HOME >> はなしの名どころ >> prev 荒川区 next
荒川区   
 千住の小塚ッ原に、女郎屋がございまして、ここをこつと申します。小塚ッ原ァ略してこつ。ここィ若松屋という女郎屋がありまして
 (林家正蔵(8) 「わら人形」)
  東大落語会編,『林家正蔵集』 上巻,青蛙房(1974)

地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
真崎稲荷 まっさきいなり 木の葉狐(講昭和戦前2:11) など 3件3題 (圓朝1件, 東京2件) 荒川区南千住3 → 北村辞典.石浜神社の境内に独立した社殿があったが,今は石浜神社本殿の末社.田楽豆腐の茶店が有名だった.石浜神社境内には鶏の姿の浮き出た金鶏石などがある.「紋三郎狐」の"王子真崎九郎助なぞへまいろう"の文句は,個人的には最高にイイ.
"向島見物から橋場の渡しを渡って、真崎稲荷の前を左について曲がろうとすると"(八景隅田川)
真崎稲荷旧観 8606
箕輪新町 みのわしんまち 唐茄子屋(講明治大正7:57) など 2件2題 (東京2件) 荒川区南千住2 → 北村辞典.これによると下谷通新町のことと推定している.もう1件の用例は「偽稲荷」(稲荷俥)      
浄閑寺 じょうかんじ 酢豆腐(騒人名作09:04) など 4件2題 (東京4件) 荒川区南千住2-1 → 北村辞典.浄土宗.吉原遊女の投げ込み寺.総霊塔下には無数の女郎の骨があるとか."生きては苦界死しては浄閑寺"はあまりに哀れ.永井荷風の文学碑もある.人気絶頂の時に進駐軍のジープにはねられて死んだ三遊亭歌笑の塚は,武者小路実篤の筆 浄閑寺三遊亭歌笑塚 0608
小塚原 こづかっぱら 今戸の狐(筑摩古典06:08) など51件25題 (圓朝14件, 東京37件) 荒川区南千住 吉野通り(コツ通り)両側,回向院周辺.小塚原の刑場で遊所でもあった.略して"こつ"は「今戸の狐」の仕込み.首切り地蔵は延命地蔵が本名で,処刑者を弔うため寛保元(1741)年に建立.日比谷線からよく見える.
"この森が見えるのは橋場の総泉寺馬場の森だろう、して見るとここは小塚ッ原かしらん"(真景累ヶ淵)
小塚原首切り地蔵 0509
中山式快ゆ器本社 なかやましきかいゆきほんしゃ メカニカル・ボーイ(立円丈:13) 1件1題 (東京1件) 荒川区南千住6-56 中山式産業株式会社の本社は南千住.4つとか6つのぐりぐりのついた快癒器の上に寝ると,自分の体重でツボが刺激されるという,画期的な指圧器で有名.一つ間違うと拷問のように痛かった.屋上看板を見ると,快癒器の裏は中山式腹巻となっており,腹巻も主力商品らしい.東京駅八重洲口のビルの一等地にもネオン看板があがっていた 中山式産業株式会社 0509
南千住 みなみせんじゅ 今戸の狐(騒人名作09:22) など 8件3題 (東京8件) 荒川区南千住付近 → 北村辞典.千住宿の大橋以南,小塚原.南千の用例は「果報の遊客」(とんちき)      
千住の天王 せんじゅのてんのう 無学者論(講明治大正3:17) など 9件3題 (東京9件) 荒川区南千住6-60 → 北村辞典.素戔雄神社.夜光を放ったという瑞光石は,小塚原の起源という.区もよほど重要と考えているらしく,瑞光小学校が3つもある.芭蕉矢立初めの地として碑が建っている.キュウリを奉納する天王祭が有名.団子天王,河童天王とセットで落語に出てくる 素戔雄神社瑞光石 0903
熊野権現 くまのごんげん 後開榛名の梅が香(角川円朝5:04) 1件1題 (圓朝1件) 荒川区南千住6-70 → 北村辞典.熊野神社.隅田川に近くやや奥まったところに鎮座.弘化2(1845)年の手水鉢がある.いつも木戸が閉まっていたが,アルミ門扉に替わった上,立ち入りできないようになってしまった.
"三河島田圃を横に突っ切り、熊野権現の裏手から千住の大橋際へ来ましたが、まだ夜が明けきれません"(後開榛名の梅が香)
熊野神社 0903
千住大橋 せんじゅおおはし もう半分(弘文志ん生2:09) など 21件11題 (圓朝5件, 東京16件) 荒川区南千住〜足立区千住橋戸町 → 北村辞典.奥州街道,隅田川にかかる.ここばかりは渡船ではなく架橋が許されていた.今の鉄橋は昭和2年のもの.芭蕉奥の細道矢立初めの地,橋詰と素盞雄神社に句碑."行春や鳥啼魚の目は泪".大橋を挟んでの南北の住民による綱引き神事は力が入っていた.「もう半分」の一杯飲み屋は,千住大橋と永代橋の設定がある.
"そんなどてら一枚では人の目について千住の大橋を越すことはできねえぞ"(小雀長吉)
千住大橋 0903
焼場 やきば 子別れ(講明治大正7:11) など 5件5題 (東京5件) 荒川区町屋1 「子別れ」,山谷の弔い等に出てくる山谷の近くの焼場ということで,現在の町屋斎場の位置とした.小塚原の焼場が,1887年に日暮里火葬場に移り,さらに1903年町屋火葬場に合併した.日暮里火葬場は圓朝が荼毘にふされたところ.町屋斎場に地蔵尊とともに石の標柱が保存されている 日暮里火葬場・町屋火葬場門柱 0603
三河島 みかわしま 鏡ヶ池操松影(角川円朝1:03) など 32件20題 (圓朝4件, 東京28件) 荒川区東日暮里,荒川あたり → 北村辞典.戊辰戦争の戦地あるいは三河島菜の産地.漠然と青菜と思っていたが,白菜に似た独特の形をした特産で,漬け物にした.下肥を調味料にしても風味は増さない.1962年におきた三河島事故は,死者160名を出す列車衝突事故.漫才師の栗友一休(地下鉄万歳の春日三球の相方)が亡くなっている.慰霊碑は浄正寺(荒川3-53)にある.
"元仲の後ろにつき大橋を渡り、三河島田圃の出口にある溝の所まで来ると、板橋があります"(江島屋騒動)
三河島事故慰霊碑 0903
芋坂の団子 いもざかのだんご 地獄旅行(講明治大正2:27) 1件1題 (東京1件) 荒川区東日暮里5-54 羽二重団子.文政2(1819)年創業で現存.甘みを控えた餡と焼きの2種類のやや平たい団子で,素朴な味わい.漱石の「猫」にも登場.最近いろいろな所で買えるようになってきた 羽二重団子 0510
日暮里 にっぽり 真景累ヶ淵(角川円朝1:04) など 20件17題 (圓朝10件, 東京10件) 荒川区西日暮里 → 北村辞典.道灌山つづきの崖地からの眺望は,日暮らし飽かず眺むると称揚された.
"慶応元年の十一月二十一日に、日暮里は花見寺の前、お諏訪様の境内にございました心中のお噂で"(心中時雨傘)
     
