼻筋の通り具合の比喩,すーとしているのであって,渋滞しているわけではない      
 
地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
三重県 狐の仇討(近代文藝捕物:02) 1件1題 (上方1件) 三重県 このページでは,鈴鹿峠を出発点に東海道を桑名まで下り,再び追分に戻り伊勢参宮道を南下しつつ伊勢に至るルートで落語地名を紹介する      
伊勢(国) 山崎屋(青圓生08:06) など 70件34題 (圓朝2件, 東京46件, 上方22件) 三重県 旧国名      
鈴鹿峠 住吉駕籠(創元米朝5:01) など 4件3題 (東京1件, 上方3件) 亀山市(旧鈴鹿郡関町)〜滋賀県甲賀郡土山町 東海道の難所.三重県と滋賀県の県境をなす.峠越えのバス路線は廃止されてしまった.万人講常夜燈は土山側の国道そばへ移設され公園化されている 万人講常夜燈 0303
鈴鹿山 愛宕山(青小南:11) など 4件1題 (上方4件) 亀山市(旧鈴鹿郡) 鈴鹿峠越えを指す.「愛宕山」の急坂を一八・繁八が尻突きで登ってゆく場面      
鏡岩 小間物屋小四郎(続珍品復活上方落語選集, 燃焼社 (2002)) 亀山市(旧鈴鹿郡関町坂下) 江戸落語では箱根山山中を舞台とする「小間物屋政談」を鈴鹿峠に移し替えた.鏡岩には山賊が頑張っており,鏡面のような鏡岩に映る峠越えの旅人を狙っていたという 鏡岩から見下ろす 1506
阪の下 法会(新和上方復刻:11) など 3件3題 (上方3件) 亀山市(旧鈴鹿郡関町坂下) 馬子唄にも歌われた東海道坂下宿 大竹小竹本陣は碑のみ.法安寺には本陣門が移設されている.写真のように道幅は広げられているが,人通りがなく閑散としている 坂下本陣小竹屋跡 0303
関:地蔵 第参回(軽石屁)(滑稽伊勢参宮, 駸々堂 (1895)) 亀山市(旧鈴鹿郡関町新所町) 二世曽呂利新左衛門の『滑稽伊勢参宮』に登場する.関の地蔵さんは,東海道関宿を代表する寺院.地蔵開眼供養に一休が立ち小便,さらにふんどしを掛けて解決という逸話.関宿では,女ながらに仇討を果たした関の小万が有名であり,碑や墓が残っている.関宿は観光客が多いが,関の小万は忘れ去られている 関地蔵院 0303
亀山 弱法師(創元米朝7:19) など 11件8題 (東京1件, 上方10件) 亀山市 東海道の宿場.亀山城址として残るのは多聞櫓.石井兄弟亀山敵討遺跡碑が櫓下の池の脇にある.特産はローソク,まだまだ液晶には負けていない 亀山城多聞櫓 0106
庄野 入込噺『七度狐』(三一上方1:29) 1件1題 (上方1件) 鈴鹿市庄野町 東海道の宿場.宿北入口がやや旧観が残る.記念館前には広重の"庄野の白雨" 庄野宿 0106
荒神山 ゴムホース屋(普通名作5:13) など 6件3題 (東京6件) 鈴鹿市高塚町 浪曲「荒神山の血煙」.神戸の長吉と安濃徳の喧嘩の場面.弾痕が鐘楼下部に残る.ここでは今でもバクチが公認と寺にいた人から聞いたが本当? 観音寺鐘楼 0106
石薬師 入込噺『七度狐』(三一上方1:29) 1件1題 (上方1件) 鈴鹿市石薬師町 東海道の宿場.石薬師寺には地名の起源となる石仏を祀る.写しこまれている看板を見れば,どんな像かはわかる 石薬師寺 0106
追分 入込噺『七度狐』(三一上方1:29) 1件1題 (上方1件) 四日市市追分 日永の追分.東海道と伊勢参宮道がわかれる 追分道標と伊勢鳥居 0006
桑名 鮫講釈(三一談志3:11) など 29件17題 (東京22件, 上方7件) 桑名市 東海道の宿場,七里の渡しの西側.「桑名船」と題する噺,東京では"五目講釈",上方では"岸柳島"のこと.渡船場あとは堤防に閉ざされている.鳥居は伊勢神宮一の鳥居.その手は桑名の焼き蛤.焼き蛤はともかく,時雨蛤屋はいくらでもある 七里の渡し場 0006
四日市 昔の詐偽(講明治大正4:25) など 2件2題 (東京2件) 四日市市 南町道標のあるあたり四日市宿の中心で,その名の通り市が立った.江戸時代から続く老舗永餅屋はその北.駅でも手軽に買える 南町道標 0006
神戸 入込噺『七度狐』(三一上方1:29) など 2件2題 (東京1件, 上方1件) 鈴鹿市神戸 神部(かんべ).神戸城は平山城.戦国期から江戸の本多家へと移行.ほとんど高校の敷地になっている 神戸城跡 0006
三日市 百年目(三一上方1:26) 1件1題 (上方1件) 鈴鹿市三日市町あたりか "桑名の三日市"として出てくるが,未詳.近鉄鈴鹿線には三日市駅がある 近鉄 三日市駅 0006
