HOME >> はなしの名どころ >> prev 架空・想像地名 next
架空・想像地名   
圓朝地名図譜
新中納言知盛 「見るべきほどのことは見つ、今は自害せん」
 (「平家物語」)

−死ぬなら今... . . .
 
 架空・想像地名
地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
天の浮橋 神代物語(新風上方:19) など 2件2題 (東京1件, 上方1件) 想像地名 あめのうきはし.イザナギ・イザナミここに立って国造り.南あわじ市のおのころ島神社の西400mには天浮橋の碑がある.
"やってきましたのが、天地の境にあります天の浮橋"(神代物語)
天浮橋碑 0706
沖の島 神代物語(新風上方:19) 1件1題 (上方1件) 想像地名 国造り神話の地名.候補地は,隠岐島ほかいろいろある.
"続いて四国、沖の島"(神代物語)
     
鬼ヶ島 桃太郎(講昭和戦前3:23) など 23件8題 (圓朝1件, 東京19件, 上方3件) 想像地名 おとぎ話だけでなく落語の「桃太郎」に登場.写真のように高松から船で20分のゆるい鬼ヶ島(女木島)もある.
"鬼ヶ島なんて所はないんだよ、お父っつぁん。俺もないと思ったよ"(桃太郎)
鬼ヶ島大洞窟 0805
鬼が城 庚申待(新風明治:02) 1件1題 (東京1件) 想像地名 実在地名かどうか不明.三重県南端に奇勝鬼ヶ城.
"おれが鬼が城から鉄拐へ行く山続きの谷間へはいったところ"(庚申待)
鬼ヶ城 0705
鬼界ヶ島 俊寛(吉本笑賣往來09:1) など 3件3題 (東京1件, 上方2件) 想像地名 新作「俊寛」に出てくる鬼界ヶ島は九州の島.俊寛流刑地は硫黄島,喜界島(鹿児島県),医王島(長崎県)の3候補ある.写真は喜界島の俊寛墓.
"俊寛が鬼界ヶ島の巌頭に立って平家を呪うあの台詞いい文句だなあ"(俊寛)
俊寛墓 0703
喜見城 九州吹戻し(騒人名作06:09) 1件1題 (東京1件) 想像地名 帝釈天の住む城.
"高い波の来る時には(中略)梵天帝釈天の住む喜見城へ打ち上げられるかと思うばかり"(九州吹戻し)
     
賽の河原 朝友(講明治大正3:14) など 10件8題 (東京7件, 上方3件) 想像地名 積んでは崩すハノイの塔.
"この賽の河原はご案内の通りお小児の参ります所でござります"(朝友)
     
三途の川 地獄八景亡者戯(創元米朝4:03) など 45件30題 (圓朝3件, 東京30件, 上方12件) 想像地名 この川を渡ったら冥土.渡し賃は六文銭と信じられているが,実際は死にようによって決まってくる.
"三途の川とかいう川が流れててな、そこに柳みたいな木が一本立ってて"(地獄八景亡者戯)
恐山三途川 0906
須弥山 厄払い(立文楽2:05) など 13件7題 (圓朝1件, 東京12件) 想像地名 仏教観による世界の中心の高山.須弥山のかたにさら〜り,やっく払いましょ.
"西の海へと思いども、蓬莱山のことなれば、須弥山の方ィさらァりさらり"(厄払い)
     
高天原 一眼国(現代思潮不思議10:2) など 2件2題 (東京1件, 上方1件) 想像地名 たかまがはら.写真は御所市にある高天原とされる土地で,橋本院そばに碑,延喜式明神大社の高天彦神社がある.
"高天原に神づまりまします神漏岐、神漏美の命をもちて、日向の国は橘の小門"(一眼国)
高天原碑 0911
常盤 雁風呂(講明治大正2:22) など 4件1題 (東京4件) 想像地名 "日本を離れました海の向かいの国に、常盤の国という暖国が有るそうにございます"(雁風呂)      
女護ヶ島 女護が島(立艶笑文庫3:56) など 15件8題 (圓朝1件, 東京9件, 上方5件) 想像地名 なにぶん掃除がゆきとどかない島.南洋にあるらしく世之介が探検.ついに対馬で発見!と思ったら"めごしま"だった.
"ほなまァ、西のほうィ行け(中略)端といえば端にちがいないナ、ここは長崎やさかいなア"(女護が島)
女護島への道案内 1404
白玉楼 片棒(青金馬:09) など 5件1題 (東京5件) 想像地名 死者の行く建物の意.
"ついに白玉楼中の人となり、今また山車の人形となる。ああおもしろきかな"(片棒)
     
