HOME >> はなしの名どころ >> prev 豊島区 next
豊島区   
怪談乳房榎と申しますお話は、江戸名所圖會にも出てをりますが、高田砂利場村の、大鏡山南藏院といふ眞言宗のお寺の天井へ、雌龍雄龍を墨繪で書きました菱川重信といふ人のお話で
 (三遊亭圓朝(1) 「怪談乳房榎」)
  鈴木行三編,『圓朝全集』 第八巻,春陽堂(1926)

地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
茗木坂 みょうぎざか 王子の狐(旺国馬生1:02) 1件1題 (東京1件) 豊島区駒込2〜3 妙義坂.駒込駅前を北へ下る坂で,坂途中の西に妙義神社がある.「王子の狐」の道中付け.写真の奥に見えるのは,妙義坂子育て地蔵 妙義坂 0903
染井 そめい 敵討札所の霊験(角川円朝2:03) など 4件3題 (圓朝1件, 東京3件) 豊島区駒込 → 北村辞典.植木,菊で有名だった.ソメイヨシノ発祥地.巣鴨駅ガード脇に染井吉野とだけ刻んだ碑がある.
"ちょうど白山に懇意なものがおりまして、あちらの方はあの団子坂の方から染井や王子へ行く人で人通りも有ります"(敵討札所の霊験)
染井吉野碑 0902
六地蔵 ろくじぞう 吾妻の猪買い(定本 九州吹戻し, 新人物往来社 (2001)) 豊島区巣鴨3-21 「吾妻の猪買い」の道中付けなので,中仙道に沿った真性寺に安置された銅製六地蔵のこと.巣鴨駅前に現存.傷みがひどいため2010年にかけて修繕が行われた 真性寺六地蔵 1102
とげ抜き地蔵 とげぬきじぞう 佃祭り(青金馬:07) など 7件4題 (東京7件) 豊島区巣鴨3-35 → 北村辞典.高岩寺.明治期に下谷上車坂町(台東区上野7)から移転.移転後の用例しかない.とげ抜き地蔵参道はお婆ちゃんの原宿として,中高年向けの衣料品などの店が並び,いつ行ってもごった返している 高岩寺 9908
庚申塚 こうしんづか 阿武松(青圓生08:05) など 6件2題 (東京6件) 豊島区巣鴨4-35 → 北村辞典.中山道沿い,猿田彦を祀るお堂があるが,庚申塔も塚も見えない.もとは文亀2年の巨石の庚申塔で,明暦の大火で折れて建てかえたという.それが堂内にある 庚申塚 0902
西巣鴨のお岩寺 にしすがものおいわでら マラなし芳一(快楽亭ブラックの放送禁止落語大全, 洋泉社 (2006)) 豊島区西巣鴨4-8 法華宗妙行寺.1909年,四谷鮫ヶ橋から移転してきた."西巣鴨の"とあるので豊島区に分類.お岩さまの墓やうなぎ供養塔がある 妙行寺お岩墓 0612
大塚駅 おおつかえき 綴方狂室(毎日三百年3:09) 1件1題 (東京1件) 豊島区南大塚3 おおつか〜といえば,かどま〜ん.角萬とは何ぞや?
と,意表を突いた広告が戦後突如あらわれたという.角萬ビルに小さなチャペルがテナントとして入っているのに,何かほっとした.そう,角萬は結婚式場
大塚〜第2角萬ビル 1102
六ツ又陸橋 むつまたりっきょう 火打ち駕籠(楽語・すばる寄席, 集英社 (2006)) 豊島区東池袋2 池袋東口北にある六差路.柳家喬太郎演じる「火打ち駕籠」に,パルコや豊島区役所などと一緒に出てくる.タクシーの女性運転手の独白で過去の女駕籠かきとが重層する噺.タバコの火玉を手のひらで転がすシグサが印象に残っている 六ツ又陸橋 0908
池袋 いけぶくろ 幽霊タクシー(普通名作5:08) など 11件11題 (東京11件) 豊島区池袋付近 古典落語の舞台にはならない.「幽霊タクシー」は,鶯春亭梅橋作,柳亭痴楽演.深夜,青山墓地までの女客を乗せたが,着いてみると客はおらず,シートがぐっしょり濡れていた.そんな話をしていると,青山行きの女客が本当に現れる 池袋駅タクシープール 1103
