HOME >> はなしの名どころ >> prev 港区 next
港区   
坂を上がって飯倉片町その頃おかめ団子という団子屋の前をまっすぐに、麻布の永坂をおりまして十番へ出て、大黒坂を上がって、麻布絶口釜無村の木蓮寺ィ来たときにはずいぶんみんなくたびれた……
 (古今亭志ん生(5) 「黄金餅」)
  川戸定吉・桃原弘編,『五代目 古今亭志ん生全集』 第二巻,弘文出版(1977)

地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年
西麻布 にしあざぶ 砂漠のバー止まり木(砂漠のバー止まり木, 講談社(2008)) 港区西麻布 古典落語には出ようがないおしゃれな町.長谷寺(港区西麻布2-21)に,箱屋峰吉殺しで知られる花井お梅(戒球院梅顔玉英大姉)の墓がある.塔婆立てに新内各派の文字が見えるところから新内にもなっているらしい.
"すごくお洒落なバーですよ。六本木とか西麻布にあるバーみたい"(砂漠のバー止まり木)
長谷寺 花井お梅墓 2005
百人町 ひゃくにんまち 八景隅田川(角川円朝7:01) など 2件2題 (圓朝1件, 東京1件) 港区北青山3,南青山3,4 → 北村辞典.新宿の女郎白糸に通った鈴木主水の屋敷.「木乃伊取り」の瞽女唄.
"ところ青山百人町の鈴木主水という侍はというのとは実に雲泥の相違で、ああ恐れ入った"(八景隅田川)
     
青山墓地 あおやまぼち 幽霊タクシー(普通名作5:08) など 4件3題 (圓朝1件, 東京3件) 港区南青山2 美濃郡上藩青山大膳下屋敷の跡地.青山は落語には無縁で,ここもとりたてて大事な地名ではない.主人の上野栄三郎墓の脇に忠犬ハチ公の墓(ほこら)もある.
"お客さん、青、青山の墓地とおっしゃいますけど、お住居はどちらでしょう"(幽霊タクシー)
ハチ公の墓 2006
河内山宗俊の墓 こうちやまそうしゅんのはか ゆで卵子(玄文珍日本:02) 1件1題 (東京1件) 港区北青山2-10 「天保六花撰」,宗俊こと河内山宗春は実在の人物.講談や芝居のように痛快に強請ったわけではない.文政6(1823)年に獄死,墓は青山の高徳寺.
"北町四丁目の寺に河内山宗俊の墓が残っているのを見まして"(ゆで卵子)
河内山宗春の墓 2005
青山練兵場 あおやまれんぺいじょう 阿七(講明治大正1:33) など 4件4題 (東京4件) 港区北青山1,新宿区霞岳町 1889(明治22)年の設立,明治末期に代々木練兵場(別項)へ移転.現在の神宮外苑.明治天皇が着座する場所だった御観兵榎と碑が北青山1-7にある.
"六道の辻などというと、今は練兵場になって"(阿七)
御観兵榎 2006
青山掃除町 あおやまそうじまち 金玉医者(立名人名演02:11) など 3件2題 (東京3件) 港区赤坂7 御掃除之者町.すべて「金玉医者」につかみこんだ「乞食の産」の小噺の例.
"このごろ青山掃除町を通りかかると、乞食が産をしておったが"(金玉医者)
     
豊川稲荷 とよかわいなり 木の葉狐(立名人名演07:02) など 3件3題 (東京3件) 港区赤坂4-1 → 北村辞典.三河西大平大岡越前守の屋敷神だった.豊川稲荷の東京出店.現在は元赤坂1-4へ移転.噺家色物連の本殿破風錺金具の奉納額があがる.かなりマニアックだが,"豊川稲荷の藤田さん 表で狐が待ってます".痴楽の物まねを談志がしている.
"わたくしは神に仕えます使い姫、赤坂の豊川さまの使い姫でございます"(木の葉狐)
豊川稲荷噺家色物連奉納額 2006
威徳寺 いとくじ 堀田屋騒動(本草堂散録, 相模書房 (2010)) 港区赤坂4-9 古典落語には出てこない地名.赤坂不動.赤坂の町を歩いていると,突然真っ赤な山門が現れる.坂を上ると不動堂.小ぶりながらも400年の歴史ある古刹.境内を通り抜けに使う人がやたらと多い.
"赤坂一ツ木の威徳寺前、ここに富屋という赤坂では一流の料亭がありまして"(堀田屋騒動)
赤坂不動尊 2010
虎屋 とらや 白銅(講明治大正7:45) など 2件1題 (東京2件) 港区赤坂4-9 用例は黒川さん.赤坂を本店とする和菓子屋,虎屋黒川.発祥は室町時代の京都.デパートなどどこでも求められるが,トラ模様の千里の風は本店限定品.羊羹だけでなく蒸籠入り虎屋饅頭も進物に最適.
