HOME >> はなしの名どころ >> prev 神奈川県 next
神奈川県 その2   
圓朝地名図譜
マアお山を無事に濟まして(中略)夫から金澤を無事に見ちまつて、野島に行つて伊吹屋という船宿から船に乘つて、何處へ行くんだといふと、此處まで來たもんだから、横須賀へ行つて米ケ濱の御祖師樣は初めてだから、お參りをしやう。(中略)烏帽子岩の向ふへ出て四邊(あたり)を眺めて話しをして居る中は宜つたが、其内にゴーッと海鳴りがして來た。
 (橘家圓蔵 「百人坊主」)
  今村信雄編,『名作落語全集』 第六巻,騒人社(1930)
 
地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年
湘南 失恋(落語のごらく−あまり落語っぽくないお話たち (2009) 神奈川県 神奈川県の相模湾沿い,藤沢から大磯あたりにかけて.中国湖南省,湘水の南がオリジナル.大磯の鴫立庵を作った崇雪が寛文4(1664)年に立てた鴫立沢碑の裏面には,"著盡湘南清絶地"とあり,これが湘南発祥の地とされている.
"私が見たいのは、砂浜。湘南みたいな綺麗な海が見たい"(失恋)
湘南発祥地碑(写) 2012
よこはま動物園ズーラシア 小説 任侠流山動物園(砂漠のバー止まり木, 講談社 (2008))など 横浜市旭区上白根町 1999年開場の横浜市立動物園.世界三大珍獣のひとつ,オカピが見られる.丘陵地にゆったりとした園地が作られているが,その分,どの駅からも遠く,公共交通で行きにくい.
"横浜ズーラシアかい、多摩動物園かい"(小説 任侠流山動物園)
ズーラシア入口 2009
本牧 龍の都(講明治大正4:64) など 3件3題 (圓朝1件, 東京2件) 横浜市中区本牧元町など 本牧の海蝕崖は残るが,埋立が進んだ結果,波が打ち寄せる景観はなくなった.記念碑とあるのは,本牧漁業協同組合が立てた本牧横浜の発展を回顧したもの.
"そうお前のように本牧の事ばかり言っちゃアいられない。嘘を佃は女郎のならい"(龍の都)
記念碑 1998
十二天 水中の球(講明治大正2:25) 1件1題 (東京1件) 横浜市中区本牧十二天 十二天神社は本牧の鼻にあった.本牧神社と合して区画整理された和田山へ移転.
"どうも先だっては十二天へお供を致しました時"(水中の球)
本牧神社 1998
根岸競馬場 転宅(立名作5:11) 1件1題 (東京1件) 横浜市中区根岸台 日本初の洋式競馬場.現 根岸森林公園.廃墟のようなスタンドがそびえる.トキノミノルは,1951年,無敗でダービーを制した直後に破傷風で死んだ幻の名馬.
"埋地根岸へ行って馬駈けをみたりして"(転宅)
トキノミノル像と旧スタジアム 1998
磯子区 林家三平真打ち披露興行(昭和の爆笑王 ご存じ林家三平傑作集, 毎日新聞社 (2008)) 横浜市磯子区 林家三平(1)の真打ち披露興行の小噺.美空ひばり御殿のある町として登場.美空ひばりの生誕地を記念して,磯子区役所前の歩道に碑が建った.
"ひばりちゃんなんて、ひばり御殿、横浜の磯子区"(林家三平真打ち披露興行)
美空ひばり生誕記念碑 2009
埋地根岸 転宅(立名作5:11) 1件1題 (東京1件) 横浜市磯子区原町あたり 磯子の埋立は,大正期に原町から始まった.
"埋地根岸へ行って馬駈けをみたりして"(転宅)
不動坂より根岸精油所 1998
磯子 海水浴(長屋討論会:07) 1件1題 (東京1件) 横浜市磯子区 かつての海水浴地.埋立が進み,山は巨大ホテル,海側は工場のタンク群.
"磯子か。そうでもねえ"(海水浴)
磯子駅から 2003
峰の灸 強情灸(弘文志ん生1:13) など 9件1題 (東京9件) 横浜市磯子区峰町709 浄土宗 円海山護念寺.「強情灸」の舞台.現在も灸をすえてくれる.訪れたのは早朝のため無人.
"えェ?峯の灸を?(中略)なんてったって熱いという評判だから"(強情灸)
峰の灸護念寺 1998
千歳 金の味(講明治大正2:40) 1件1題 (東京1件) 横浜市か 横浜あたりの料亭らしい.富貴楼とならんで出てきた.未詳.
"実は今朝ちょいと千歳か富貴楼で分かるだろうとおもって電話をかけてやったんだ"(金の味)
     
程ヶ谷 茗荷宿屋(騒人名作03:25) など 14件10題 (東京14件) 横浜市保土ヶ谷区 東海道の保土ヶ谷宿.碑のはまった塀の向こうは苅部本陣の門.