蓬莱山 厄払い(立文楽2:05) など 12件6題 (東京11件, 上方1件) 想像地名 蓬莱山に舞い遊ぶ鶴は十年.「蓬莱の蚊帳」は鶴と亀が舞い込む.
"蓬莱山に舞い遊ぶ鶴は千年亀は万年"(厄払い)
     
野馬台 新治療(講明治大正4:41) など 2件2題 (東京2件) 想像地名 野馬台詩.日本の異称とも言えそう.日本の未来を予言する暗号漢詩で,吉備真備が玄宗皇帝の前で読まされたという.困り果てたところ蜘蛛が現れ,解読する語順を示した.
"その昔吉備大臣野馬台の詩を読みし時、蜘蛛のみちびきによって読まれしと聞くが"(新治療)
     
瑤池 おとしばなし李白(集英石川淳:02) 1件1題 (東京1件) 想像地名 神仙思想の女仙,西王母の住む地.中国はるか西方にあるという.
"おう、おまえさんはそのむかし西王母の瑤池にいたひとだね"(おとしばなし李白)
     
龍宮城 小倉船(創元米朝6:09) など 10件7題 (圓朝1件, 東京6件, 上方4件) 想像地名 写真の竜宮城は長崎県壱岐にある嫦娥島の別名.
"霞にそびえし楼門に、大竜王宮の額を上げ(中略)竜宮や、これ。えらいとこへ出てきたで"(小倉船)
竜宮城入口 0507
六道の辻 品川心中(青圓生04:03) など 22件10題 (圓朝1件, 東京15件, 上方6件) 想像地名 青山や京都にある六道の辻は別項.
"附馬でもなんでもついてくンならついてこい。六道の辻あたりで撒いてやるから"(品川心中)
     
アクティ冥途 地獄八景亡者の戯れ(PHP三枝:3) 1件1題 (上方1件) 架空 大阪駅ビルのアクティ大阪を踏まえる.
"最近建ちましたビルで地獄でえらい有名なってます。アクティ冥途いうてね"(地獄八景亡者の戯れ)
     
アンキリア国 寿限無(青正蔵2:02) 1件1題 (東京1件) 架空 "昔ねェ、唐にアンキリア国という国があって、そこにパイポという王様があって"(寿限無)      
安楽寺 臑咬り(講明治大正1:45) 1件1題 (東京1件) 架空 "わしが安楽寺に居ました時によく葬式が来るのぢゃテ"(臑咬り)      
入れ替の峰 質屋合戦(大空SP04:34) 1件1題 (東京1件) 架空 質屋用語.釜の代わりにふんどしのようなもの.
"すでに高き入れ替の峰と名づけし山をひかえ"(質屋合戦)
     