"あの黒川さん所の家の角で、虎がうなされるてえんだが"(白銅)
虎屋饅頭 2006
赤坂の日朝さま あかさかのにっちょうさま 景清(立文楽1:08) など 12件1題 (東京12件) 港区赤坂5-2 → 北村辞典.日蓮宗円通寺.円通寺の項目と合わせた.修業のため盲目になりかけ,その後快復した日朝は眼の守護.日朝木像は戦災で失われた.寺に訊く時は日朝,日澄違いに気をつけないと混乱する.少なくとも今は目の守護はしていない.身延の日朝堂(別項)では目薬を頒布する.眼を患った「景清」の定次郎が日参したが仏罰で元の木阿弥.
"赤坂の円通寺の日蓮さまィ信仰しなさい"(景清)
     
溜池 ためいけ 蜀山人(講明治大正6:13) など 4件2題 (圓朝1件, 東京3件) 港区赤坂1〜3 → 北村辞典.山王権現下に広がる広大な溜め池.広い道路幅がその跡をしのばせるが,溜池交差点に発祥碑があるだけ.紀州家上屋敷から溜池,葵坂,土橋への「蜀山人」の道中.
"赤坂の溜池から葵坂を過ぎ芝の久保町の通りより、恰度土橋のところへかかります"(蜀山人)
溜池発祥の碑 2006
南部坂 なんぶざか らくだ(三一談志5:09) など 4件4題 (東京3件, 上方1件) 港区赤坂2〜六本木2 → 北村辞典.屈曲しながら北,赤坂氷川神社の方へ上る.討入り直前,浅野後室の瑶泉院にいとまごい.誤解を残したまま別れる「南部坂雪の別れ」.
"大石が雪の日に別れを告げた南部坂"(らくだ)
南部坂 2005
澄泉寺 ちょうせんじ かわらけ町(青圓生14:04) など 2件2題 (東京2件) 港区赤坂1-11 浄土真宗澄泉寺.根太坂,曹洞宗陽泉寺(赤坂1-11)とともに腫物に縁があるとして登場.両寺とも現存.根太坂は寺前の坂らしいが不明.
"坂の途中にようせん寺にちょうせん寺という寺が二軒並んでおりました"(かわらけ町)
澄泉寺 2009
江戸見坂 えどみざか 月謡荻江一節(角川円朝5:03) など 2件2題 (圓朝1件, 東京1件) 港区虎ノ門4 → 北村辞典.虎ノ門2と3の間を南へ上る.「月謡荻江一節」の武州川越松平大和守は坂上にあり,箭弓稲荷を開帳.「立浪」の堅物親父もここから江戸市中を見晴らして,世間が広いと感心した.
"八月十五日に江戸見坂の松平大和公が奥方と御同道で、柳島なる津軽公の下屋敷へ御客来にて"(月謡荻江一節)
江戸見坂 2009
明舟町 あけふねちょう たがや(青三木助:08) など 2件1題 (東京2件) 港区虎ノ門2 西久保明舟町.明治以後の町名.十五世市村羽左衛門の居宅.
"十五代目羽左衛門なんか『明舟町』"(たがや)
明舟町々会掲示板 2009
金毘羅 こんぴら 中村仲蔵(青正蔵1:15) など 4件4題 (圓朝1件, 東京3件) 港区虎ノ門1 → 北村辞典.金刀比羅宮.虎ノ門の金比羅さん.讃州京極家の屋敷神.文政4(1821)年の銅鳥居には四神剣の霊獣がついている.
"「金毘羅さまィねェ……」「虎の門にその姿で……?」「いやァ、四国だもの」"(中村仲蔵)
虎ノ門の金比羅銅鳥居 2009
薮小路 やぶこうじ らくだ(三一談志5:09) 1件1題 (東京1件) 港区虎ノ門1 加藤越中守と木下主計頭との間の道路.塀から表へ飛び出た竹藪が目印.藪加藤で博打をうった「猫定」の定吉が,帰り道に殺される.
"有馬様、田村小路、佐久間小路、藪小路"(らくだ)
     
烏森 からすもり 居残り佐平次(青圓生05:03) など 10件6題 (圓朝1件, 東京9件) 港区新橋2 → 北村辞典.新橋駅前,烏森稲荷付近.飲み屋がならぶ.「居残り佐平次」,お連れさんとの出会いの説明.もう写真の雰囲気はなくなってしまった.
"あとからおめえ烏森の連中が来て、座敷が寂しいから居残りに口をかけてくれッて"(居残り佐平次)
烏森稲荷参道 1999
橋善 はしぜん 熊坂(講小勝:25) 1件1題 (東京1件) 港区新橋1-7 天保2(1831)年創業の天ぷら屋.江戸でももっとも古い天ぷら屋だったが,今は橋善ビルとなる.向かいには,小咄"させん豆"としてあるの玉木屋.