"せめて程ヶ谷か戸塚あたりまで行って泊まろうと思うのに"(茗荷宿屋)
保土ヶ谷宿本陣跡碑 1997
戸塚 笠と赤い風車(青正蔵1:22) など 25件15題 (東京25件) 横浜市戸塚区 お軽勘平の道行は,判官切腹の四段目の後に来る華やかな舞踏劇.「百年目」の堅物番頭が,「落人」(おちびと)という本を見つける.道行の場碑は戸塚町の南端国道1号南側に立つ.
"その晩の泊まりが戸塚の宿。みんなの寝静まるのを待って、もうこんなところにゃァ用はねえと"(笠と赤い風車)
お軽勘平 戸塚山中道行の場碑 1997
戸塚の隧道 西京土産(講明治大正2:36) 1件1題 (東京1件) 横浜市戸塚区信濃町〜保土ヶ谷区境木町 「西京土産」は,鼻の圓遊が演じた関西訪問記.戸塚の隧道とは,1887年に東海道本線に完成した清水谷戸トンネルのこと.現在残ってい日本最古の鉄道トンネルで,写真の左側,上り線の方がそれ.
"戸塚の隧道をはいる時などは地獄へ入るような事でございます"(西京土産)
清水谷戸トンネル 2012
金沢 大山詣り(弘文柳枝:04) など 4件4題 (圓朝1件, 東京3件) 横浜市金沢区 阿字池をはじめ,称名寺の庭園は最近整備された.隣接して北条実時の書庫に始まる金沢文庫.
"金沢沖でもって舟がしっくる返って死ンじゃったって?"(大山詣り)
称名寺 1997
金沢八景 百人坊主(講明治大正4:03) など 21件3題 (東京21件) 横浜市金沢区 平潟落雁,乙舳帰帆,洲崎晴嵐,内川暮雪,瀬戸秋月,小泉夜雨,称名晩鐘,野島夕照の八景.「大山詣り」の戻り道,金沢八景を見物したことが悲劇の始まり.金沢八景を一望したという能見堂跡に写真の碑が建つが,今はここからは何も望めない.
"とてものついでに金沢八景を見物して往こうじゃアねえか、とこう言い出すと、たちまちのうちにみんなの気が乗って"(百人坊主)
金沢八景根元地碑 1997
野島 大山詣り(三一大系2:12) など 5件1題 (東京5件) 横浜市金沢区野島町 金沢八景の一,野島の夕照.
"金沢を無事に見て、野島に行き、伊吹屋って船宿から船に乗って"(大山詣り)
夕照橋より野島 1997
烏帽子島 大山詣り(青圓生04:01) など 10件2題 (圓朝1件, 東京9件) 横須賀市 夏島貝塚の南西にあった烏帽子のような形の島.烏帽子岩の用例も多い.「大山詣り」の一行がこの島の沖で遭難.海軍飛行場建設のため,大正期に埋め立てられてしまった.1927年に碑が建てられたが,日産追浜工場拡張のため,道路際に移設された.
"烏帽子島のちょっと先ィ出た時分、むこうへ黒い雲が出た"(大山詣り)
烏帽子巖之跡碑 2015
横須賀 薮入り(講昭和戦前2:16) など 33件17題 (圓朝2件, 東京31件) 横須賀市 保存されている三笠は,日本海海戦でバルチック艦隊を討った東郷平八郎率いる連合艦隊旗艦.「皇国の興廃この一戦にあり」の名言は,後の太平洋戦争で多用される.いまでも横須賀線で横須賀駅に向かうと、突然軍艦がならんでいる風景が広がりビックリする.
"横須賀へ連れて行って、軍港を見せてやりてえな、軍艦が列をつくっているところを見せたら喜ぶだろうな"(藪入り)
戦艦三笠 2007
横須賀:大滝町 恋路の闇(扇拍子, 私刊 (1897)) 横須賀市大滝町 おおだきちょう.横須賀駅前の繁華街.しかし,山に向かって異界の入り口のような稲荷参道や米軍立入禁止,自衛隊金融なんていう看板が目につく不可思議でオソロシげな町.
"大滝町裏通りあたりの小粋な家を見かけるとそこら様子を見ます"(恋路の闇)
豊川稲荷参道 2009
米ヶ浜の祖師 大山詣り(青圓生04:01) など 12件1題 (東京12件) 横須賀市深田台10 猿海山龍本寺.高台にある.房州を船で出発した日蓮上人が難船し最初に上陸したのが猿島,そして岩窟にこもって説法を始めた.その草庵,御浦法華堂のあとが龍本寺.だから,金沢八景を見物した「大山詣り」の一行が,米ヶ浜の祖師へ参拝しようとするのは船でなければならない.結局大風にあって難船し,1人を残して全員死亡.
