HOME >> はなしの名どころ >> prev 福島県 next
福島県   
圓朝地名図譜
 昔ですけれども、あの安達ヶ原へまことに悪い狐が出まして、なにが悪いてえと、男が通ると陰嚢を蹴る、睾丸を。
  (三遊亭小圓朝(3) 「九郎蔵狐」)
  東大落語会編,『三遊亭小圓朝集』,青蛙房 (1969) 

地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月  
戸田の渡し(お紺殺し)(三一正蔵芝居噺:02) 1件1題 (東京1件) いわき市平 平(たいら).城下町.今は町の名,駅名ともにいわきに改まってしまった.平城跡は丹後沢の堀割を残すのみ.
"平の藩中の山田三四郎という人(中略)後を付けてって墓場でもって斬り殺しやがって金取りやァがったねぇ"(戸田の渡し)
平城址丹後沢 9905
磐城湯本 庖丁(集英圓生1:07) 1件1題 (東京1件) いわき市常磐湯本町あたり 延喜式に記された温泉神社.近くに湯本の古名のさはこの湯碑がある.
"とうとう二十歳の年に家を飛び出し磐城の湯本へまいりました"(庖丁)
磐城湯本温泉神社 9905
白河 うそつき弥次郎(講明治大正6:29) など 3件3題 (圓朝1件, 東京2件) 白河市 弥次郎こと山伏安珍の出身地.道理でホラを吹き通し.朝寝朝酒朝湯が大好きで♪の小原庄助さんの墓も白河市内.徳利と盃の組み合わせ.
"お前はお武士かい。ナニ白川の安珍という山伏で"(うそつき弥次郎)
小原庄助墓 0508
白川口 続噺柳糸筋(立名人名演01:05) 1件1題 (東京1件) 白河市 若松城の白河方面の防御拠点.戊辰戦争の激戦地.白河南方の松並には会津藩と長州藩大垣藩戦死墓が向かいあう.
"白川口のいくさ敗れて詮方なく"(続噺柳糸筋)
戊辰戦争会津藩戦死墓 0508
三春 三味線栗毛(桃源圓歌:07) など 2件1題 (東京2件) 田村郡三春町あたり 三春駒の用例.三春人形を作るデコ屋敷は郡山市西田町高柴あたり.
"お殿様、御馬を召されたそうでございますな。うゥん、三春南部の産だ。若駒じゃが、栗毛じゃ"(三味線栗毛)
三春デコ屋敷 9708
安積沼 二つ面(青正蔵1:20) など 2件2題 (東京2件) 郡山市日和田町あたり 芭蕉もはなかつみを求めて安積山,安積沼を通った.
"奥州安積沼におきまして太鼓打ち太九郎のために、非業の最後をとげました小幡小平次"(二つ面)
安積山 9708
二本松 武者修行(騒人名作08:07) など 6件2題 (東京6件) 二本松市 三代横綱丸山権太左衛門の出身地として登場.菊人形で有名.二本松藩戒石銘は藩主が寛延2(1749)年に藩士を戒めたもの.爾俸爾禄 民膏民脂 下民易虐 上天難欺.
"おれは奥州二本松の住人(中略)黒雲雷之助夏鳴入道雷呑と申す者だ"(武者修行)
二本松藩戒石銘碑 9907
安達ヶ原 九郎蔵狐(青小圓朝:10) など 6件5題 (東京6件) 二本松市安達ヶ原あたり 奥州安達ヶ原といえば鬼婆伝説.二本松東部の阿武隈河畔.観世寺に鬼婆の岩屋,近くの松樹の下に謡跡の黒塚がある.
"安達ヶ原へまことに悪い狐が出まして、男が通ると陰嚢を蹴る"(九郎蔵狐)
黒塚 9907
川股 官員小僧(中礼堂 (1890)) 伊達郡川俣町 川俣.土橋亭里う馬の「官員小僧」に登場.ここの名主を官員小僧が懲らしめるという,本文には語られないエピソード.幕府直轄で代官所が置かれていた.川俣を通るとコスキンの町と書かれた謎めいた南米風の人形が目立つ.アルゼンチンコスキン市にちなみ,フォルクローレの祭典が開かれるのだとか.東北本線から国鉄川俣線が通じていたが,廃線.
"福島の在の川股村の名主川股伝五右衛門と言ふ者がございまして(官員小僧)"
川俣代官所跡碑 1309
福島 高田の馬場(青金馬:10) など 11件6題 (圓朝1件, 東京10件) 福島市 「高田馬場」の兄妹が狙う敵の出身藩.原発事故により,フクシマの名は世界的に知られる地名になってしまった.福島城は現在,福島県庁などとなっており,南側に土塁が残っている.二の丸外庭の紅葉山公園には,藩祖の板倉神社や姿の美しい鎌倉期の宝塔がある.福島城築城以前の杉妻寺に遡る.
"仇とつけねらう者もあるまい。お聴きください。拙者壮年のおり、福島の藩にしてな"(高田の馬場)
福島城土塁 1205
飯坂 一人酒盛(青圓生01:06) など 4件2題 (東京4件) 福島市飯坂町 “いいざけの温泉”ぐらいでしか使われない.鯖湖湯が古い湯場.写真は,最近とんと聞かない"聚楽ヨ〜".
"あァいい酒だ、いい酒の温泉てえところがあるねェ"(一人酒盛)
飯坂温泉 8910
下郡 女中志願(金園新作:18) 1件1題 (東京1件) 伊達郡桑折町 "仙台白石下郡"という言い立て.下郡の近くの桑折(こおり)が交通の要衝で,旧伊達郡役所といった古い建築も残る.語呂で桑折でなく下郡としたのか.
"仙台だってば仙台(すんでえ)、白石(すらいし)、下郡(すもごおり)ィ"(女中志願)
下郡を望む 0002
会津 佃祭(筑摩古典03:07) など 13件8題 (圓朝4件, 東京9件) 福島県 福島県西部.天気予報で浜通り,中通り,会津と出てくるとなるほどそういう地域分類なのだと納得する.御一新以後,不毛の土地で辛酸をなめさせられた会津人.「佃祭」では柾の通った会津の桐下駄が出てくる.
"桐は越後ではございません。会津の桐でございます"(佃祭)
     