"五右衛門が油に揚げられたのが元祖になって、天麩羅ができたと申しますが、橋善でも天金でも人間の天麩羅はない"(熊坂)
橋善 1985
新橋停車場 しんばしていしゃじょう 因果塚の由来(角川円朝3:01) など 13件13題 (圓朝4件, 東京11件) 港区東新橋1 明治5(1872)年,新橋−横浜間の鉄道開通.旧新橋駅は再開発なった汐留の地.国史跡.しばらく,荒れ地のようなところに0哩標などが取り残されていたが,旧新橋駅舎などが復元整備された.旧新橋駅が烏森駅に移ったのは1914年.明治期の噺や"ステンショ","停車場"は"新橋停車場"に,それ以外を"新橋駅"にカウントした.
"お若と二人立ち出で、車に乗って新橋停車場へ着きました"(因果塚の由来)
新橋駅0哩標と双頭レール 2009
新橋駅 しんばしえき 綴方狂室(毎日三百年3:09) など 5件5題 (東京5件) 港区新橋2-17 今の新橋駅はこちらに分類.SLのある駅前広場の回りには,飲み屋や金券ショップなどがひしめくサラリーマン御用達の町.
"そのことばかりが新橋で"(綴方狂室)
新橋駅 2011
露月町 ろうげつちょう 井戸の茶碗(角川文庫09:07) など 7件7題 (圓朝1件, 東京6件) 港区新橋4,5,東新橋2 → 北村辞典.現在の第一京浜沿い.芝口御門のところから,芝口,源助町,露月町,柴井町と並んでいる.「井戸の茶碗」の屑屋の得意先.西には遠山の金さんの屋敷があった.
"あすこ通らねえと、お得意に行けないんですよ。芝の露月町だとかね、あの芝口のほうにね、お得意があるんすよ。あの日蔭町やなんかに"(井戸の茶碗)
     
日蔭町 ひかげちょう 鏡ヶ池操松影(角川円朝1:03) など 15件8題 (圓朝6件, 東京9件) 港区新橋2〜6 → 北村辞典.芝口から柴井町にかけての西側裏通りの俗称.古着屋がならんでおり,江島屋もその一.
"金兵衛はほうほうの体で江戸へ立ち帰り、芝日蔭町の主家江島屋治右衛門方へ帰って参りますると、店先へ簾を垂れ、忌中と記してあります"(鏡ヶ池操松影)
日蔭町銘の奉納石 2006
鯖稲荷 さばいなり 佃祭(講明治大正3:33) 1件1題 (東京1件) 港区新橋4-13 → 北村辞典.日比谷神社.旅宿者のための旅泊(さば)稲荷が転じて,鯖稲荷.鯖を断って祈願すると虫歯が治る.
"芝の鯖のお稲荷様に鯖を断つと虫歯が癒るとか"(佃祭)
日比谷稲荷 2006
田村家 たむらけ 操競女学校-お里の伝(角川円朝3:06) など 5件4題 (圓朝2件, 東京1件, 上方2件) 港区西新橋2 → 北村辞典.陸奥一ノ関藩.田村右京大夫中屋敷.吉良上野介に刃傷に及んだ浅野内匠頭が即日切腹させられた.道路際に終焉地碑がたつ.現在道路工事につき移転中.
"吉良殿に対し浅野内匠頭が刃傷に及んだ事があったが、即刻田村の邸にて内匠頭殿は切腹仰せつけられた"(操競女学校-お里の伝)
浅野内匠頭終焉之地碑 1987
青松寺 せいしょうじ 後の業平文治(角川円朝3:03) 1件1題 (圓朝1件) 港区愛宕2 → 北村辞典.曹洞宗青松寺.無駄に長すぎすため家臣を苦しめ続けた主人の槍の柄を切り,自害した勘助地蔵がある.痔疾に験があり,勘助の好んだ酒を備える.ただし墓地は立ち入りできないので拝観も不可.境内南斜面上にレプリカらしきもの.
"お葬式は愛宕下青松寺で営みまして"(後の業平文治)
勘助地蔵レプリカ 2006
愛宕山 あたごさん 羽団扇(立名人名演02:15) など 23件16題 (圓朝2件, 東京21件) 港区愛宕 → 北村辞典."あたごやま"とも.鉄道唱歌の一番,"愛宕の山に入り残る月を旅路の友として".江戸一番の高山で標高26m.箱根山はまがい物.山頂に火防愛宕神社とJOAK.ほうずき市が名物.「寛永三馬術」,曲垣平九郎が男坂の石段を駆け上った.平九郎手折りの梅が社殿前.
