HOME >> 圓朝地名図譜 >> prev 長崎県 next
長崎県   
はなしの名どころ
(わっち)ァこれから東京へ歸(けえ)つたが、此の時節に成りやしたから大阪へ往つたり、又少(ちっ)とばかり知る者があつて長崎の方へ往つて、くすぶつて居て、存じながら手紙も上げず、御無沙汰をしやしたが、漸々此方へ歸り、今では鐵砲洲の新湊町に居り……
 (「英國孝子ジョージスミス之傳」)
  鈴木行三編,『圓朝全集』 第九巻,春陽堂(1927)

地点名 出典と登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
長崎 ながさき 累ヶ淵, 粟田口, 多助 など (他 東京76件, 上方18件) 全103件65題 長崎市 肥前長崎は,肥後の熊本とならんで落語では遠隔地の代名詞.圓朝に外国種の原作を提供した福地桜痴の生まれは長崎市.ちっとも知らなかったのだが,通りがかりに碑があってびっくり.うかつなことに,"はなしの名どころ"に引用した「忠士鑑」には,しっかり長崎出身と書かれていた.
"逃げも隠れもしねえ、長崎へ逃げようと仙台へ逃げようと花車重吉駈落はできぬから卑怯な事はしねえ"(真景累ヶ淵)
福地櫻痴生誕の地碑 1406
長崎:丸山 まるやま 今朝春三組盃 (他 東京7件, 上方5件) 全13件9題 長崎市丸山町 圓朝原作には出てこない.石畳の道の奥,石段下には丸山華街跡の標柱.石段途中にあるのは料亭 青柳,登ると丸山のオランダ坂.
"伊勢の古市越後の新潟、長崎丸山探しても"(今朝春三組盃,花菖蒲澤の紫,太平書屋(2004))
     
島原 しまばら 多助, 太助伝 全2件1題 島原市など 松倉重政の圧政,禁教に対して,天草四郎らが起こした島原の乱の舞台.一揆軍が立てこもった原城へは島原鉄道 原城駅から徒歩.急げば,列車が折り返してくる間に見学できる.(追記)2008年に島原鉄道,島原外港−加津佐間は廃止された.
"へえ、肥前の島原という所は遠うがんすか。そうサ、島原までは三百一里半あるな"(塩原多助一代記)
原城址 天草四郎墓 9810

掲載 030114/最終更新 140715

   表の項目の説明

HOME >> 圓朝地名図譜 >> prev 長崎県 next