HOME >> 上野下野道の記 >> prev 6日目 next
6日目     上野下野道の記 本文
 

 1876年9月3日
 宇都宮〜日光


 昨日とはうって変わってこの日は長丁場.上徳二郎から今市まで一気に進んでいる.狂歌は日光市内でカミさんの欲しがる鹿皮を買ってやる甘い旦那を詠んだもの.
    馬の上に鹿の皮とはばかにした
      妻こふてゝを尻に敷くかゝ

             − 日光 −


地点名 出典と登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
上戸祭字寺内 上野 宇都宮市上戸祭町 寺内という字名は,上戸祭と野沢町の境あたり東側.日光街道をはさんで上戸祭一里塚が残っている.塚の上にはスギの木 上戸祭一里塚 0804
石橋 上野 宇都宮市野沢町 いまの弁天橋だろう.川は釜川 弁天橋 9805
野沢村 上野 宇都宮市野沢町 見どころは少ない.街道研究家の今井金吾氏は静桜を紹介 光明寺 8912
上金井村 上野 宇都宮市上金井町 ここにも,というのも変だが,早くも次の一里塚があった 日光街道 9805
紺屋林村 上野 宇都宮市宝木本町 高谷林(こうやばやし)は宝木本町の北部 高谷林公民館 9805
宝木村 草三, 上野 全1件1題 宇都宮市宝木本町 「後開榛名の梅が香」の帳付けチャリ場にも宝木がでてくる.宇都宮からの距離が怪しいが,ここに合した.風神像の造形は見飽きることがない 宝国神社風神像 9805
中徳二郎村 上野 宇都宮市徳次郎町 下中上徳次郎が延々と続く.このあたりから大谷石の蔵が目立つ 中徳次郎バス停 9805
智加都明神の社 上野 宇都宮市徳次郎町 智賀都神社は徳次郎の鎮守.夫婦ケヤキが社前に立つ 智賀都神社 9805
上徳二郎 上野 宇都宮市徳次郎町 写真のインター案内にあるように,ここは断固"とくじら"と読みたい 徳次郎を望む 9805
大沢村 上野 日光市(旧今市市大沢町) 日光への街道杉並木の端には同じ形の寄進碑が合わせて4基建っている.そのうちの一つが大沢にある.松平正綱公の事績 大沢杉並木寄進碑 9805
今市駅 上野 日光市(旧今市市今市) 日光街道と例幣使街道が追分で合流.いよいよ日光は近い 追分地蔵尊 9805
瀬川 上野 日光市瀬川 瀬川から野口にかけて杉並木が整備されている.レトロモダンな浄水場があった      
野口村 上野 日光市野口 野口には四本杉.「上野下野道の記」当時,財政再建のため杉並木が全伐採の危機にあった 日光街道杉並木 9005
里村 上野 日光市七里付近か 七里のことだろう.街道西に尾立岩がある 七里バス停 9005
日光の鉢石町 上野 日光市下鉢石町, 中鉢石町, 上鉢石町 日光の町づくし.最も北西に位置.鉢石は宇都宮信金の敷地内にある 鉢石 9005
松原 上野 日光市松原町 松原町.鉢石町の南に連なる 松原町交差点 9005
石屋町 上野 日光市石屋町 松原町の南.日光名物の生湯葉の土産屋や料理店が並ぶ.その他,日光羊羹,茶道具挽き物などの名物 石屋町バス停 9005
御幸町 上野 日光市御幸町 御幸町(ごこうまち).松原町の南      
大横町 上野 日光市 鉢石町を横へ入る横丁.町立てはされていない      
稲町 上野 日光市稲荷町か 稲荷町鉢石町などの東に並行する.稲荷社には西行戻しの石がある 稲荷町内稲荷社 9005
 −経路外−
十良ヶ峰 牡丹, 上野 全1件1題 宇都宮市鶴田 「怪談牡丹燈籠」に出た十郎ヶ峰.本文に戸祭から西北とあるが,実際は南西方向,鹿沼街道にかかる丘陵.ピークには三等三角点がある 十良ヶ峰三角点 1207
西里山 上野 宇都宮市新里町 西里は新里(にっさと)の誤記か 新里街道 9805
加沼駅 牡丹, 道中の馬子, 上野 全2件2題 鹿沼市 鹿沼(かぬま).鹿沼城址は,日光社参の御殿地でもある 鹿沼御殿跡 9808

掲載 040416/最終更新 121215

   表の項目の説明

HOME >> 上野下野道の記 >> prev 6日目 next