"舟へ乗って、米ヶ浜のお祖師さまへお詣りしようてえやつがあるんだ"(大山詣り)
米ヶ浜のお祖師さま 1998
十三峠 鬼の涙(イーグル書房 (1889)) 横須賀市山中町, 西逸見町 「鬼の涙」は,演者名のない創作人情噺.冒頭の殺人事件が,十三峠でおこる.今では忘れられた道だが,田浦と逸見を結ぶ旧道.峠の頂上付近は道幅が狭く,けわしい.逸見側には三浦按針塚がある.
"これから差し掛かりますのはかの十三峠と申し、白昼でも不気味ないやな所でございます"(鬼の涙)
十三峠 2016
浦賀 長崎の赤飯(青圓生04:07) など 11件10題 (圓朝2件, 東京9件) 横須賀市浦賀町あたり 落語では,黒船来航の挿話で使われることも多い.久里浜7のペリー記念公園に,"泰平の眠りをさます上喜撰たった四杯で夜も寝られず"の狂歌碑がある.
"海上を通るには浦賀に関所というものがある"(長崎の赤飯)
黒船来航狂歌碑 2009
浦和 ちきり伊勢屋(騒人名作01:02) 1件1題 (東京1件)   "浦和"として出てくるが,浦賀の誤植か.
"相州の浦和に元置いた乳母の家があるから"(ちきり伊勢屋)
     
三浦 長屋の花見(講古典長屋:01) など 3件3題 (圓朝2件, 東京1件) 三浦市 「厄払い」の三浦の大助(享年106)の墓は横須賀市大矢部の満昌寺の裏山.五輪塔,宝篋印塔,板碑がならんでいる.本当のところは,89歳でなくなった三浦大介義明の十七回忌に通算で106歳としたという.東方朔は九千歳.
"あっしゃア、どっちかえと、三浦のほうが好きでして"(長屋の花見)
伝三浦大介義明墓 2009
三崎 三方一両損(三一談志5:08) など 8件5題 (圓朝1件, 東京7件) 三浦市 三崎のマグロの用例.三崎漁港にはマグロ料理店,土産店が並ぶ.
"鯛の塩焼だ。三崎の本場"(三方一両損)
三崎のマグロ像 2000
三浦三崎 木火土金水(講明治大正6:23) など 3件3題 (圓朝1件, 東京2件) 三浦市 三浦三崎と三浦岬の用例があり,各項目をまとめきれなかった.
"上総、房州、三浦三崎、あっち、こっち、ほうぼうで獲れるから、ほうぼうよ"(木火土金水)
     
三浦岬 龍の都(講明治大正4:64) など 2件2題 (東京2件) 三浦市 三浦三崎か三浦岬か,音だけでは区別できない.
"これから銚子をかえて、長え目と三島三浦岬としなせえ"(龍の都)
     
逗子 夜店風景(講昭和戦前4:29) など 5件4題 (東京3件, 上方2件) 逗子市 徳富蘆花の「不如帰」のからくり."三府の一の東京で……その名も片岡浪子嬢……早く帰って頂戴と……啼いて血を吐く不如帰♪".「天王寺詣り」にも出てくるのでは.不如歸碑はぬめっとした逗子の海中に立っている.
"肺結核が第三期になると、遂に逗子の海岸武男と浪子"(夜店風景)
不如歸碑 1998
鎌倉 鰍沢(集英圓生2:05) など 78件51題 (圓朝9件, 東京64件, 上方5件) 鎌倉市 鎌倉幕府跡は,頼朝邸敷地を基盤とする大蔵幕府をはじめ,3ヶ所あるという.こちらは,バス停岐れ道のすぐ北,源頼朝墓も近くにある.
"当時文化の中心地でございます鎌倉へ出て、これから辻説法という者をいたしました"(鰍沢)
大蔵幕府舊蹟碑 2010
谷七郷 春雨宿(国書レコード:23) 1件1題 (東京1件) 鎌倉市 芝居の文句.鎌倉は十一の谷に囲まれた七つの郷.谷七郷(やつしちごう)は食いつめても,面(つら)にうけたる看板の傷がもっけの幸いに(玄冶店).
"よんどころなく鎌倉の、やつすつごうは食いつめても、面に受けたるかぬばぬの"(春雨宿)
     
滑川 阿武松(青圓生08:05) など 4件2題 (東京4件) 鎌倉市小町3 松明を灯して滑川に落とした銭を探した青砥藤綱.この逸話の舞台は東勝寺橋あたりと言われる.橋際に鎌倉町青年団がたてた青砥藤綱旧蹟碑がある.
"昔、青砥左衛門尉藤綱という人は、三文の銭を滑川へ落としたのを、松明をつけて拾わしたという"(阿武松)
東勝寺橋より望む滑川 2006
扇ヶ谷 三井の大黒(立名人名演05:13) 1件1題 (東京1件) 鎌倉市扇が谷 鎌倉の谷の一.碑の先の化粧坂は人専用の急坂.ここにも鎌倉町青年団のたてた碑がある.