兎橋 雨乞い源兵衛(PHP枝雀:5) など 2件1題 (上方2件) 架空 "兔橋か……。下に水の流れとらん橋てなもん、間のぬけたようなもんじゃなァ"(雨乞い源兵衛)      
兎川 雨乞い源兵衛(PHP枝雀:5) など 2件1題 (上方2件) 架空 "兎川の水も心細うなってきよった"(雨乞い源兵衛)      
ウソつき村 ウソつき村(アリス子ども4:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "でかけてまいりましたのが、ウソつき村"(ウソつき村)      
うまや谷 柳の馬場(新風ミニ:094) 1件1題 (東京1件) 架空 "下は、うまや谷と申して、たった今、おまえが乗っていた馬が、崖から下に落ちて脳天を打ちくだいた"(柳の馬場)      
裏店が崎 遣繰軍記(講明治大正5:28) など 2件1題 (東京2件) 架空 "危うき場所を分散して、裏店が崎に落ち延び、幸い九尺二間ばかりの明き城のありけるゆえ"(遣繰軍記)      
恵比須江 夢買ひ(長屋討論会:13) 1件1題 (東京1件) 架空 "そうだ、ここは恵比須江という河だがこの水を瓶詰めにして売り出すのがヱビスビールだ"(夢買ひ)      
オロチ谷村 憧れのカントリーライフ(レオ三枝7:09) 1件1題 (上方1件) 架空 "オロチ谷の村長さんとこはいつ着くねんな。まだかかんのか、遠いなぁ"(憧れのカントリーライフ)      
鹿島村 夏の医者(青圓生05:06) など 4件1題 (東京4件) 架空 "だれだ?……鹿島、ああ鹿島村から……"(夏の医者)      
かしやの薮 宿屋の仇討(騒人名作02:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "村へ入る半里ほど手前に、かしやの薮というのがある"(宿屋の仇討)      
釜ヶ淵 河童(弘文小佐田定雄:06) など 2件2題 (上方2件) 架空 "釜が淵の底ちゅうのはものすごう綺麗なとこなんですわ"(河童)      
上の池 雨乞い源兵衛(PHP枝雀:5) 1件1題 (上方1件) 架空 "上の池も兔川も堤が危のなりよる"(雨乞い源兵衛)      
上の村 文違い(筑摩特選2:05) 1件1題 (東京1件) 架空 "この二十両は、上の村の辰松が手付を打って馬ァ買っておいただから"(文違い)      
枯れ葉温泉 幸せな不幸者(弘文小佐田定雄:13) 1件1題 (上方1件) 架空 "こんな温泉地、聞いたこともないで……『枯れ葉温泉』てな所"(幸せな不幸者)      
観音橋 弥次喜多地獄旅行(講ス文庫上方:090) 1件1題 (上方1件) 架空 "念仏町を通り抜けますと、一つの橋がございます。この橋の名が観音橋"(弥次喜多地獄旅行)      
願行寺 万金丹(青小さん2:03) など 4件1題 (東京4件) 架空 巌行寺(講明治大正7:03)を願行寺に合した.
"願行寺てえのへ頼むとなァ、みんなお布施ァむこうへ持ってかれちまわあ"(万金丹)
     
観性寺 万金丹(サンポウ旅:06) 1件1題 (東京1件) 架空 "この山をひとつ越すと観性寺という寺がある"(万金丹)      
北川町 日照権(レオ柳昇:08) 1件1題 (東京1件) 架空 北川町の南側にマンションが建って北側の北川町が陰になる.
"マンションができるんだってさ。しかも二十八階(中略)北側の俺たちの家は陽が当たらなくなってしまうんだぜ"(日照権)
     
狐川 幽霊の辻(コア小佐田定雄:01) 1件1題 (上方1件) 架空 "前方はなァ、狐川……あの川じゃ"(幽霊の辻)      
首くくりの松 幽霊の辻(コア小佐田定雄:01) 1件1題 (上方1件) 架空 "その森を過ぎたら『首くくりの松』ちゅうのがあってナ"(幽霊の辻)      
暮峠 質屋合戦(大空SP04:34) 1件1題 (東京1件) 架空 "永窮元年、暮峠の戦い"(質屋合戦)      
黒手八幡宮 三紋龍(新潮泡坂妻夫:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "一座が黒手八幡宮の掛け小屋に着いたばかり"(三紋龍)      
紅梅亭 弥次喜多地獄旅行(講ス文庫上方:090) 1件1題 (上方1件) 架空 法善寺横町の紅梅亭を踏まえる.
"噺の席があるで。なるほど、紅梅亭としたあるで"(弥次喜多地獄旅行)
     
