HOME >> 圓朝地名図譜 >> prev 福岡県 next
福岡県   
はなしの名どころ
戸田公は下野國宇都宮なるを肥前國島原朝散大夫〔七萬石〕松平主殿頭忠祇公之御國へ代る。主殿樣宇都宮へお國代わる。寛延已己何月なるや不知。戸田公御國詰に付、海數三百一里半、大坂迄陸(くが)〔百三十三里〕。長門迄舟路、下之關迄〔百三十里半〕。豊前小倉迄舟〔三里〕。肥前島原迄〔三十七里〕。
 (「鹽原太助傳」)
  鈴木行三編,『圓朝全集』 第十二巻,春陽堂(1927)
 
九州地方
地点名 出典と登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
九州 きゅうしゅう 粟田口, 荻江, 草三, 初島 など (他 東京65件, 上方34件) 全106件74題   "流れ流れて京から九州へ行って、廻り廻って福島を通ると"(安中草三)      
筑紫 つくし 鶴殺, 三題噺 (他 東京9件, 上方3件) 全14件8題 九州北部 九州の古称だが,九州北部を指すことが多い.菅相丞は,どうやら太宰府に流された菅原道真.
"周の文王も獄屋に下り給い、菅相丞も筑紫の果てにさすらいとなり給ひたる事もありて"(鶴殺疾刃庖刀)
     
福岡県
地点名 出典と登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
小倉 こくら 太助伝 (他 東京1件, 上方4件) 全5件2題 北九州市小倉区 上に引用した手控えで出てくるだけ.祇園太鼓・小倉太鼓の像は小倉駅南口,度胸千両の無法松の暴れ打ち像は北口.
"豊前小倉迄舟〔三里〕"(塩原太助伝)
祇園太鼓像 0706

掲載 050819/最終更新 080718

   表の項目の説明

HOME >> 圓朝地名図譜 >> prev 福岡県 next