"相州扇ヶ谷の住人で運慶という人が彫りました恵比寿で"(三井の大黒)
化粧坂 2006
若宮口 浄瑠璃息子(阪大上方09:1) 1件1題 (上方1件) 鎌倉市 若宮大路のどちらかの端のことか.若宮大路の真ん中を貫く段葛は二の鳥居まで復元された.
"若宮口の戦場より一文字にとって返す"(浄瑠璃息子)
若宮通り段葛碑 2013
鶴岡八幡宮 二段目(講明治大正7:01) など 16件12題 (圓朝2件, 東京14件) 鎌倉市雪ノ下2 鎌倉を代表する神社.忠臣蔵の大序はここを舞台とする.写真は三代将軍実朝暗殺のため公暁が隠れた銀杏.800年前でもでかかったのね.と書いたら,2010年3月に自然に根本から倒れてしまった.
"管領足利佐兵衛督直義公、鶴ヶ岡御造営ゆえこの鎌倉へ御下向"(二段目)
鶴岡八幡宮公暁隠れ銀杏 2003
松葉ヶ谷 鰍沢(青圓生08:07) など 3件2題 (圓朝1件, 東京2件) 鎌倉市大町4 松葉谷の御難の用例ばかり.夜襲された日蓮が裏山を伝って逃げた地.安国論寺(大町4-4)は,立正安国論執筆の寺.妙法寺(大町4-7)も松葉谷の候補地.拝観有料.苔の石段がみごと.
"あるとき松葉ヶ谷の草庵で説法をしておりますところへ、鎌倉からおおぜい役人がまいりまして"(鰍沢)
妙法寺 松葉谷御小菴跡碑 2006
光明寺 鈴振り(弘文志ん生3:20) など 3件2題 (東京2件, 上方1件) 鎌倉市材木座6 十八檀林の一.浄土宗関東総本山 天照山蓮華院光明寺.増上寺に次ぐ地位の大寺.
"鎌倉の光明寺を出て、緋の衣一枚となって"(鈴振り)
光明寺 2010
由比ガ浜 姫かたり(弘文志ん生1:14) など 9件5題 (東京9件) 鎌倉市由比ガ浜4あたり 髷も島田に由比ヶ浜,煙突小僧煤之助.
"とんだ弁天小僧だ、なァ、髷も島田に由井ヶ浜"ッて(姫かたり)
由比ガ浜を望む 2006
鎌倉:三ツ橋 転宅(騒人名作03:12) など 2件1題 (東京2件) 鎌倉市 三橋(みつはし)旅館.長谷寺そばにあった高級旅館.「転宅」の妄想の場面に出てくる.長谷寺下の交差点に三橋という名の橋の欄干が片側だけ残っている.
"宿屋はどこがよかろう。やっぱり三ツ橋がいいねえ"(転宅)
三橋 2010
鎌倉:大仏 豆三粒(化かされ侍, 三月書房 (2006))など 鎌倉市長谷4-2 宇都宮の大仏建立を描いた新作「豆三粒」などに登場.浄土宗高徳院の本尊である露座の阿弥陀仏.国宝.拝観有料.別料金で胎内も拝観できる.美男におわすが,頬の継ぎ目が痛々しい.
"奈良や鎌倉の大仏様に次ぐ位の大きなお釈迦様だ"(豆三粒)
鎌倉の大仏さま 2010
七里ヶ浜 難題話(講明治大正5:46) など 2件2題 (東京2件) 鎌倉市七里ガ浜あたり 稲村ヶ崎の公園には,七里ヶ浜でのボート遭難の碑がある.歌は「真白き富士の嶺」.鎌倉攻めに際し,新田義貞が潮干を祈り,太刀を投げ入れたのもここ.こちらは暗い唱歌を思い出す.改めて調べところ,芳賀矢一作詞の「鎌倉」という題だった."七里が浜のいそ伝ひ 稲村崎 名将の剣投ぜし古戦場".
"鎌倉の七里が浜か、ないしは由井が浜へでも着することといたさば、人目を避けるに屈竟"(難題話)
七里ガ浜 1999
腰越 瘤弁慶(三一上方2:28) など 3件2題 (東京1件, 上方2件) 鎌倉市腰越 平家を追討した義経が鎌倉に戻る直前で足止めされ,弁明の腰越状を書く.満福寺では,弁慶筆の腰越状下書が拝観できる(有料).
"頼朝、義経不和となり、腰越より追返され"(瘤弁慶)
満福寺 2006
龍の口 義龍(講小勝:19) など 4件3題 (圓朝1件, 東京3件) 藤沢市片瀬3 龍ノ口刑場あと.日蓮聖人を斬ろうとした太刀が折れたという.龍ノ口の法難.