豪欲寺 留守番小坊主(大日本図書館04:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "お前たちがおらんということになると、『この豪欲寺は不用心じゃ』と言われる"(留守番小坊主)      
獄門地蔵 幽霊の辻(コア小佐田定雄:01) 1件1題 (上方1件) 架空 "ここからじゃと見えんが、獄門地蔵さんがありますのじゃ"(幽霊の辻)      
小松原 ふたなり(弘文志ん生6:02) など 2件1題 (東京2件) 架空 "これからァ小松原のおかんこ婆ァんとこィ行ってェ"(ふたなり)      
三途橋 味なこと(芳賀新作2:20) 1件1題 (東京1件) 架空 "三途橋……三途の川は渡し舟ではなかったので"(味なこと)      
塩入村 夏の医者(阪大上方19:1) 1件1題 (上方1件) 架空 "塩入村と言やあ先生、まあ隣村じゃが"(夏の医者)      
塩尻村 夏の医者(創元米朝5:08) 1件1題 (上方1件) 架空 "塩尻村はすぐ隣の村じゃが、わしは下の村から来ましたのじゃ"(夏の医者)      
地獄谷 三人旅(旺文小さん2:09) など 12件6題 (圓朝1件, 東京10件, 上方1件) 架空 恐山にあったり箱根山中にあったりする."いやあ、この裏に地獄谷ッて、深え谷があるでえ、馬ッ鹿野郎がそこへ落っこってなあ"(三人旅)    
質屋ヶ城 質屋合戦(大空SP04:34) 1件1題 (東京1件) 架空 "困窮勢は我劣らじと、質屋ヶ城に乗っつけたり"(質屋合戦)      
質屋ヶ原 遣繰軍記(講明治大正5:28) 2件1題 (東京2件) 架空 "十二月大晦日寅の上刻より巳の下刻にいたるまで、質屋ヶ原に鎬を削り"(遣繰軍記)      
下新田 文違い(青圓生07:02) など 7件4題 (東京6件, 上方1件) 架空 "上の村の茂左衛門と、下新田のお甚次郎と、寅八郎と"(文違い)      
借金が淵 遣繰軍記(講明治大正5:28) など 2件1題 (東京2件) 架空 "父種摺もろともに借金が淵の水責めにあッて"(遣繰軍記)      
静蓮寺 万金丹(講落語全集1:08) など 4件1題 (東京4件) 架空 "山一つ向うに静蓮寺という浄土宗の寺がある、これへ頼んで"(万金丹)      
白旗の森 大名道具(立艶笑文庫2:09) 1件1題 (東京1件) 架空 "白旗の森という森がある。その中に、金勢大明神をまつった社がございます"(大名道具)      
随徳寺 山号寺号(アリス子ども4:02) など 7件7題 (圓朝1件, 東京6件) 架空 山号は一目山.都内の随徳寺は別にカウントしている."いちもくさん隨徳寺だ。うわーっ、なむさんしそんじ"(山号寺号)      
杉の森 ふたなり(講文庫5:27) 1件1題 (東京1件) 架空 "杉の森へかかりますと、木のかげに、まっ白なものがぼんやり立っております"(ふたなり)      
ズク念寺 八五郎坊主(PHP枝雀:3) など 9件5題 (東京2件, 上方7件) 架空 突念寺,俗念寺,ツクネン寺などをズク念寺に統一した."下寺町のズク念寺さんや。大きな銀杏の木があるで、それを目印に行きなはれ"(八五郎坊主)      
専念寺 百人坊主(立名人名演05:16) 1件1題 (東京1件) 架空 "専念寺の和尚さまが絵を描くので、和尚さまにお願い申して、なんでも自分の好きな絵を描いてもらって"(百人坊主)      
千本松原 書置きちがい(新評世界1:09) など 2件1題 (東京2件) 架空 「ふたなり」の用例のみ."千本松原、明神の森が淋しいって、ばかなこというでねえ"(書置きちがい)      
大角デパート 百人一首(新風金語楼3:17) 1件1題 (東京1件) 架空 いうまでもなく大丸百貨店を踏まえる."それに大角デパートってマークがはいってますけど"(百人一首)      
谷川村 鶏ぶるまい(角川中島らも2:02) 1件1題 (上方1件) 架空 "谷川村始まって以来の不祥事となるからな"(鶏ぶるまい)      
月尾町 百人一首(新風金語楼3:17) 1件1題 (東京1件) 架空 月を待ち出ずるかなの月尾町.京都のそばで長月野がある.
"京都のね、そばにある、長月野のそばに月尾町というのが。いまはないよ、昔の話だ"(百人一首)
     