"その夜芝の愛宕山に連れてまいり、大いなる杉の木のもとに縛(くく)しつけ、「さァ、その方これより、天狗がまいって、天狗に裁きを申しつける」"(羽団扇)
愛宕神社男坂 2008
東京放送局 とうきょうほうそうきょく 凱旋(講昭和戦前2:09) 1件1題 (東京1件) 港区愛宕 愛宕山にあった東京放送局(JOAK)のことだろう.1925年,日本初のラジオ本放送開始.現在,NHK放送博物館となっており,放送の歴史などの展示が無料で公開されている.入口に置かれた碑文には,"大正十四年夏、ここ愛宕山頂にはじめて二基の鉄塔と一宇の局舎が竣工してより……"と当時のNHK会長前田義徳が記している.
"済まないが東京放送局へ電話をかけとくれ。今晩若旦那の、凱旋祝賀会の実況を"(凱旋)
放送博物館記念碑 2011
天徳寺 てんとくじ 黄金餅(講明治大正7:18) など 9件1題 (東京9件) 港区虎ノ門3-16 → 北村辞典.浄土宗天徳寺.「黄金餅」の道中付け.今は東側に入口があるが,通ったのは西側の西久保通り.永仁6(1298)年の板碑がある.
"愛宕下の天徳寺を通り抜け"(黄金餅)
天徳寺板碑 2006
切通(芝) きりどおし 井戸の茶碗(講明治大正7:58) など 9件3題 (圓朝1件, 東京8件) 港区芝公園3 → 北村辞典.今の正則高校と青龍寺との間を西へ上る坂.「井戸の茶碗」の千代田卜斎が晴れた日は売卜,今はタクシーの車列が休憩中.切り通しの鐘(芝浜)は,青龍寺の東隣.
"芝切り通しへ出て売卜をいたしておる千代田卜斎という浪人者"(井戸の茶碗)
芝の切り通し 2014
東京タワー とうきょうたわー 大仏餅(青正蔵1:14) など 2件2題 (東京2件) 港区芝公園4-2 1958年竣工,高さ333mの電波塔.スカイツリーに抜かれたとなると,急にいとおしくなる.蝋人形館が見どころ.
"大きいものは名物になりやすうございまして、今、東京は芝にございます東京タワー"(大仏餅)
東京タワー 2011
増上寺 ぞうじょうじ 片棒(騒人名作09:08) など 43件15題 (東京43件) 港区芝公園4-7 → 北村辞典.三縁山増上寺.十八檀林の筆頭.赤螺屋の大旦那の葬儀が盛大にとり行われ,大屋根の上には飛行機が雲で絵文字を描く.
"家の寺は狭くっていけませんから、芝の増上寺を借りましょう"(片棒)
増上寺 2011
芝山内 しばさんない 首提灯(講昭和戦前4:30) など 15件5題 (東京15件) 港区芝公園 → 北村辞典.増上寺境内.追いはぎの出る物騒な時代に「首提灯」が生まれた.三門前に首提灯のことを記した駒札がある.抜き書きすると,"侍とけんかした職人が、首を切られても、あまりの切れ味の良さに気がつかずそのまま首を提灯代にして、火事見物に行くという話は架空のことですが……".提灯代金のようにも読める部分は,"提灯のように掲げて"の方が誤解が少ない.それよりも,架空とわざわざ断っているのは,いったい何なんだろう.
"アアいけねえや。これは芝の山内だ。物騒なところへ来やがったな"(首提灯)
落語『首提灯』銘板 2011
増上寺:山門 さんもん 浜野矩随(立名人名演10:11) 1件1題 (東京1件) 港区芝公園4-7 浄土宗大本山,「十八檀林」の第一である三縁山増上寺の山門.三解脱門,略して三門.東京で最大級の木造建築.国重文.
"芝三縁山増上寺、浄土宗の本山だ。あの山門の手前に枝ッぷりのいい帆型ンなった松の木がある"(浜野矩随)
増上寺三解脱門 2009
増上寺:鐘 かね 芝浜(講小三治:05) など 14件4題 (圓朝1件, 東京13件) 港区芝公園4-7 巨鐘.芝の大鐘の用例もある.増上寺の鐘は海に響けてグワァ〜〜〜ン.
"鐘が鳴ってら、増上寺さまの鐘だァ。いい音だなァ……へへ。あれ金が入ってるから"(芝浜)
増上寺の鐘 2005
増上寺:徳川家の御霊屋 とくがわけのおたまや 河村瑞賢(にっかつ談志:5) 1件1題 (東京1件) 港区芝公園4-7 将軍家の菩提寺だった増上寺には広大な徳川家の霊廟があった.戦災で失われ,敷地の一部はホテルになり,二天門などが残る.今は黒本尊(素人洋食)裏に2,6,7,9,12,14代将軍の墓所がある.秘仏黒本尊の開帳日である1,5,9月15日のほか,年に何日か公開される.