"とうとう龍の口でもって断罪を行われるという刹那に、雷様が鳴ってきて日蓮様を斬ろうとした刀が三つに折れた"(義龍)
龍口寺土牢 2006
江の島 無筆の女房(講明治大正3:19) など 42件24題 (圓朝6件, 東京36件) 藤沢市江の島 砂嘴でつながる陸繋島は古くからの観光名所.島のてっぺんにぴょこんと飛び出た江の島タワーは目障りだったが,継ぎはぎした板張りは味があった.2003年リニューアルされた.まだエスカーがある.
"江の島から鎌倉を見物して箱根の湯治場へ参りまして"(無筆の女房)
江の島タワー 2001
江の島:弁天 嫁ちがい(講昭和戦前1:21) など 3件3題 (東京3件) 藤沢市江の島2 裸弁天.20世紀最大の魔術師アレイスター・クロウリーが絶賞.拝観有料.奥津宮の八方睨みの亀は酒井抱一の筆.
"こちらは江の島に不忍、箕面の弁財天"(嫁ちがい)
奥津宮八方睨みの亀 1999
江の島:上の宮 弁天小僧(講田河水泡:08) 1件1題 (東京1件) 藤沢市江の島2 歌舞伎のせりふ.中津宮のこと.写真の水盤の他に中村座寄進燈籠などもある.
"悪事はのぼるかみの宮、岩本院の講中の枕さがしも度かさなり"(弁天小僧)
上之宮銘の水盤 2006
江の島:奥の院 転宅(三一演藝画報復刻:02) 1件1題 (東京1件) 藤沢市江の島 奥津宮のことか,はたまた岩屋のことか.奥津宮の鳥居は源頼朝の奉納にかかる.
"江の島へ行っても奥の院へ参詣する時は別々だよ、縁が切れるから"(転宅)
奥津宮奉納鳥居 1999
稚児が淵 弁天小僧(講田河水泡:08) 1件1題 (東京1件) 藤沢市江の島2 江の島を山越えし,階段をおりてすぐの岸.週末には大橋から渡船が出るので,山越えをしなくてすむ.
"以前をいやあ江の島で、年季勤めの稚児ガ淵"(弁天小僧)
稚児ヶ淵 2001
岩本院 湯屋番(旺文小さん2:02) など 7件4題 (東京7件) 藤沢市江の島2 現 岩本楼.岩屋本宮の別当だった.
"岩本院の稚児あがり、ふだん着なれし振袖から、髷も島田に由比ヶ浜"(湯屋番)
     
岩本楼 転宅(騒人名作03:12) 1件1題 (東京1件) 藤沢市江の島2 岩本院あらため,旅館岩本楼として営業中.洞窟風呂がある.
"恵比寿屋か岩本楼へ泊まって、それから藤沢へ行こう"(転宅)
岩本楼 2006
恵比寿屋 転宅(騒人名作03:12) 1件1題 (東京1件) 藤沢市江の島1 江ノ島参道入口近く.旅館として営業中.
"恵比寿屋か岩本楼へ泊まって、それから藤沢へ行こう"(転宅)
恵比寿屋 2006
建長寺 通夜の饒舌(講明治大正5:61) など 3件3題 (東京3件) 鎌倉市山ノ内 鎌倉五山第一位.拝観有料.ハイキングコースの出口にもなっている.
"仏門に入ッて、禅学を学んだ……デ、鎌倉の建長寺とかで修業をして"(通夜の饒舌)
建長寺三解脱門 2006
建長寺:半僧坊 河村瑞賢(にっかつ談志:5) 1件1題 (東京1件) 鎌倉市山ノ内 建長寺奥の山上,天狗が迎えてくれる.静岡から半僧坊を勧請.ご祈祷もしてくれる.
"本堂に向って左手の裏山に在ります半僧坊へ参る道を進むこと一町"(河村瑞賢)
半僧坊 2003
河村瑞賢の墓 河村瑞賢(にっかつ談志:5) 1件1題 (東京1件) 鎌倉市山ノ内 左が河村瑞賢,右が通顕墓.半僧坊手前を左に入って登ったところにある.
"その墓は鎌倉建長寺の境内にございます"(河村瑞賢)
河村瑞賢墓 2003
鎌倉山 素人茶番(講明治大正3:50) など 15件5題 (東京15件) 鎌倉市 今の鎌倉山は大仏の西側,日本最初の分譲別荘地.桜の名所,そしてハム,蕎麦,ケーキ.非人の権平,宝蔵から奪い取ったる柚味噌の曲物.よく見ると開発者の菅原通斎の名が読み取れる.