つつじが岡公園 お茶けで花見(太平お笑い02:05) 1件1題 (東京1件) 架空 "きまっているだろう、みんな、つつじが岡公園に、花見にいくのさ"(お茶けで花見)      
椿温泉 僕達ヒローキッズ(レオ三枝6:02) 1件1題 (上方1件) 架空 "あいつな、椿温泉で療養中や"(僕達ヒローキッズ)      
父追い橋 幽霊の辻(コア小佐田定雄:01) 1件1題 (上方1件) 架空 読みは"てておいばし".
"そこをナ、ちょっと行くと『父追い橋』ちゅう橋がありますのじゃ"(幽霊の辻)
     
天神の森 ふたなり(弘文志ん生6:02) など 2件1題 (東京2件) 架空 "ここがなんでェ天神の森だッてえ……ここ狐だの狸が出るッて"(ふたなり)      
峠村 五人組(立艶笑文庫1:40) 1件1題 (東京1件) 架空 峠村の棒杭の文字を"手偏に上下"と"五人組"がかいたという,ちょっとわかりにくい小噺.
"この村の名は何と申す?はい、"峠村"と申します"(五人組)
     
富沢島 遣繰軍記(講明治大正5:28) 1件1題 (東京1件) 架空 "八月過ぎても請けざれば、富沢島へ流罪とし"(遣繰軍記)      
どんどろ坂 本膳(青正蔵1:04) など 6件5題 (東京3件, 上方3件) 架空 "誰だその、四人目に出張ってるのは?……どんどろ坂の茂十でねえか"(本膳)      
長月野 百人一首(新風金語楼3:17) 1件1題 (東京1件) 架空 素性法師,百人一首の歌,"長月の"のキョクり.
"つまりだな、いい芝を刈りに、長月野という野へでかけたんだ"(百人一首)
     
七瀬川 虫干(玄文珍日本:08) 1件1題 (東京1件) 架空か 骨董屋の珍物づくし.西行伝説の川という.未詳.
"西行が七瀬川という川の橋のそばで茶店に休んでいた、すると麦こがしがあるので"(虫干)
     
ななめが原 味なこと(芳賀新作2:20) 1件1題 (東京1件) 架空 "ここは極楽の蓮池のななめ近くにある、ななめが原じゃ"(味なこと)      
鍋栗岳 湯治碁(近代文藝囲碁:10) 1件1題 (東京1件) 架空 "鍋栗岳に、もうわすの親父の頃からいなさる山の主だで"(湯治碁)      
日本演芸資料館 タレント議員伝(立つばめ2:04) 1件1題 (東京1件) 架空 ヨタが誠に.1979年,国立演芸場資料館として実現.
"政治家になって、まず第一にはじめたのが(中略)ぐっとバカバカしい、日本演芸資料館を作ろうとして、国会で活躍している"(タレント議員伝)
     
花の頓狂島 盃の殿様(騒人名作06:08) など 4件1題 (東京4件) 架空 何だったかは思い出せないが,唄の文句にある.
"御国は花の頓狂島、そんな変なところはあるかどうか分かりませんが"(盃の殿様)
     
早川 幸せな不幸者(弘文小佐田定雄:13) 1件1題 (上方1件) 架空 "この裏手に早川ていう川がございまして"(幸せな不幸者)      
般若寺 般若寺の陰謀(弘文小佐田定雄:10) 1件1題 (上方1件) 架空 "この般若寺は今でこそ荒れ寺になってしもうたがな、昔は盛んなもんやった"(般若寺の陰謀)      
日の出村 烏(レオ三枝5:08) 1件1題 (上方1件) 架空 "日の出村の端の山口ちゅう家で、庭の木の上でちょっと羽を休めてる時に"(烏)      
法蓮寺 弥次喜多地獄旅行(講ス文庫上方:090) 1件1題 (上方1件) 架空 "法蓮寺というお寺がございまして、細い小路がありまして"(弥次喜多地獄旅行)      
堀越村 幽霊の辻(コア小佐田定雄:01) 1件1題 (上方1件) 架空 "アノ、堀越村ちゅうのはここからどのくらいあんねん?"(幽霊の辻)      
水子池 幽霊の辻(コア小佐田定雄:01) 1件1題 (上方1件) 架空 "あそこに大きい池が見えるじゃろう?水子池ちゅう池でな"(幽霊の辻)      
水呑村 ポン引(講落語全集1:25) 1件1題 (東京1件) 架空 "お前さん隣村の滝田さんの坊ちでねえか。ヤー、水呑み村の鍬公か"(ポン引)      
妙陰寺 数取り(講古典艶:04) 1件1題 (東京1件) 架空 "おめえも知ってるだろ、妙陰寺、あそこへ行って尼ンなっちゃった"(数取り)      
明神の森 書置きちがい(新評世界1:09) など 2件1題 (東京2件) 架空 「ふたなり」の用例のみ.
"だいぶ淋しいとこへきたと思ったら、ここは明神の森だ"(書置きちがい)
     