池袋演芸場 いけぶくろえんげいじょう 反対車(立名人名演10:16) など 7件7題 (東京7件) 豊島区西池袋1-24 ビル3階にあった畳敷きの寄席.1990年いったん閉場したが,西池袋1-23に場所を改めて仕切り直し 池袋演芸場 8407
雑司ヶ谷 ぞうしがや 風呂敷(新風艶笑:03) など 2件2題 (東京2件) 豊島区雑司が谷,南池袋 → 北村辞典.雑司ヶ谷墓地.夏目漱石,竹久夢二,永井荷風らの墓が有名だが,上方落語に残っている盗賊の「鬼薊清吉」の墓がある.文化2年に獄門.辞世は,"武蔵野に名もはびこりし鬼薊今日の暑さにやがてしほるる".今は写真ほど花や塔婆があがっていない 鬼薊清吉墓 8711
鬼子母神(雑司ヶ谷) きしぼじん 縁切榎(角川円朝4:05) など 5件4題 (圓朝1件, 東京4件) 豊島区雑司が谷3-15 → 北村辞典.日蓮宗法明寺の鬼子母神堂.ススキミミズクが名物.境内の駄菓子屋(飴屋)の川口屋は江戸元禄期から続いている.
"余りよい神様はありません、お岩稲荷、鬼子母神、摩利支天様からそれからお狸様に、貰った御祝儀の紙"(縁切榎)
鬼子母神と川口屋 0510
宿坂 やどざか 高田日誌(本草堂散録, 相模書房 (2010)) 豊島区高田1〜2 本文ルビには"やどざか"とある.しゅくざか.金乗院の東を北へ登る坂で,鎌倉街道の古道の跡ともいわれる.写真のお堂は,関口から金乗院に移転してきた目白不動堂 宿坂 1102
高田 たかだ 虫干(玄文珍日本:08) 1件1題 (東京1件) 豊島区高田 北村辞典にないので一応項立て.面影橋の北      
砂利場 じゃりば 怪談乳房榎(角川円朝1:02) など 6件2題 (圓朝5件, 東京1件) 豊島区高田 → 北村辞典.高田の俚称.江戸には他にも砂利場の名がある.高田2-2の氷川神社の橋柱などに砂利場の名が刻まれている.
"高田砂利場村の、大鏡山南蔵院という真言宗のお寺の天井へ、雌龍雄龍を墨絵で書きました"(怪談乳房榎)
砂利塲石柱 0902
南蔵院 なんぞういん 怪談乳房榎(角川円朝1:02) など 5件1題 (圓朝5件) 豊島区高田1-19 → 北村辞典.真言宗豊山派大鏡山南蔵院.将軍鷹狩りの時にどの方向からも入れるよう八つ門寺の別名.「乳房榎」,この寺の格天井に龍を描く重要地名.龍の話はもちろん創作.円朝考文集刊行会らがたてた名作怪談乳房榎ゆかりの地の銘板があがる.
"砂利場村の大鏡山南蔵院へやって参りました。あの寺は御案内の通り八門寺と申しまして、上様がお鷹野にお成りのござりました"(怪談乳房榎)
南蔵院 0902
山吹の里 やまぶきのさと 太田道灌(講明治大正6:24) など 4件4題 (圓朝1件, 東京3件) 豊島区高田あたり → 北村辞典.太田道灌,雨宿りの伝説地.ここでは高田の例.その他,日暮里や新宿の説もある.面影橋の北東詰に碑がある
"高田なる姿見橋のほとり山吹の里に一人の翁住みけり"(達摩の遠足・垣の山吹・茶席の放屁,滑稽三題はなし,青木嵩山堂 (1908))
山吹の里碑 0510
鼠山 ねずみやま 御盆(講明治大正5:70) 1件1題 (東京1件) 豊島区目白 → 北村辞典.怪しげな祈祷で法印が狐付きを落とす「お盆」のマクラ.天保の改革で法印がここに集められたという説明      
長崎 ながさき 按摩小僧(講小勝:17) など 2件2題 (東京2件) 豊島区長崎,南長崎あたり 皮肉っぽい小勝(5)のマクラに出てくる.全くの話が,東京西郊に開発された文化村.文化村自体は新宿区に分類      

掲載 060310/最終更新 110918

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 豊島区 next