南泉寺:市橋家墓 いちはしけはか 名人くらべ(角川円朝6:01) 1件1題 (圓朝1件) 荒川区西日暮里3-8 「名人くらべ」の巻末,実在する市橋,遠山家の墓所や戒名をあげて,虚構のお須賀(トスカ)の墓を真実めかしている.鏑木清方が実際に探しに行った話が伝わる.南泉寺は圓朝の義兄が修行した寺.浦賀奉行遠山景高や初代松林伯圓と泥棒伯圓と呼ばれ白浪物を得意とした松林伯圓(2)の墓(都旧跡)がならんである.
"大きな寺でございます。市橋様遠山様越前様の御位牌所がならんでございます"(名人くらべ)
市橋家墓所 0906
花見寺 はなみでら 心中時雨傘(角川円朝7:05) など 2件1題 (圓朝2件) 荒川区西日暮里3 → 北村辞典.別項の青雲寺,修性院,妙隆寺(修性院に合併して今なし)と北から並んでおり,いずれもツツジなどの花見客でにぎわった.救いのない噺の「心中時雨傘」のラスト,傘に書き置きして心中する場面.
"傘の裏に書いておけば大丈夫と、闇を探り書きの仮名文字で、わたくしどもはふうふもの、どうぞいっしょにうめてください"(心中時雨傘)
     
青雲寺 せいうんじ 真景累ヶ淵(角川円朝1:04) など 6件4題 (圓朝6件) 荒川区西日暮里3-6 → 北村辞典.臨済宗青雲寺.花見寺の一,谷中七福神の恵比寿.滝沢馬琴の筆塚碑がある.
"丁度お梅が家出をしたその翌朝のこと、兄の玄道が谷中の青雲寺まで法要があって出かけた留守、竹箒を持って頻りに庭を掃いていると"(闇夜の梅)
青雲寺馬琴筆塚 0811
諏訪明神 すわみょうじん 心中時雨傘(角川円朝7:05) など 4件3題 (圓朝3件, 東京1件) 荒川区西日暮里3-4 → 北村辞典.諏訪神社.諏訪の台としても出てくる.今でも東方の見晴らしがいい.別当の浄光寺は雪見寺と呼ばれる
"谷中の道灌山の手前、諏訪の山中に張り込んでいて南泉寺の藪蔭へ追い込み、それから行方しれず(名人くらべ)"
諏訪神社 0811
道灌山 どうかんやま 因果塚の由来(角川円朝3:01) など 10件10題 (圓朝6件, 東京4件) 荒川区西日暮里4 → 北村辞典.江戸城開基,太田道灌の出城があったことにちなむ.日暮里の高台の北に連なる.本行寺(西日暮里3-1)にあった道灌斥候塚は失われたが,寛延3(1750)年の道灌丘碑が残る.なお,本行寺は別名月見寺.
"外は田甫、その向こうに道灌山が見える。折しも弥生の桜時、庭前の桜花は一円に咲揃い、そよそよ春風の吹くたびに、一二輪ずつチラリチラリと散っておる"(因果塚の由来)
道灌山虫聴の図 0811
尾久 おぐ 菊模様皿山奇談(角川円朝4:01) 1件1題 (圓朝1件) 荒川区東尾久,西尾久 → 北村辞典.今は中距離列車の駅と車庫だが,1936年,阿部定事件が起きたのが尾久の待合.志ん生(5)演の,出獄してきた阿部定がチンチン電車の車掌になり,"切らせていただきます"の艶笑小噺.
"常磐というのは全く松蔭の匿し名で、大蔵の家来有助が頼まれて尾久在へ持ってまいるとまでは調べました"(菊模様皿山奇談)
尾久を望む 0811

掲載 051012/最終更新 090618

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 荒川区 next