"鎌倉山の非人権平という役をするんだ"(素人茶番)
鎌倉山交差点 2006
大船 俥屋(講談志02:10) など 8件6題 (東京8件) 鎌倉市大船 大船のシンボルと言える半身の観音像.拝観有料.なぜか参道にはビルマ人の奉納燈籠がならぶ.
"安心してください。大船に行くつもりで……"(俥屋)
大船観音 2006
大船撮影所 社員旅行(芳賀歌奴:10) 1件1題 (東京1件) 鎌倉市大船6 松竹大船撮影所.鎌倉シネワールド(ママ,「怪獣忠臣蔵」,快楽亭ブラックの放送禁止落語大全,洋泉社(2006))は,その敷地の一部を利用したテーマパーク(1995〜1998).撮影所は2000年に閉鎖し,松竹ショッピングセンターと鎌倉女子大となる.
"蒲田とか向島なんつうとこに撮影所があったんだが(中略)大船の方さ持ってっちまった"(社員旅行)
タイルのモニュメント 2003
藤沢 大山詣り(柳家小三治の落語1, 小学館(2007)) など 42件20題 (圓朝4件, 東京38件) 藤沢市 東海道の宿.「城木屋」では,首を横に"藤沢"の.
"お山はともかくね、帰りがけ、この前なんざ、おめえ、藤沢寄ってよ、いい女郎にぶち当たったよ"(大山詣り)
藤沢宿遊女墓 1999
藤沢:本陣 竹の水仙(青小さん1:12) など 3件1題 (東京3件) 藤沢市藤沢1-3 本陣があったことを示すのは,この標注のみ.
"大黒屋金兵衛に本陣まで出向くよう、というお使いでございます"(竹の水仙)
蒔田本陣跡 1999
藤沢:遊行寺 鈴振り(弘文志ん生3:20) など 7件4題 (圓朝1件, 東京6件) 藤沢市西富1 時宗総本山 清浄光寺.後継者を「鈴振り」の儀式で探す,この本堂で鈴がチリリン.「木乃伊取り」にも出てくる照手姫と小栗判官の墓がある.
"遊行寺の住職はてえと大僧正の位があって、遊行派と言いまして"(鈴振り)
遊行寺黒門 2003
藤沢:義行寺 鈴ふり(講古典艶:03) など 2件1題 (東京2件) 藤沢市:架空 用例のほかのもう1件は,このヨタをそのまま書き写している.実際は遊行寺が舞台.
"相州藤沢の宿に、義行派の総本山、義行寺というのがございまして(中略)なんて、うそだか本当だか分からないことを言っておいて"(鈴をふり切った高僧)
     
境川 鈴を振り切った高僧(講つばめ艶笑:02) 1件1題 (東京1件) 藤沢市 演題名は奇抜だが,内容は「鈴振り」.遊行寺門前を流れる.河川改修の結果,深く四角い河道.
"門前に流れる境川に身を沈め、死して釈尊の法罰を受けんっ!"(鈴を振り切った高僧)
遊行寺橋 2003
藤沢:脳病院 気狂い同士(新風金語楼2:24) 1件1題 (東京1件) 藤沢市小塚 1931年鎌倉脳病院として設立.現 清心会藤沢病院.敷地内では患者が療養,作業しているようなので訪問には配慮を.
"松沢病院を出て藤沢の脳病院で十七から"(気狂い同士)
藤沢病院 2003
羽鳥 慶安太平記(三一談志2:11) 1件1題 (東京1件) 藤沢市羽鳥 大山街道.特に見るべき点はない.
"羽鳥に掛かってくると、右が大山街道、左が南郷の松原で"(慶安太平記)
羽鳥交差点 1997
大山街道 慶安太平記(三一談志2:11) 1件1題 (東京1件) 藤沢市 藤沢市四谷から伊勢原へ抜ける.城南1-1の角に建つ大山道標は延宝4(1676)年と万治4(1662)年の2本.
"羽鳥に掛かってくると、右が大山街道、左が南郷の松原で"(慶安太平記)
大山道道標 1997
南湖 富久(立文楽1:02) など 6件3題 (東京6件) 茅ヶ崎市南湖 吉原宿と並んで,東海道で富士山が左側に見えた左富士ポイント.文楽(8)の「富久」の久蔵がかじる"なんごの腸抜き目刺し"もここの特産であろう.
"ああこれ……これはねェ、なんごの腸抜き目刺ッて、この目刺なんてえものは"(富久)
南湖の左富士銘板 1997
馬入川 殿様の廓通ひ(講明治大正1:42) など 2件1題 (東京2件) 茅ヶ崎市〜平塚市 馬入川(ばにゅうがわ).相模川下流の別称.橋脚(国史跡)は鎌倉期のものらしい.源頼朝がこの橋の渡り初めのときに落馬し,それが原因で死亡したと言われる.