"徳川家の御霊屋のございます三縁山増上寺"(河村瑞賢)
徳川家墓所 2011
御成門 おなりもん 奴勝山(角川円朝7:06) など 2件2題 (圓朝1件, 東京1件) 港区芝公園3 → 北村辞典.増上寺の北門.ホテルの敷地内に取り残されている.
"芝御成門のこなたまで来かかると、深々たる森の木陰より現れいでたる黒装束"(奴勝山)
御成門 2006
阿観堂 あかんどう 雨やどり(講明治大正5:09) 1件1題 (東京1件) 港区芝公園1-8 → 北村辞典.阿弥陀と観音で阿観堂.増上寺の塔頭常照院.いつも扉が閉まって"開かん堂"と悪口にもなっているらしく,訊ねたらちょっと嫌な顔をされた.境内に「髪結新三」,白子屋お熊の供養碑がある.よく見ると,墓の一部を利用しているように見える.
"雨が降って来たから山内の安閑堂へ駆け込んだのだよ"(雨やどり)
常照院 白子屋お熊供養碑 2011
芝神明 しばしんめい め組の喧嘩(にっかつ談志:3) など 31件21題 (圓朝7件, 東京24件) 港区芝大門1 → 北村辞典.芝大神宮.秋雨の時季,11日も続くだらだら祭で知られ,めっかち生姜と千木箱が縁起物.泥でこしらへた人間生姜下げ(柳多留).文化5(1805)年,め組の辰五郎率いる町火消と相撲との喧嘩の舞台.今はひどく狭い境内で相撲興行などできない.門前の太々餅(干物箱)は戦後まであった.写真の半鐘が鳴ったため騒ぎが大きくなったとして,半鐘が三宅島に遠島になったというイキな判決.今は無事赦免され,祭りの期間に展示される.
"この芝神明は、芝居と喧嘩、楊弓店に吹矢にからくり、食物屋は大々餅"(め組の喧嘩)
芝神明の半鐘 2006
瘡守稲荷 かさもりいなり 狐つき(大文館, 新落語全集(1932)) 港区芝公園 戦後落語速記には出てこなかった.芝山内の瘡守稲荷とある.通元院(芝公園2-12)と芝公園3-5の2ヶ所に瘡守稲荷がある.
"キタナイのが見たけりゃあ、谷中の瘡守稲荷に、芝山内の瘡守稲荷"(狐つき)
通元院瘡守稲荷 2005
将監橋 しょうげんばし 黄金餅(角川円朝4:33) など 3件3題 (圓朝3件) 港区芝公園2,芝大門2〜芝2 → 北村辞典.川は新堀川(古川).『江戸砂子』に"新橋御普請の時岡田将監御奉行なり"とある.圓朝原作の「黄金餅」の長屋は,山崎町ではなくここに設定.
"芝将監橋の際に極貧の者ばかりが住んでいる裏家がござりまして、金山寺屋の金兵衛と申す者の隣にいるのが托鉢に出る坊さん"(黄金餅)
将監橋 2009
金杉橋 かなすぎばし 応文一雅伝(円朝全集11, 岩波書店(2014)) など 3件3題 (圓朝2件, 東京1件) 港区浜松町2〜芝1 → 北村辞典.新堀川のもっとも海寄りの橋.東海道にかかる.圓朝の「黄金餅」の餅屋も目黒ではなくここに設定.
"「爾うして那方(どツち)へ」「縮図かたがた金杉橋の方へ、お頼み申すヨ」"(応文一雅伝)
金杉橋 2009
浜松町駅 はままつちょうえき 綴方狂室(毎日三百年3:09) など 2件2題 (東京2件) 港区海岸1 1909年開業.小便小僧は,ハチ公とならんで山手線でもっとも有名な像.山手線外回りホーム田町寄りにある.1952年に寄贈された.季節のコスプレもほどほどにとどまって欲しい.
"色よい返事を浜松町"(綴方狂室)
小便小僧 2009
竹芝桟橋 たけしばさんばし 南極探検(三一談志3:06) 1件1題 (東京1件) 港区海岸1 「南極探検」の船が忘れ物をしたときに寄港する.伊豆諸島へ行く便もここから出発.「出札口」の客もここに着いた.
"忘れ物を取りに竹芝桟橋まで引き返えす奴"(南極探検)
竹芝埠頭 2011
西応寺 さいおうじ 井戸の茶碗(講明治大正7:58) など 5件1題 (東京5件) 港区芝2-25 → 北村辞典.浄土宗西応寺.門前に寺拝領の町家があった.「井戸の茶碗」,千代田卜斎の裏長屋.
"通りかかったのは芝西応寺前、屑はござい"(井戸の茶碗)
西応寺 2009
芝浜 しばはま 芝浜(青三木助:17) など 28件4題 (東京28件) 港区芝4あたり → 北村辞典.「芝浜」の舞台.切絵図では本芝の海岸に芝浜とある.JRのガードをくぐった先,鹿島橋あたりは船だまりになっている.次項の田中製造所,芝浜の温泉(いずれも転宅)もこのあたりのこと.
