HOME >> はなしの名どころ >> prev 足立区 next
足立区   
「ちょいと待っつくれ、まだなにか、よッぽどあるのか、西新井は……?」
「千住の大橋を渡ったァ、これから青物市場(やっちゃば)ァ抜けちまえば、もう一ふんばりだァ、どうしたんだ、くたぶれた……?」
 (三遊亭圓生(6) 「首提灯」)
  飯島友治・東大落語会編,『圓生全集』 第三巻,青蛙房(1961)

地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
関屋 せきや 和歌三神(角川文庫05:10) など 2件1題 (東京2件) 足立区など → 北村辞典.関屋の里として知られた閑雅な行楽地.今はどこということもない.氷川神社(千住仲町48)に関屋由来の関屋天神がこじんまりと移されている.用例も七五調の美文で墨東を描いているだけ 関屋天神祠 0904
河原 かわら 八景隅田川(角川円朝7:01) など 9件4題 (圓朝2件, 東京7件) 足立区千住河原町 → 北村辞典.北は掃部宿に連なる千住宿の一.次項のやっちゃ場があった.「藁人形」を油で煮て呪う西念の長屋.
"止むを得ずひどい所におります、千住の河原におります、河原という所だから名の通り甚だしい所で"(江島屋騒動)
     
千住の青物市場 せんじゅのやっちゃば 首提灯(青圓生03:10) など 4件3題 (東京4件) 足立区千住河原町 → 北村辞典.江戸近郊の野菜が集まってきた最大の青物市場.やっちゃ場と呼ばれた.碑は河原町の稲荷神社にあり,1906年青物市場創業330年を祝ったもの 千住青物市場創立三百三十年祭記念碑 0509
掃部宿 かもんじゅく 鏡ヶ池操松影(角川円朝1:03) など 2件2題 (圓朝2件) 足立区千住仲町 → 北村辞典.掃部堤の碑が墨堤通に,堤を造った石出掃部介の墓は圓朝寄進の石灯籠がある源長寺(千住仲町4)にある.
"清水助右衛門の忰重二郎は、母もろともに千住へ引き移りまして、掃部宿で少しばかりの商法を開きました"(英国孝子伝)
掃部堤跡碑 0904
本宿 ほんじゅく 真景累ヶ淵(角川円朝1:04) など 4件1題 (圓朝4件) 足立区千住 → 北村辞典.千住宿は荒川区側の中村,小塚原,大橋を渡って橋戸,河原,掃部宿,本宿の順.本宿には高札場,本陣跡碑等がある.字違いの元宿小学校には,千住名物のお化け煙突の一部が滑り台になっている.
"どうかしているぜ急いでやってくんねえ、小塚ッ原などへ来て仕様がねえ、千住へでも泊るから本宿までやっておくれ"(真景累ヶ淵)
千住宿本陣跡碑 0904
北千住 きたせんじゅ 南極探検(三一談志3:06) など 7件7題 (東京7件) 足立区千住あたり つくばエクスプレスが開業して,都合5つの路線が乗り入れる交通の要衝,北千住駅周辺を指す.古典落語には使えない地名.北千住散策のお土産には,千住5の槍かけだんごがおすすめ 北千住駅 0904
千住の大酉 せんじゅのおおとり 鏡ヶ池操松影(角川円朝1:03) 1件1題 (圓朝1件) 足立区千住2-11 → 北村辞典.浄土宗勝専寺,寺中の鷲大明神.この寺は将軍お鷹狩りの休息所で,時の鐘があった.写真でわかる通り赤門寺と呼ばれる.
"文政九年の十一月二十三日の事でした、千住の大酉で、当日は半左衛門も酉へ参詣して"(江島屋騒動)
勝専寺 0904
名倉 なぐら 心中時雨傘(角川円朝7:05) など 4件2題 (圓朝2件, 東京2件) 足立区千住5-21 骨接ぎの代名詞的な接骨院.開業は18世紀.支店には私もお世話になった.今も"名倉にかかる"で通じるはず.近代的な整形外科が併設されている.
"ブクリとはれて参りましたので、名倉へいって見てもらいますと、これはどうしても大変な怪我だ骨が砕けている"(心中時雨傘)
名倉医院長屋門 0904
千住新橋 せんじゅしんばし メカニカル・ボーイ(立円丈:13) 1件1題 (東京1件) 足立区千住5〜足立1 1924年,荒川放水路の通水時に架橋.隅田川よりゆったりした河川敷がある 千住新橋 0904
荒川堤 あらかわつつみ 鶴満寺(立文楽2:11) など 2件2題 (東京2件) 足立区江北あたり そのものずばり「荒川の桜」(圓左新落語集(1892))という噺がある桜の名所だった.噺では千住大橋で舟から上がり,土手を散策しながら墨染桜(荒川名物五色桜の一)を見物している.すると江北まで行かず,今の桜木町あたりだろうか.国名勝に指定もされていたが,洪水や荒川放水路の開鑿以降すたれていった.いまも復活の思い強く,五色桜大橋なんて橋もできた 栽桜記碑 0604
梅島 うめじま 狂歌家主(青金馬:18) 1件1題 (東京1件) 足立区梅田,梅島,島根あたり 高架化にあたり互い違いに長いホームになってしまった東武線梅島駅があるので,古くからの地名と勘違いしそうだが,梅田と島根の合成地名      
西新井大師 にしあらいだいし 首提灯(青圓生03:10) など 4件4題 (東京4件) 足立区西新井1-15 → 北村辞典.真言宗豊山派総持寺.厄除けと牡丹の寺.外廊下から梯子で昇るため,二重らせんにもサザエの尻にもなっていないさざえ堂(三匝堂)がある.本所五百羅漢(別項)のものがもっとも有名だったが,今は都内でここだけ 西新井大師三匝堂 0509
竹の塚 たけのづか 三百餅(講明治大正4:10) など 14件6題 (東京14件) 足立区竹の塚 竹の塚の吉川大尽なんていう楽屋オチの用例がある.伊興町狭間に移転した易行院は助六揚巻の墓,団十郎(7)の助六の塚がある寺として知られる 易行院 助六揚巻の墓 1106
正覚院 しょうがくいん 心中時雨傘(角川円朝7:05) 1件1題 (圓朝1件) 足立区花畑3-24 真言宗豊山派鷲王山正覚院.花又のお酉様の別当.門前に文政3年の鷲大明神への道標がある.
"お酉さまの本家は、葛西の花又村にございまして、別当は正覚院"(心中時雨傘)
正覚院鷲大明神道標 0903
花又の大酉 はなまたのおおとり 心中時雨傘(角川円朝7:05) など 2件1題 (圓朝2件) 足立区花畑7-16 → 北村辞典.大鷲神社.足立区の北東はずれ花又(花畑)に鎮座.下谷のお酉様はここの出店で,花又のお酉様の方が賑わっていたという.今では想像もできないが,賭博が公認されたのも盛った原因らしい.
"別当は正覚院、俗にここを大酉と申し、昔は参詣の人々が鶏を納めまして"(心中時雨傘)
花又大鷲神社 0903

掲載 051012/最終更新 110918

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 足立区 next