"チョイと……言づけが。という間にモー馬入川を越してしまいました"(殿様の廓通ひ)
旧相模川橋脚 1997
馬入の渡 慶安太平記(三一談志2:11) 1件1題 (東京1件) 茅ヶ崎市中島〜平塚市馬入 川は相模川.現在の馬入橋あたり.
"馬で乗り込む馬入の渡"(慶安太平記)
馬入橋より西方を望む. 1997
平塚 城木屋(青圓生12:16) など 4件3題 (東京4件) 平塚市 東海道の宿.写真は平塚の地名の由来となる塚(平塚4).平塚碑は1919年のもの.「城木屋」では,『平塚』の間も忘れかね.
"『戸塚』まえて口説いても、首を横に『藤沢』の、『平塚』の間も忘れかね"(城木屋)
平塚と平塚碑 1997
平塚:中原御殿 陣屋稲荷(かわさき落語草紙,まつ出版 (2008)) 平塚市 中原小学校南東隅に中原御殿之碑がある.
"中原街道てえのは、ご案内の通り、平塚の中原御殿から江戸へ結ぶ街道でございまして"(陣屋稲荷)
平塚中原御殿之碑 2016
平塚:花水橋 慶安太平記(三一談志2:11) 1件1題 (東京1件) 中郡大磯町高麗2〜3 平塚と大磯の間には古花水橋という地名があり花水川が蛇行していたことがうかがえる.
"平塚の花水橋をチョイと渡って"(慶安太平記)
花水橋 1997
高麗寺山 慶安太平記(三一談志2:11) 1件1題 (東京1件) 中郡大磯町高麗 高麗山,標高168m.街道からよく目立つ.
"右が高麗寺山で左が唐土ヶ原"(慶安太平記)
高麗山 1997
唐土ヶ原 慶安太平記(三一談志2:11) 1件1題 (東京1件) 平塚市唐ヶ原 今は,唐ヶ原(とうがはら)と呼ばれており,渋滞情報でお馴染み.
"右が高麗寺山で左が唐土ヶ原"(慶安太平記)
唐ヶ原標柱 1997
大磯 能祇法師(騒人名作03:21) など 26件23題 (圓朝5件, 東京21件) 中郡大磯町 鴫立庵の西行から生まれた落語であろう「能祇法師」の印象が強い.「能祇法師」は,大磯に庵を構える能祇のもとに忍び込んだ泥棒の噺.盗まれそうになった伊勢物語の代わりに即吟の俳句を書いた行灯を泥棒にわたす.「盗人の門閉てて行く夜寒かな」.大磯と言えば,曾我五郎の恋人虎御前の出生地でもある.虎御前の墓や,延台寺には十郎の身代わりになったという虎が石がある.大磯の虎が悲しむ姿を思う,虎が雨という言い回しもあった.鴫立庵(拝観有料)の法虎堂には,新吉原が奉納したと伝えられる虎御前の僧形の像が収められる.
"大磯の少し西に寄りました所、先ず相模の方ほとりというこれへ差し掛かると一つの庵室があります"(能祇法師)
鴫立庵鴫立沢碑 2012
祷龍館 恵方詣(講明治大正1:24) など 2件2題 (東京2件) 中郡大磯町大磯 大磯は,明治期の落語に頻出する松本順医師が最初に海水浴を推奨した土地.当時は波に体をもむような海水浴法で,祷龍館はその旅宿だった.松本順の墓は大磯妙大寺にある.
"大磯へ参り、チョイと海水浴でお客さまにお目にかかり(中略)祷龍館のお坐敷へお招きをこうむり"(恵方詣)
松本先生謝恩碑 1998
酒匂の松濤園 播州めぐり(三一演藝画報復刻:03) 1件1題 (東京1件)   未詳.酒匂にあった遊園らしい.
"兵庫神戸大阪あたりの人が遊びに来る、酒匂の松濤園みたような所だ"(播州めぐり)
     
国府津 社員旅行(芳賀歌奴:10) など 13件10題 (圓朝1件, 東京12件) 小田原市国府津 国府津(こうづ).国府津は列車旅の噺で多く登場する.急勾配の旧東海道線のために機関車つけ替えをする交通要衝だった.
"大船通りこしたか。弁当だめかね。いえ、国府津で停まりますから、国府津で買います"(社員旅行)
国府津の海岸 2009
飯泉 鼠小僧闇路初旅(にっかつ談志:4) 1件1題 (東京1件) 小田原市飯泉 碑文によると二宮尊徳夫人は文化2(1805)年,飯泉村の岡田家に生まれたとある.
"相州小田原から二里ばかり在へ入りました、飯泉"(鼠小僧闇路初旅)
二宮尊徳夫人生誕地碑 2001
飯泉観音 鼠小僧闇路初旅(にっかつ談志:4) など 2件2題 (圓朝1件, 東京1件) 小田原市飯泉1143 真言宗勝福寺.坂東三十三ヶ所第五番.大イチョウは県天然記念物.曾我兄弟が日参し,怪力を授かった.雷電為右衛門が田舎相撲の大岩大五郎を倒す講釈の場.