明神横町 お茶けで花見(太平お笑い02:05) 1件1題 (東京1件) 架空 "明神横町に、星月長屋という長屋がございます。名まえのとおり、屋根がやぶれていて"(お茶けで花見)      
木蓮寺 万金丹(騒人名作06:19) など 5件5題 (東京5件) 架空 "ツイさっき木蓮寺妙念に書いておいてもらうのを忘れた"(万金丹)      
物前峠 遣繰軍記(講明治大正5:28) 1件1題 (東京1件) 架空 "過ぎし年物前峠の戦いに、油断大敵の掛け取り勢に取りまかれ"(遣繰軍記)      
八ツ墓神社 ケンタッキー・ブライド・チキン(レオ三枝2:02) 1件1題 (上方1件) 架空 "名前が<八ツ墓神社>。誰が来る、こんなとこ"(ケンタッキー・ブライド・チキン)      
幽霊の辻 幽霊の辻(コア小佐田定雄:01) 1件1題 (上方1件) 架空 読みは"ゆうれんのつじ".
"ちょうど幽霊の辻までさしかかりますと、首くくりの松のかげから一人の娘"(幽霊の辻)
     
吉田村 夏の医者(青圓生05:06) など 6件3題 (東京6件) 架空 "この村にゃ医者がねえからねェ。吉田村ェ行けばござるだッちいが"(夏の医者)      
米倉:阿佳寺 三紋龍(新潮泡坂妻夫:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "去琢山阿佳寺。この寺は米倉藩城主の代代の墓がある"(三紋龍)      
米倉:右町 三紋龍(新潮泡坂妻夫:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "あれは右町にある檀家へ行った帰りのことで"(三紋龍)      
米倉:右町橋 三紋龍(新潮泡坂妻夫:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "一鳥は右町橋で夜の明けるのを待った"(三紋龍)      
米倉:蛙田川 三紋龍(新潮泡坂妻夫:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "蛙田川に着いたとき、一鳥はふと八幡宮を振り返った"(三紋龍)      
米倉:左町 三紋龍(新潮泡坂妻夫:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "左町という狭い門前をすぎると、広広とした田畠が拡がる"(三紋龍)      
米倉:左町橋 三紋龍(新潮泡坂妻夫:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "よっぽどのぼせあがってしまったようで、右町橋と左町橋を間違えて覚えていたんです"(三紋龍)      
米倉:寺町 三紋龍(新潮泡坂妻夫:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "橋を越すと寺町だった"(三紋龍)      
米倉城 三紋龍(新潮泡坂妻夫:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "一鳥は元、桃井駒太郎という、米倉城本丸御番同心という武士で"(三紋龍)      
米倉城:天守閣 三紋龍(新潮泡坂妻夫:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "蛙田川の上流に米倉城の天守閣が見える"(三紋龍)      
陽成院 無学者論(講明治大正3:17) など 2件1題 (東京2件) 架空 "マアその京都に陽成院という寺がある……これはその山寺だ"(無学者論)      
理屈村 七度狐(講落語全集2:11) など 2件1題 (東京2件) 架空 "ここは何という所だえ。理窟村といいますよ"(七度狐)      
竜が淵 泳ぎの医者(アリス子ども1:08) 1件1題 (東京1件) 架空 "そこはな、竜が淵といってな、いちばんふけぇところだぞおっ!"(泳ぎの医者)      
良寒寺 へそくり料理(東峰今輔:09) 1件1題 (東京1件) 架空 "良寒寺から参りました。老僧が、ちょっと具合がわるいので"(へそくり料理)      
ワンワン寺 鳥屋坊主(立名人名演07:18) 1件1題 (上方1件) 架空 "隣村のワンワン寺、礼物が来たら、半分わけじゃ"(鳥屋坊主)      
 不明      
地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考      
常盤町 紙屑屋(講評判全集1:22) 1件1題 (東京1件)   "我が庵は芝居の辰巳常盤町……いいな、世辞で丸めて浮気でこねて、小町桜の、なアアがあ、めーえに、あかぬ"(紙屑屋)      
玉川 芝居風呂(不二演藝画報復刻:08) 1件1題 (東京1件)   "それともたって入りたくば、玉屋の玉水玉川の水で洗って入った入った"(芝居風呂)      
飛鳥川 辻占茶屋(講小文枝:02) 1件1題 (上方1件)   "人の心と飛鳥川、変わるはつとめのならいじゃもの"(辻占茶屋)      
いいさけ天満の真ン中 憲法発布(玄文珍日本:01) 1件1題 (東京1件)   "大坂天満の真ん中で"の地口だろう.
"いい酒だ、いいさけ天満の真ン中でト来らア"(憲法発布)
     
