HOME >> はなしの名どころ >> prev 江戸川区 next
江戸川区   
当時、長唄の唄うたいでございますが、中山小十郎という人がありました。当時の名人といわれましてなかなか声もよし、女房をお俊といいまして夫婦仲もいいが、どういうわけですか子どもがない。どうかして子どもが欲しいというわけで…(中略)…平井村という……ここの聖天さまへご信仰で。
 (三遊亭圓生(6) 「中村仲蔵」)
  斎藤忠市郎ら編,『名人名演落語全集』 第九巻,立風書房(1981)

地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
葛西 かさい 法華長屋(騒人名作09:15) など 20件11題 (圓朝3件, 東京17件) 江戸川区など → 北村辞典.江戸川から江東区に至る広い地域.葛西の町名は江戸川区に残る.「囃子長屋」の葛西の馬鹿囃子.金町駅そばの葛西神社(葛飾区東金町6-10)に碑がある.
"肥を取るのだから取ろうと言ったらよかんべえと、葛西のせなァ達が相談して、麦飯を食っては取ろう取ろうと言って歩いたのです"(江島屋騒動)
葛西ばやし碑 0805
平井聖天 ひらいしょうでん 中村仲蔵(集英圓生3:10) など 3件2題 (圓朝1件, 東京2件) 江戸川区平井6-17 → 北村辞典.真義真言宗燈明寺.中村仲蔵の懐妊にまつわり登場.講談「桧山騒動」で相馬大作が津軽侯を殺害する場面.下平井の渡(月謡荻江一節)は,墨田区立花と平井とを結ぶ,現在の平井橋あたり.
"かような工合に下情にお通じなすった殿でありますから、遂に葛西領平井聖天の境内で、隠名浮浪の士相馬某という者のために難を受けられました"(塩原多助後日譚)
平井聖天燈明寺 0611
中川新橋 なかがわしんばし 東京大空襲夜話(実録噺「東京大空襲夜話」, 新日本出版社 (2009)) 江東区亀戸9〜江戸川区小松川3 「東京大空襲夜話」は,その名のとおり演者の柳家さん八が体験した1945年3月10日の東京大空襲の話.幼いさん八を連れた一家は,いっぱいの防空壕に入れてもらえず,中川新橋の下で一夜を明かす.路上に転がる屍体,蒸し焼きになった防空壕など戦争の悲惨さを訴える 中川新橋 1102
逆井 さかさい 化物(講明治大正5:68) 1件1題 (東京1件) 江戸川区小松川あたり 逆井の旧町名は消えた.逆井の渡(粟田口霑笛竹,後開榛名の梅が香)は,江東区亀戸と逆井を結ぶ.現在の逆井橋あたり 逆井橋 0512
小松川 こまつがわ 片棒(青金馬:09) など 9件5題 (圓朝1件, 東京8件) 江戸川区小松川,東小松川,西小松川町あたり → 北村辞典.荒川放水路の開鑿と中川の流路変更によって分断された地域.小松菜に名を残す.
"荻江節の家元になる位だから美声で大声で、その声が水音に逆らってどうも遠くまで響きますると、よい塩梅にここを小松川の方から肥船の上へ"(月謡荻江一節)
     
鹿骨 ししぼね 皿屋(講明治大正6:47) など 3件3題 (東京3件) 江戸川区鹿骨あたり → 北村辞典.鹿骨(ししぼね).お目見え(講明治大正7:25)では猪骨.鹿見塚神社に発祥地の碑がある.鹿島大神が常陸から奈良へ向かう途中,従っていた鹿がここで斃れたという 鹿骨発祥の地碑 0509
小岩 こいわ 鏡ヶ池操松影(角川円朝1:03) など 6件4題 (圓朝4件, 東京2件) 江戸川区北小岩,東小岩,南小岩,西小岩 東西南北に新小岩まであって茫洋とした印象.江戸川を挟み佐倉道の小岩,市川関所があった.江戸川駅南に道標などが残っており,渡船場の常燈明は宝林寺(北小岩3-23)に移設されている.
"田舎がいいから、ある人の世話で葛西の小岩村の文吉という者の方へやりました"(江島屋騒動)
市川渡船常燈明 0509

掲載 051012/最終更新 110918

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 江戸川区 next