HOME >> はなしの名どころ >> prev 島根県 next
島根県   
圓朝地名図譜
 中にもご家門第一と呼ばれましたる雲州松江の城主、松平出羽守、中興のご先祖を不昧公と申しあげます。この不昧公は絵をよくお描きあそばします
 (五明楼玉輔(3) 「不昧公夜話」)
  斎藤忠市郎ら編,『名人名演落語全集』 第二巻,立風書房(1982)
 
地点名 この1題・登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月  
島根県 恐怖の怪談社(レオ三枝3:01) 1件1題 (上方1件) 島根県 島根県の落語地名は,県中央から東部にまとまっている.
"君とこのお父っつぁん、金持ちやさかいな。島根やったかいな"(恐怖の怪談社)
     
出雲 たらちめ(講明治大正3:10) など 52件31題 (圓朝2件, 東京40件, 上方10件) 島根県の東部 出雲阿国の墓は上の宮から稲佐浜へ向かう道の左上にある.
"毎年十月になると神様が残らず出雲へお寄合いでございます"(たらちめ)
出雲阿国の墓 9012
安来 凱旋(講昭和戦前2:09) など 4件3題 (東京4件) 安来市 安来節とヤスキハガネの町."安来千軒名の出た所社日桜に十神山♪".1932年建の記念碑は安来公園高台の桜の中.
"出雲名物−ウ、荷物にゃアならぬ、聞いてお帰りーイ、安来節ーアラエッサッサ"(凱旋)
安来節記念碑 0304
黄泉比良坂 神代物語(新風上方:19) 1件1題 (上方1件) 松江市(旧八束郡東出雲町平賀) 黄泉比良坂(よもつひらさか).黄泉の国の入口.国道9号JRガード西を南に入り突き当たった所.碑の左奥にイザナギが実を投げた山桃や坂入口を塞ぐ大岩がある.
"出雲の黄泉比良坂まで逃げ切りまして、この世とあの世の境を大きな石でおふさぎになりました"(神代物語)
神蹟黄泉平坂伊賦夜坂傳説地碑 0304
松江 不昧公夜話(立名人名演02:06) など 10件5題 (東京10件) 松江市 月照寺(外中原町179)内に松平家歴代の廟所がある.「不昧公夜話」は7代藩主松平治郷,不昧公が主役.たまたま庶民の夜鷹そばを味わって感動した不昧公が,水戸公などをお客に茶席を設け,自ら夜鷹そばを振る舞う噺.月照寺にある6代宗衍公の墓前の亀趺の亀は,夜分,松江城下を歩き回ったという.確かにその巨大さに驚く.小泉八雲が書き残している.
"雲州松江の城主、松平出羽守、中興のご先祖を不昧公と申しあげます"(不昧公夜話)
松平不昧墓 9012
関の扉(土屋今輔:08) 1件1題 (東京1件) 松江市(旧八束郡美保関町美保関) 五本松の用例."関の五本松 一本切りゃ四本 あとは切られぬ夫婦松♪".初代松は最後の切り株が保存される.いかにもの模造の幹が建つ.今の松は三代目.
"関の五本松の踊りがあるんですか。民謡じゃない。関の扉"(関の扉)
関の五本松 0304
出雲大社 兵庫船(三一上方2:09) など 11件9題 (圓朝1件, 東京7件, 上方3件) 出雲市(旧簸川郡大社町杵築東宮内) 稲佐の浜に近い上の宮は出雲で神々が縁結びや時には三角関係を結ぶ神事を行う社という.
"出雲の大社、よいところだすな"(兵庫船)
出雲大社 0605
塩冶 難題話(講明治大正5:46) 1件1題 (東京1件) 出雲市 神門寺(出雲市塩冶町821)に塩冶判官高貞五輪,その東方塩冶神社は館跡と伝え,新しい顕彰碑がある.
"雲州塩谷の家老大星由良之助に向かいまして"(難題話)
塩冶判官高貞墓 0304
須賀 八俣の大蛇(落語で楽しむ古典文学, 大修館(2013)) 雲南市大東町須賀 ヤマタノオロチを退治したスサノオが,クシナダヒメと住む宮殿を設け,八雲立つ出雲八重垣妻籠みに八重垣作るその八重垣をと読んだ.和歌発祥の地.
"なんてんで、この須賀の土地に宮殿を建てることになります"(八俣の大蛇)
須我神社歌碑 1510
横田町 御名算(二ヶ領用水物語, まつ出版 (2010)) 仁多郡奥出雲町横田 「御名算」はそろばんを題材にした新作落語.宮大工の村上吉五郎がそろばん作りを工夫する話.横田町は雲州そろばんの中心産地.最寄りの出雲横田駅は,1934年に建てられた堂々たる木造駅舎.太いしめ縄が出雲大社を思わせる.駅のすぐそばに雲州そろばん伝統産業会館があり,脇の施設に日本一の大そろばんが飾られている.1986円なり,となっているが,最初は設置された年の1996だったか?
"雲州は出雲の国、島根県横田町。地場産業として発展し続け、全国シェアの七十パーセント、その品質の良さと共に、そろばんといえば雲州"(御名算)
雲州の大そろばん 1510
鳥髪 八俣の大蛇(落語で楽しむ古典文学, 大修館(2013)) 雲南市大東町須賀 現在の鳥上.スサノオが,斐伊川を流れてくる箸を見つけ,上流の船通山に人が住んでいることに気づく.鳥上小学校には,たたら製鉄の体験工房や,斐伊川に落ちる水路に粉ひき水車が置かれていた.
"須佐之男命が天上界高天原から降りてまいりましたのが、出雲国は肥の河の上流、名は鳥髪という土地でして"(八俣の大蛇)
斐伊川と船通山 1510
石見銀山 お婆さん江戸を行く(東峰今輔:12) など 3件2題 (圓朝2件, 東京1件) 大田市大森町 "悪戯者はいないかな"の売り声で知られる石見銀山鼠取り.砒素製剤で,時代劇によく出てくる毒薬.銀山と砒素との関係は知らないが.岩見銀山坑道址の間歩の数は500以上.大森町は伝統的建造物群保存地区で,2007年に世界遺産になった.観光客向けの店が少なく感じがよかった.
"夜嵐お絹は(中略)石見銀山のネズミ取りを少しずつ旦那にのましたという"(お婆さん江戸を行く)
大森町の町並み 0304
毘沙門山 武者修行(騒人名作08:07) 1件1題 (東京1件)   用例の「武者修行」は,「関の津富」のこと.俳諧師の関津富が.剣術師の武者修行と称して道場を訪れたり,雲州公の寵を受けたりするエピソード.そのマクラに雲州の毘沙門山と出てくるが不明.騒人社以外の「関の津富」の速記でも,同じように書かれている.
"「千早ぶる神きこしめせ田植唄」現に雲州の毘沙門山に津風の碑が残っているそうでございます"(武者修行)
     
津富の碑 武者修行(騒人名作08:07) 1件1題 (東京1件)   毘沙門山にあるという碑.出雲の毘沙門山とともに不明.大いに知りたいところ.
"「千早ぶる神きこしめせ田植唄」現に雲州の毘沙門山に津風の碑が残っているそうでございます"(武者修行)
     
丙郡山片村 樟脳玉(青圓生05:07) 1件1題 (東京1件) 島根県:架空 大原郡木次町に山方がある.
"生国は、石見の国は丙郡山片村、親は代々狩人で"(樟脳玉)
     

掲載 060602/最終更新 151101

   表の項目の説明

HOME >> はなしの名どころ >> prev 島根県 next