小原のいそ 応挙の幽霊(角川文庫08:03) 1件1題 (東京1件)   磯節の文句なので、磯で名所は大洗様よ、ハアサイッショネ。なんという速記だことう.
"いそで名所は小原のいそよ。ああさいっしょねえ"(応挙の幽霊)
     
木崎 おさん茂兵衛(青圓生10:05) 1件1題 (東京1件)          
きたろう稲荷 紋三郎稲荷(太平おばけ12:03) 1件1題 (東京1件)   "東北には、きたろう稲荷がいるので、でかけたいと思っている"(紋三郎稲荷)      
小岩村 ぢぐち(講明治大正6:04) 1件1題 (東京1件)   "『小岩村の親殺し』『太神楽のホヤこわし』"(ぢぐち)      
志賀神社 萬歳(騒人名作12:17) など 3件1題 (東京3件)   万歳の柱立て.松尽くしならば滋賀県唐崎の松.
"四本のはアしらが志賀の神社で、五本の柱が牛頭天王ポンポン"(萬歳)
     
大巨寺の森 無筆の女房(講明治大正3:19) 1件1題 (東京1件)   俗謡らしい.
"蝉が鳴く鳴く大巨寺の森で、蝉ぢゃござらんをとせでござる"(無筆の女房)
     
大教寺の森 無筆の女房(講落語全集1:05) 1件1題 (東京1件)   "蝉が鳴く鳴く大教寺の森で、蝉じゃござらぬおとせでござる"(無筆の女房)      
大源寺 口合小町(創元米朝4:11) など 2件1題 (上方2件)   口合小町に出てくる文句"菊大源寺"で,俗謡いなせ節の一部.一見菊の名所のようだが,白菊の大輪をさしていう俗称(花哇一夕話)とあるらしい.
"菊大源寺あやめ杜若に女郎花"(口合小町)
     
大黒屋 おさん茂兵衛(青圓生10:05) 1件1題 (東京1件)          
野呂本郷 渋酒(騒人名作11:24) 1件1題 (東京1件)   "木曾街道の何というところで(中略)野呂本郷というだ"(渋酒)      
早川村 引窓与兵衛(立名人名演02:08) 1件1題 (東京1件)   "上州大間々と桐生のあいだに早川村という村がござります"(引窓与兵衛)      
春根不動 からくり医者(講古典上方艶:10) 1件1題 (上方1件)   "お春は、春根不動の伊勢参り、出会うところが坂の下"(からくり医者)      
東本願寺 地獄八景亡者戯(創元米朝4:03) 1件1題 (上方1件)          

掲載 061201/最終更新 170501

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 架空・想像地名 next