"それから夕河岸というのは、やッぱし芝浜のひとつの名物なんだそうでして"(芝浜)
鹿島橋船だまり 2011
田中製造所 たなかせいぞうしょ 転宅(立名作5:11) 1件1題 (東京1件) 港区芝浦1 原文では"田中さんの職工場".「転宅」の逃避行の道中付けに出てくる.田中大吉(後に久重)が1882年に芝浦に開いた電機工場.芝浦製作所,東京芝浦電気を経て現在の東芝.その場所は今の東芝ビルのあるあたり.
"スイと離宮が見えたり、田中さんの職工場を見たり"(転宅)
東芝ビル 2011
札の辻 ふだのつじ ちきり伊勢屋(青圓生06:10) など 11件4題 (圓朝2件, 東京9件) 港区三田3 → 北村辞典.高輪大木戸に移転する前の高札場があった.大通りが集まるため人通りが多い.人の生死を予言して江戸払いになった「ちきり伊勢屋」の白井左近が大道占い.
"そうだなァ、札の辻あたりへ行って、あそこから品川へ遊びに来る客を乗せるんだ"(ちきり伊勢屋)
札の辻交差点 2009
赤羽橋 あかばねばし 十八檀林(柳家小満ん口演用「てきすと」9, てきすとの会(2015)) など 4件3題 (東京4件) 港区東麻布1〜芝3 → 北村辞典.川は新堀川(赤羽川,古川),勝手ヶ原(政談月の鏡)の南.「十八檀林」のサゲ,増上寺を抜けると赤羽.「村井長庵」,妹婿を雨の中殺害する."わずか五十に足らねえ金,人の命も五十年".
"増上寺へ入っても精々七つ坊主に成って、なむあみだぶつなむあみだぶつと、裏の柵門から出て、赤羽橋へ抜けるだけだ"(十八檀林)
赤羽橋橋柱 2006
綱坂 つなざか 塩原多助一代記(角川円朝5:01) 1件1題 (圓朝1件) 港区三田2-15〜17あたり → 北村辞典.旧三田綱町,三井倶楽部とイタリア大使館の間を北へ登る.渡辺綱(わたなべのつな)がこの近くで誕生したことによる.ほかにも,渡辺綱産湯の井,綱の手引坂がある.渡辺綱は,大江山酒呑童子を退治した頼光四天王の一.摂津渡辺津に住み,渡辺橋は別項.
"赤坂の今井谷から出まして、麻布十番から古川雑色綱坂を焼き払い"(塩原多助一代記)
綱坂 2011
西久保八幡 にしくぼはちまん 阿武松(青圓生08:05) など 5件1題 (東京5件) 港区虎ノ門5 → 北村辞典.石清水八幡を勧請.「阿武松」の終わりの部分に,ここで開かれた相撲で二段目に出世とされる.社殿は写真手前,奥は霊友会本部.なお,西久保は「黄金餅」の道中.
"翌十三年の二月、芝西久保八幡の相撲の番付には序の二枚目"(阿武松)
西久保八幡 2008
飯倉 いいぐら 黄金餅(講明治大正7:18) など 15件5題 (東京15件) 港区麻布台,東麻布,芝公園 → 北村辞典.「黄金餅」の道中付けに出てくる飯倉六丁目は麻布台2-3あたりの坂上.飯倉交差点は峠というよりは,むしろ鞍点といった珍しい地形.
"飯倉六丁目の坂を上がり"(黄金餅)
     
狸穴 まみあな たぬき娘(講明治大正5:38) など 5件4題 (圓朝1件, 東京4件) 港区麻布狸穴町 → 北村辞典.狸穴坂周辺.今も狸穴町がある.獣のまみが生息していたことに由来.狸の圓左演じる「たぬき娘」の舞台.
"麻布狸穴の月形様といふ大変富貴なお屋敷で"(たぬき娘)
狸穴坂 2007
正信寺 しょうしんじ 狸穴情話(本草堂江戸噺, 相模書房 (2004)) 港区六本木6-1 浄土宗正信寺.新作の「狸穴情話」に植木坂,榎坂などとともに登場.六本木交差点南東にあった.墓地を残して1998年に小石川5-18に移転.
