HOME >> 圓朝地名図譜 >> prev 山形県 next
山形県   
はなしの名どころ
其折は手前國詰であつたから母が南部の盛岡、なになに出羽の山形、いやなに新庄へまゐつて、斯ういふ譯で仕方がないから、手前の厄介になりたいと申し、一人の妹、いやなに、ウン姉の事だから弟の義務と心得、留め置いて世話をいたし、此度拙者江戸詰になつて……
 (「鏡ケ池操松影」)
  鈴木行三編,『圓朝全集』 第十一巻,春陽堂((1927))
 
地点名 出典と登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
山形 やまがた 江島屋 (他 東京4件) 全5件5題 山形市 最上氏により確立された都市.元からの城跡は堀と石垣ばかり.
"その折は手前国詰であったから母が南部の盛岡、なになに出羽の山形、いやなに新庄へまいって"(江島屋騒動)
山形城二ノ丸東大手門 1407
庄内 しょうない お婉 全1件1題 酒田市あたり 庄内平野一帯を指す.
"お婉は出羽の庄内で十五万石お取り遊ばした上杉弾正大弼様の御家来で、林主殿という人の娘でございまする"(操競女学校-お婉の伝)
     
新庄 しんじょう 江島屋 全1件1題 新庄市 戸沢氏の城下.河港本合海(もとあいかい)は物流の中心だった.芭蕉も船下り.今も交通の要衝.
"江島屋から二百両出させ、その内三十両を持たせ、お雪を出羽の新庄へ立たせてしまい"(江島屋騒動)
新庄城大手門の礎石 9709
羽黒山 はぐろやま 八景 (他 東京2件) 全3件3題 鶴岡市(旧東田川郡羽黒町)あたり 月山,湯殿山,羽黒山の出羽三山.即神仏で有名なように修験の地.最も手前の羽黒山 出羽三山神社に三山の社殿がならぶ.鶴岡からバス1時間.
"仙台から松島の瑞巌寺、出羽の羽黒山までも参るのですから、水戸までお出でになるなら御一緒にいってあげましょう"(八景隅田川)
出羽三山神社参道 1506

掲載 031220/最終更新 150801

   表の項目の説明

HOME >> 圓朝地名図譜 >> prev 山形県 next