銭掛松 夢八(立名人名演08:19) など 3件2題 (東京2件, 上方1件) 津市高野尾町 豊久野銭掛松.伊勢音頭の文句で頻出.堂内に朽木が保存され,古銭が掛かっている.津からバス,高尾野下車 銭掛松 0106
白子 髪結新三(中公圓生2:05) など 3件2題 (東京3件) 鈴鹿市白子 伊勢参宮道白子(しろこ)宿.伊勢型紙が名物.写真の指さし型の道標は味わいが欠ける."さんぐう道"と"神戸四日市道"を示す 白子の道標 9911
白子:不断桜 入込噺『七度狐』(三一上方1:29) 1件1題 (上方1件) 鈴鹿市寺家3 白子の観音寺内.年中咲くことから不断桜と命名.国天然記念物 不断桜 9911
上野 入込噺『七度狐』(三一上方1:29) 1件1題 (上方1件) 津市(旧安芸郡河芸町上野) 伊勢参宮道.上野城は織田家が築城,のち上野藩は廃藩 上野城址 9911
播州巡り(三一上方2:06) など 7件4題 (東京1件, 上方6件) 津市 藤堂高虎の居城.石垣しか残っていない.有造館は文政年間開校の藩校 津城 有造館入徳門 9911
阿漕ヶ浦 西行(芳賀歌奴:05) など 17件11題 (圓朝5件, 東京11件, 上方1件) 津市 "伊勢の海阿漕ヶ浦に引く網もたび重なれば顕れにけり".謡曲「阿漕」の舞台でもあり,阿漕塚が残っている.「西行」では"阿漕であるぞ"の謎解き.現代でも"あこぎなこと"で生きている 阿漕ヶ浦 9911
香良洲浜 伊勢松坂扇屋怪談(珍品復活 上方落語選集, 燃焼社 (2001)) 津市(旧一志郡香良洲町) 以下2件は,桂文我の『珍品復活 上方落語選集』所載の怪談噺に登場.香良洲(からす)浜は楯干網と海水浴の名所.高茶屋駅近くからバス 香良洲浜 0209
雲出川 伊勢松坂扇屋怪談(珍品復活 上方落語選集, 燃焼社 (2001)) 津市(旧一志郡香良洲町) 雲出川(くもずがわ)大橋は上流に新橋が架橋された.元治2(1865)年の燈籠がある 雲出川 0209
松阪 長者番付(青三木助:10) など 14件8題 (東京9件, 上方5件) 松阪市 古くは松坂.三井八郎右衛門が酒屋を開き,のちに江戸で越後屋を開く.三井家発祥地の門の中には,碑など見たいものがあるのにがっちり鉄柵で囲われている 三井家発祥地 9911
松阪城 名月若松城(三一正蔵芝居噺:10) 1件1題 (東京1件) 松阪市殿町 蒲生氏郷の築城.空井戸は抜け穴という.松阪城下には本居宣長旧宅の鈴屋 松阪開府之碑 9911
稲木 猿後家(講小文枝:06) など 2件1題 (上方2件) 松阪市稲木 稲木(いなぎ).紙煙草入れを製した壺屋の所在地.道標は弘化4(1847)年,従是外宮三里 道標 9911
壺屋 城木屋(青圓生12:16) など 16件8題 (圓朝1件, 東京9件, 上方6件) 松阪市稲木町 "夕立や伊勢の稲木の壺屋紙 降る鳴る光る強い雷(古なる光る強い紙なり)".稲木の壺屋は今はない.壺屋に限らず,伊勢の紙煙草入れは,土産品として重用された.近くに文化14(1817)年の供養塔もある.近鉄漕代駅から徒歩      
明星 三人旅(三一上方2:22) など 3件2題 (上方3件) 多気郡明和町明星あたり 明和町上野が本明星,明星が中明星,新茶屋が新明星.さらに進むと名物へんば餅屋      
明星:三田屋 三人旅(三一上方2:22) など 2件1題 (上方2件) 多気郡明和町上野 右端が三田屋(さんだや)のあと.このあたり三田姓が多い 明星宿三田屋跡 9911
明星:浪花屋佐助 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 多気郡明和町か 明星では前項の三田屋と板屋,小島屋が有名.斎宮の浪花屋も知られていた      
田丸 長者番付(旺文小さん1:08) など 2件2題 (東京1件, 上方1件) 度会郡玉城町田丸 三井成功譚で使用.ここは伊勢街道でなく,長谷街道の宿場.田丸出身の名士は朝日新聞創設者の村山龍平 田丸城 0209
宮川 三人旅(三一上方2:22) など 3件2題 (上方3件) 伊勢市〜旧度会郡小俣町 宮川を越すといよいよ山田の町.三重県の後半は伊勢参宮 桜の渡し付近 0209
宮川の渡 お伊勢参り(新和上方復刻:17) 1件1題 (上方1件) 伊勢市〜旧度会郡小俣町 宮川の渡しは2つあり,こちらは北側の桜の渡 宮川の渡の石標 0209

掲載 030918/最終更新 150816

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 三重県 next