"当地の正信寺へ預けようかと、色々考えながら"(狸穴情話)
正信寺六本木墓苑 2008
市兵衛町 いちべえちょう 一日公方(講昭和戦前5:04) など 7件6題 (圓朝1件, 東京5件, 上方1件) 港区六本木3など → 北村辞典.「一日公方」は将軍の戯れで麻布市兵衛町を賜った噺.麻布で気が知れぬ.実際に名主の市兵衛に由来する町名
"今まではたたき大工の市兵衛であったが、もはや市兵衛町の大地主"(一日公方)
     
飯倉片町 いいぐらかたまち おかめ団子(講明治大正6:08) など 15件2題 (東京15件) 港区麻布台3,六本木5 → 北村辞典.「黄金餅」の道中付け.今の飯倉片町交差点を通る永坂は,後付の新道.「おかめ団子」は実在した店だが,幕末頃閉店という.
"飯倉片町に、名代のおかめ団子といふ、団子屋さんがございます"(おかめ団子)
     
永坂(そば) ながさか 時そば(旺文小さん2:06) など 2件1題 (東京2件) 港区麻布十番1 永坂は飯倉片町から十番方向へ下る坂.旧道に木碑.永坂のそばは,永坂更科布屋太兵衛と直系を名のる更科堀井.寛政元年創業.どちらもあまから2種類のつゆと真っ白な御前蕎麦.
"そばっ食いだぜ、俺は。わざわざお前、長坂まで食いにいくんだ"(時そば)
更科の箸袋 2006
一本松 いっぽんまつ 黄金餅(講明治大正7:18) など 8件1題 (東京8件) 港区元麻布1 → 北村辞典.「黄金餅」の道中付けで,大黒坂とセット.六孫王源経基がここで休んだという一本松があった.一本松町という町名もあった.大黒坂の坂上に,今もしるしの松がある.大黒天は大法寺に安置.
"十番から一本松"(黄金餅)
大黒坂標柱と一本松 2009
善福寺:逆さ銀杏 さかさいちょう らくだ(三一談志5:09) 1件1題 (東京1件) 港区元麻布1-6 浄土真宗善福寺(鶴殺疾刃庖刀).宗派の興隆を占い,親鸞上人がさした杖が大きくなった.都内最大のイチョウで国天然記念物.逆さ銀杏と呼ばれる.善福寺の背後は折り取りたいような悪景観のビル.
"善福寺の逆さ銀杏を横に見て"(らくだ)
善福寺逆さ銀杏 2005
絶江 ぜっこう 黄金餅(弘文志ん生2:01) など 16件4題 (東京16件) 港区南麻布2 → 北村辞典.臨済宗曹渓寺の絶江禅師に由来.麻布絶口の例も多いが,口伝か速記の誤記か.「黄金餅」の釜無村の木蓮寺は架空.曹渓寺には赤穂浪士,寺坂吉右衛門の墓があるが墓地に入れない.
"大黒坂を上がって、麻布絶口釜無村の木蓮寺ィ来たときにはずいぶんみんなくたびれた"(黄金餅)
曹渓寺 2005
相模殿橋 さがみどのばし 黄金餅(講明治大正7:18) など 2件1題 (東京2件) 港区南麻布3〜白金1,3 → 北村辞典.四之橋.川は新堀川.常陸土浦藩土屋相模守に由来.「黄金餅」,麻布絶江から桐ヶ谷への道中付け.
"早桶を背負いだし、相模殿橋を渡って右へ曲がり"(黄金餅)
四之橋 2009
古川橋 ふるかわばし 小判一両(青圓生12:11) など 5件3題 (東京5件) 港区南麻布2〜三田5 → 北村辞典.川は新堀川(古川).三之橋と四之橋との間,ということで江戸期にはなかったはず.「小言幸兵衛」の長屋は麻布古川.
"ご存知の麻布古川橋縁者のもとへ小市をお連れくだされたく"(小判一両)
古川橋 2009
日切地蔵 ひぎりじぞう 黄金餅(講明治大正7:18) など 3件1題 (東京3件) 港区白金2-3 → 北村辞典.松秀寺.日限地蔵を安置.「黄金餅」,麻布絶江から桐ヶ谷への道中付け.
"日切地蔵の大久保彦左衛門様の墓地の前"(黄金餅)
松秀寺 2005
大久保彦左衛門の墓 おおくぼひこざえもんのはか 黄金餅(講明治大正7:18) など 3件1題 (東京3件) 港区白金2-2 → 北村辞典.天下のご意見番,大久保彦左衛門.盥に乗って登城.墓は白金の立行寺(りゅうぎょうじ).鞘堂入りの立派な墓.裏に小ぶりの一心太助墓.「黄金餅」,麻布絶江から桐ヶ谷への道中付け.
"大久保彦左衛門様の墓地の前へ差し掛かってまいりました"(黄金餅)
大久保彦左衛門の墓 2005
清正公(白金) せいしょうこう 井戸の茶碗(講明治大正7:58) など 15件5題 (圓朝1件, 東京14件) 港区白金台1 → 北村辞典.日蓮宗覚林寺.白金の清正公さま.加藤清正の自画像を所蔵.「井戸の茶碗」,屑屋の寄り合い.
