HOME >> はなしの名どころ >> prev 沖縄県 next
沖縄県   
 中で一番大きいのが沖繩本島。
 その真中より、一寸南の方に首里という町があります。
 そこから、北へ二キロ程いったところに、浦添間切謝名村というところがありまして
 (柳家つばめ(5) 「沖繩の王様」)
  柳家つばめ,『私は栄ちゃんと呼ばれたい』,立風書房(1971)
 
地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
琉球 位牌屋(講明治大正3:44) など 13件8題 (東京13件) 沖縄県 琉球王国.沖縄本島を中心とする沖縄諸島.草鞋をはいて行く.
"昔琉球から薩摩様へ献上した芋をみたいで、アア、いい芋だ"(位牌屋)
     
沖縄 もの知り(ポプラ少年10:09) など 22件20題 (東京17件, 上方5件) 沖縄県 用例は,1972年の沖縄返還前の出版.今でも軍事基地としてつかっている.
"南のはては沖縄だが、いまはアメリカ軍が軍事基地としてつかっている"(もの知り)
     
沖縄本島 沖繩の王様(立つばめ1:10) 1件1題 (東京1件) 沖縄県 "中で一番大きいのが沖縄本島"(沖繩の王様)      
首里 沖繩の王様(立つばめ1:10) 1件1題 (東京1件) 那覇市 大戦で司令部壕となった首里城は完全に破壊された.守礼門,正殿はじめ再建されている.
"ちょっと南の方に、首里という町があります"(沖繩の王様)
首里城正殿 0412
謝名村 沖繩の王様(立つばめ1:10) 1件1題 (東京1件) 浦添市 14世紀の察度王生誕にまつわる羽衣伝説の新作落語.大謝名に察度ゆかりの黄金宮がある.宜野湾市の森川公園には,察度王を産んだ天女が沐浴した湧泉(かー)と18世紀の西森碑記がある.
"そこから、北へ二キロ程いったところに、浦添間切謝名村というところがありまして"(沖繩の王様)
羽衣伝説の湧泉 0412

掲載 050708/最終更新 150817

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 沖縄県 next