HOME >> 上野下野道の記 >> prev 8日目 next
8日目     上野下野道の記 本文

 1876年9月5日
 日光〜湯元


 日光を離れ,いよいよ山越えにかかる.一日かけて登った標高1600mの湯元の夜は,すでに冷え込みを感じるほどだったろう.
  行燈に侘し夜寒の蠅一ツ
             −湯元−

地点名 出典と登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
大日如来堂 上野 日光市久次良町 1902(明治35)年の洪水で失われた.草だらけの空き地に礎石が残っていた.大谷川に人専用の大日橋がかけられ,大日堂跡もきれいに整備された 大日堂旧観 9006
ばせを翁の碑 上野 日光市久次良町 "あらたふと青葉若葉の日の光り".大日堂跡に1909(明治42)年再建されている 芭蕉句碑 9006
千体地蔵の堂 上野 日光市久次良町 本文に書かれているのは大日堂そばのものらしい.残された道標には地蔵菩薩 大日千躰仏とある.地蔵堂は別にあったので,千体地蔵ではないのかもしれない.写真の含満ヶ淵のものは,何度数えても数が合わない化け地蔵 含満ヶ淵の千体地蔵 9005
清水池の石橋 上野 日光市久次良町 旧観写真から,大日堂前に池があることがわかる.なぜ清水池とあるのか不明.別のところの事かもしれない 大日堂旧観 9006
裏見の滝 上野 (他 東京1件) 全1件1題 日光市日光〜丹瀬 1902(明治35)年,滝にかかる庇状の岩が崩れてしまい,もとの裏見状態でなくなる 裏見の滝 9006
不動尊の石塚 上野 日光市丹瀬 当時と同じものとは思えないが,不動尊は滝の手前 裏見の滝 不動尊 9006
馬帰し 上野 日光市細尾町 文字通りここで馬を下りて徒歩参拝に移った所だが,廃止された電気軌道とケーブルとの乗換場所でもあった      
蔦屋 上野 日光市細尾町 今もつたやは馬返し前でうどんを商っている つたや 9810
屏風岩 上野 日光市細尾町 中禅寺への登り道の右手にそびえる岩壁 屏風岩 9006
風穴 上野 日光市 名所図では,屏風岩にいかにもという大穴が描いてある.ヒューっと風が抜けてたりして      
丸木橋 上野 日光市細尾町 現在でも2回橋を渡る.一つが幸橋でもう一つが,次項の栄橋 幸橋 9208
丸木橋   日光市細尾町   栄橋 9208
阿含の滝 上野 日光市細尾町 華厳の滝の東,阿含沢にかかる.発電所道路には立ち入れないので,冬場草木が枯れたときに,いろは坂の中の茶屋あたりから遠望できるという(奥村隆志, 日光四十八滝を歩く, 随想社(2000))      
方等の滝 上野 日光市 第1いろは坂駐車場から見える.上段の滝のように見えるのは砂防ダムからの落水 方等の滝 9810
般若の滝 上野 日光市 方等の滝の東側.ただし,圓朝が訪れた時は,般若・方等の滝を,今と逆に呼んでいた可能性が高い(前掲書) 般若の滝 9208
中の茶屋 上野 日光市 5軒の茶屋があったが,第1いろは坂の開設以降,中の茶屋だけが跡をとどめる 中の茶屋 9208
掛茶屋 上野 日光市 滝壺への道を開削し,五郎兵衛茶屋を設けた星野五郎兵衛の名と明治三十三年の年号が刻まれている.圓朝は滝上から華厳の滝を見た 華厳滝壺道標 9006
華厳の滝 上野 (他 東京5件) 全5件4題 日光市 今はエレベータで滝壺に行ける.華厳の滝は,藤村操が不可解なる巖頭之感を穿ち,自殺名所となった 華厳の滝 9006
中禅寺の湖 上野 (他 東京1件) 全1件1題 日光市 日光の記述で繰り返し出てくる1902(明治35)年の足尾台風では,中禅寺も被災して移転した.男体山南斜面が大きく崩れ,湖に流入した.その跡は観音薙という 中禅寺湖 9006
寺ヶ崎薬師 上野 日光市 中禅寺湖に突き出た寺ヶ崎に修験者の行者堂があった.地図にも寺の印が残り,薬師堂があって壺が埋まっているという 寺ヶ崎 9810
歌ヶ浜の地蔵 上野 日光市 未詳.もともと歌ヶ浜にあったのだろう      