吾妻山 果報の遊客(講明治大正2:55) など 4件4題 (東京4件) 耶麻郡猪苗代町,北塩原村,山形県米沢市 吾妻山(あづまやま).1893(明治26)年に大噴火した.これを踏まえた用例.日本百名山の一.景勝地をめぐる観光道路が通じており,山形県側にはロープーウェイもある.
"大雷公に大地震、大津波に大戦争、吾妻山が噴火をするという騒ぎ"(果報の遊客)
吾妻山一切経山 9708
磐梯山 転宅(立名作5:11) など 15件14題 (東京14件, 上方1件) 耶麻郡北塩原村,磐梯町,猪苗代町 磐梯山(ばんだいさん).1888(明治21)年に破局的な大噴火をした.北側に大きな爆裂火口が開いており,南から見るのと全然違う山容.噴出物は五色沼などの湖沼群を作った.日本百名山の一で磐梯朝日国立公園の中心.
"福島へ行って、磐梯山の噴火のあとを見たいよ"(転宅)
磐梯山 1208
若松 名月若松城(三一正蔵芝居噺:10) 1件1題 (東京1件) 会津若松市 戊辰戦争で市街は壊滅した.飯盛山から煙のあがる若松の市街を見て,若松城落城と見誤った.飯盛山には,白虎隊自刃十九士の墓,戸ノ口の洞門,二重らせん構造のさざえ堂(国重文)がある.白虎隊自刃地では,隊士像が小手をかざして城を望んでいた.
"お国替えということになりまして会津の若松。こりゃァ石高も増えてましたし、家来の人数も旧に倍するという"(名月若松城)
若松城を望む 0804
若松城 続噺柳糸筋(立名人名演01:05) 1件1題 (東京1件) 会津若松市追手町 鶴ヶ城.城の石垣や堀は残るが,天守閣は明治政府により解体,1965年に再建.
"若松城へおもむきしが、会津公にも去る十九日降伏ありしに"(続噺柳糸筋)
若松城廊下橋と枡形 0804
若松:日新館 泳ぎの医者(ゆかいな10分落語, 文溪堂 (2012)) 会津若松市米代町 「泳ぎの医者」のマクラに,水練場のあった藩校として登場.若松城の西にあった藩校日新館は,戊辰戦争で焼失した.河東町に観光・教育施設の會津藩校日新館として再現されている.
"藩校とよばれる「日新館」があったんだ。そこには日本で最も古いといわれる水練場があって"(泳ぎの医者)
會津藩校日新館水練水馬池 1208
東山 転宅(立名作5:11) 1件1題 (東京1件) 会津若松市東山町 会津若松市街の南東の温泉街.雨降り滝をはじめとする四滝がある.旅館の名にも滝がつく.
"会津の東山へも行ってみたいのサ"(転宅)
東山温泉向滝旅館 9708

掲載 030114/最終更新 170601

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 福島県 next