"白金の清正公様のわきの掛茶屋、下金屋、屑屋などが昼頃になると集まって"(井戸の茶碗)
白金の清正公 2005
細川家(熊本) ほそかわけ 井戸の茶碗(講明治大正7:58) など 13件1題 (東京13件) 港区高輪1 → 北村辞典.茶碗の目利き,肥後熊本細川越中守の中屋敷.明治に入り,島津家邸宅,後に高松宮邸(むじな横丁,続本草堂江戸噺 (2007)).大椎と赤穂浪士切腹地が,一般市街にある.
"参りましたのは白金の細川様のお窓下、お大名は土台が高いから下からは見上げるようで"(井戸の茶碗)
細川家の大椎 2008
瑞聖寺 ずいしょうじ 黄金餅(講明治大正7:18) など 4件1題 (東京4件) 港区白金台3 → 北村辞典.黄檗宗(単立)瑞聖寺.木庵禅師の開山.国重文の大雄宝殿から,かつての規模がしのばれる.「黄金餅」,麻布絶江から桐ヶ谷への道中付け.
"白金の清正公様の前から、瑞聖寺の前を真直ぐに"(黄金餅)
木庵座像 1988
伊皿子亭 いさらごてい 今戸の狐(講明治大正2:29) 1件1題 (東京1件) 港区高輪2 百花園の「今戸の狐」の地で出てくる江戸の寄席の一.牛込の藁店,麹町の万長,薬師の宮松,人形町の末広(別項),大ろじなど有名どころがならぶ.
"伊皿子台町に伊皿子亭"(今戸の狐)
     
大木戸(高輪) おおきど ちきり伊勢屋(青圓生06:10) など 11件5題 (東京11件) 港区高輪2 → 北村辞典.高輪の大木戸.御府内の南境.高札場も札の辻からこちらに移された.石垣が残っている(国史跡).「ちきり伊勢屋」の白井左近が大道で易を開いたのはここか札の辻か.朱引き外ではないにせよ,はっきりとした説明が見たい.
"高輪の大木戸へかかりましたが、ここはちょうど東海道と江戸との境界線で"(ちきり伊勢屋)
高輪の大木戸 2006
牛町 うしまち 付き馬(青圓生02:02) 1件1題 (東京1件) 港区高輪2 → 北村辞典.芝車町,牛町は俗称.資材運搬のための牛が多数いたことによる.願生寺(高輪2-16)には,牛供養塔が残る.
"高輪に牛町というところがあった、訊いてみたら品川へ遊びに行く人が牛の背中へ乗ったんだてえます"(付き馬)
牛供養塔 2006
泉岳寺:首洗い井戸 くびあらいいど 無学者(講明治大正4:54) 1件1題 (東京1件) 港区高輪2-11 吉良上野介を討ち果たし,泉岳寺山内で首を洗い主君浅野内匠頭の墓前に報告.泉岳寺義士墓(猿後家)は撮影禁止.
"あの泉岳寺の首洗い井戸で首を洗って、内匠頭の墓所へ供えた"(無学者)
首洗い井戸 1999
白金台町 しろがねだいまち 松の操美人の生埋(角川円朝6:04) など 4件4題 (圓朝2件, 東京2件) 港区白金台,白金2 → 北村辞典.白金台の妙見には噺家奉納額がある.
"白金台町へ地面を持ちまして、庭なども結構にして、有福に暮しておりました"(松の操美人の生埋)
妙見噺家奉納額 2009
高野寺 こうやでら 粟田口霑笛竹(角川円朝2:01) 1件1題 (圓朝1件) 港区高輪3-15 → 北村辞典.高野山学寮在番屋敷.在番所.御府内八十八ヶ所第一番.現在の高野山東京別院.
"すぐに白金台町の高野寺へ頼み、仙太郎のみよりの積もりにして葬式も立派に致しました"(粟田口霑笛竹)
高野山東京別院 2005
谷山 やつやま 品川心中(弘文志ん生2:03) など 21件15題 (圓朝1件, 東京20件) 港区高輪4,品川区北品川 → 北村辞典.八ツ山とも.高輪から品川にかけて丘だった.今見てもどこのことだかわからない.八ツ山下の用例が多い.
"親分の家ィ行こうと思って、雁木を伝わって八ツ山から這い上がって"(品川心中)
     
お台場 おだいば 佃島(講明治大正5:32) など 13件8題 (圓朝1件, 東京12件) 港区台場1 江戸防備のため第六台場まで設けられた.今は第三,第六台場が残る.国史跡.1983年の訪問時は二度と戻れないのではないかという程の辺地だったが,全く様変わりした.砲台などが残る第三台場へは立ち入れる.
"船頭を連れ、お台場の沖へ二三里も出まして釣りを始めました"(佃島)
第六台場 2009

掲載 060519/最終更新 200101

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 港区 next