走り大黒 上野 日光市中宮祠 中禅寺内,波止利大黒.安産守護といい,滝尾の香車堂と同じく香車が奉納されている.秘仏で,図像を頒布した 波止利大黒 9006
中宮祠 上野 日光市中宮祠 二荒山神社の中宮.湖面に対する銅鳥居から中門,拝殿,本殿と続く 中宮祠 9006
蔦屋 上野 日光市中宮祠 慶応4(1868)年創業.現在メモリアルホテル蔦舎と改称.でも,ホテル四季彩の傘下にしか見えない つたやホテル 9006
米屋 上野 日光市中宮祠 冴えない外観でやっていけるのかと思っていたら,林間学校,修学旅行向けと知りナットク 米屋旅館 9006
二荒神社 上野 日光市中宮祠 二荒山神社.勝道上人が男体山冬期遙拝所として開基 中宮祠銅鳥居 9006
立ち木の観音 上野 日光市中宮祠 写真は絵葉書の複写.中禅寺の本尊の巨大な千手観音像(重文).足尾台風で湖に飲まれたが,霊験あらたか浮上した 中禅寺立木観音(絵葉書)  
妙見堂 上野 日光市中宮祠 未詳.天台宗の輪王寺・中禅寺と北辰妙見信仰は合わないようだが…      
男体山へ登る入り口 上野 日光市中宮祠 中宮祠から登拝路が始まる.男体山全体が二荒山神社の神域 男体山登拝路 9006
歌ヶ浜地立 上野 日光市中宮祠 歌ヶ浜は,勝道上人,中禅寺湖遊覧のみぎり,天人舞い歌ったとの由来 歌ヶ浜 9006
獅子ヶ淵 上野 日光市中宮祠 獅子が淵ではなく岸ヶ淵.旧金谷ボートハウスと菖蒲ヶ浜の間の湾部.もう一つの池の淵の方は未詳 岸ヶ淵 0308
竜頭滝 上野 日光市 湯川下流の急流状の滝で,最下部の茶屋から見ると二筋の龍の髭となる 龍頭滝 9810
千畳ヶ原 上野 日光市 戦場ヶ原.千畳では狭っ苦しいが,神々の戦いの舞台というとスケールが大きくなる 戦場ヶ原 9208
上野 日光市 湧き水といえば,泉門池(いずみやどいけ)のことだろう 泉門池の湧水 9208
古ヶ谷 上野 日光市か 泉のあたり      
湯滝 上野 日光市 圓朝風にいえば,湯ノ湖からドッドと流れ落ちている.下から仰ぎ見るばかりでなく,滝上までの遊歩道がつけられている 湯滝 0308
湖水 上野 日光市湯元 湯ノ湖.温泉排水が入っているため結氷せず,汚濁がひどかった 湯ノ湖 9810
兎嶋 上野 日光市湯元 湯ノ湖に突き出た半島.自然探勝路が整備されている 兎嶋 9208
湯元 上野 日光市湯元 圓朝訪問後,時を経ずして今に残る釜屋や板屋,米屋など立派な温泉宿が立ち並ぶようになる 湯元温泉源泉 9208
湯泉権現 上野 日光市湯元 湯元温泉の東,山側にある.1962年に移転している 湯元温泉神社 9208
白根山 多助, 上野, 太助伝 全1件1題 日光市, 群馬県利根郡片品村 標高2577mで,関東以北の最高峰.自分は五色沼から金精山に回ってしまい,登頂する元気はなかった 日光白根山 9810
負厨留山 上野 日光市 金精山南東部の岸壁.修験者が身一つで登り,後に笈吊を引き上げたという 金精山笈吊岩 9810
自在湯 上野 日光市湯元 湯元の源泉ごとに個性的な名がつけられていた.自在湯は最も奥側の湯場      
中のゆ 上野 日光市湯元 温泉を通る2筋の通りの東側の方中央部      
滝のゆ 上野 日光市湯元 中湯の奥に,滝湯,姥湯,御所湯,笹湯がならんでいた      
乳婆のゆ 上野 日光市湯元 姥湯      
御所の湯 上野 日光市湯元 金瘡に妙!      
薬師湯 上野 日光市湯元 元々の薬師堂は湯泉権現のところにあった.現在も,薬師堂内の湯に入湯できる 薬師堂 9208
川原ゆ 多助, 上野, 太助伝 全1件1題 日光市湯元 湯ノ湖岸に近く,湖水位に応じて温度が変わったらしい      
蒸湯 上野 日光市湯元 9つあるという源泉のうち,すでに八湯の名が出てきており,残り1つは荒湯.蒸湯は不詳.サウナのようなつくりになっていたか      
肌の湯 上野 日光市湯元 未詳.pHが高くてヌルヌルつるつるか      

掲載 040710/最終更新 061201

   表の項目の説明

HOME >> 上野下野道の記 >> prev 8日目 next