"此処は阪東三十三ヶ所の観世音の霊場で"(鼠小僧闇路初旅)
飯泉観音堂 2003
酒匂川 明烏(講明治大正7:49) など 2件2題 (圓朝1件, 東京1件) 小田原市 「蝦夷錦古郷之家土産」の道中では東海道で小田原へ渡り,再び飯泉で左岸へ戻る.近くにロイヤルマナーフォートという結婚式場があってビックリした.王家の御料地に建つお屋形で婚礼の儀とはありがたき幸せ.
"二宮尊徳と申す方は幼名を金次郎と申しまして、相州酒匂川在に生まれ"(明烏)
酒匂川 2013
小田原 小間物屋政談(集英圓生2:07) など 112件49題 (圓朝10件, 東京100件, 上方2件) 小田原市 大久保加賀守の城下.「抜け雀」,「小間物屋政談」の旅籠.古清水旅館(本町3-5)は小田原宿の本陣を勤めた.小田原名物は,かまぼこ,干物,梅干と数あるが,ういろうも忘れられない.お城作りのお店で,仁丹みたいな透頂香という薬と本家のういろうを扱っている.歌舞伎十八番,「外郎売」でも知られる.
"若狭屋甚兵衛は山をおりて小田原の宿へ"(小間物屋政談)
古清水旅館 2000
小田原城 抜け雀(講昭和戦前5:07) など 14件4題 (東京13件, 上方1件) 小田原市城内 北条氏時代は町ぐるみ小田原城域だった.江戸期は「抜け雀」の大久保加賀守の領地.今の天守はコンクリ造りで,登城有料.
"その男が江戸から帰りに立ち寄ったら、必ず城内へ沙汰をいたせ"(抜け雀)
小田原城天守閣 2011
小田原:幸町 小間物屋政談(青圓生12:08) 1件1題 (東京1件) 小田原市本町あたり 1875(明治8)年以後につけられた町名.マゲものには使えない.
"若狭屋甚兵衛は小田原幸町の布袋屋という宿へ着きました"(小間物屋政談)
幸町バス停 2000
小田原:相模屋 抜け雀(旺国馬生1:11) 1件1題 (東京1件) 小田原市:架空か 宿屋.実在したかどうか不明.
"昔はこれでも、相模屋といえば、人にきこえた旅篭でございましたけれども"(抜け雀)
     
小田原:布袋屋 小間物屋政談(青圓生12:08) 1件1題 (東京1件) 小田原市:架空か 宿屋.実在したかどうか不明.
"若狭屋甚兵衛は小田原幸町の布袋屋という宿へ着きました"(小間物屋政談)
     
早川 慶安太平記(三一談志2:11) など 2件2題 (圓朝1件, 東京1件) 小田原市早川 秀吉が張りぼてで作り上げて小田原勢を驚嘆させた一夜城.早川駅から徒歩1時間弱.野面積の石垣が残る.
"三枚橋から早川の流れを右に"(慶安太平記)
石垣城井戸曲輪 2003
石橋山 毛氈芝居(講昭和戦前4:15) など 9件6題 (圓朝2件, 東京6件, 上方1件) 小田原市石橋 治承4(1180)年,源頼朝が平家討伐に挙兵した戦地.伊東祐親らに敗れ,安房へ敗走.与一塚,ねじり畑などがある.
"予の先祖は石橋山の戦争にて討死を致したの(中略)その折に毛氈はなかったか"(毛氈芝居)
石橋山古戦場 1997
真鶴 ゆうもあ探偵(新風裸か:34) 2件2題 (圓朝1件, 東京1件) 足柄下郡真鶴町 真鶴(まなづる).新作1件のみ.奥湯河原と真鶴に,頼朝が身を潜めたいわれのある鵐の窟(しとどのいわや)がある.真鶴の方はバス停魚市場のそば.崩壊が進み,こんな小さな穴ぼこでは隠れることも難しい.湯河原の方は,水がしたたる窪地.バス停からかなり歩く分だけ,こっちの方がありがたみがある.
"三人でマナヅルの海岸に来て今日が二日目である"(ゆうもあ探偵)
真鶴の鵐窟 2011
湯河原 鰻の幇間(立文楽2:07) など 19件11題 (圓朝5件, 東京14件) 足柄下郡湯河原町 温泉街.幇間が訪ねたら姐さん湯河原へ湯治.町内へ配る巨大な貯湯タンクが藤木川沿いにいくつもあった.老舗温泉旅館の廃業がめだち,厳しい状況らしい.
"エエ、姐さんは?あの湯河原ィ湯治に行きました"(鰻の幇間)
湯河原温泉 2013

掲載 040710/最終更新 200101

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 神奈川県 next