HOME >> 下新田日記 >> prev 初日 next
初 日     下新田日記 本文


 1893(明治26)年9月18日
 上野駅〜渋川


 今度の旅は弟子の圓花と二人連れで,列車を使い一気に下新田を目指す.初日は渋川泊まり.講釈師の邑井貞吉と泊まりあわせる.
  隣こしで業わひ探る夜長哉 (邑井貞吉)
  合宿に此親しみや秋の旅  (圓朝)

                 − 渋川 −


地点名 出典と登場回数 位 置 備 考 写真と撮影年月
上野の停車場 後日譚, 下新田 (他 東京20件) 全21件16題 東京都台東区上野7 上野駅.1883(明治16)年開業.この角度から見るとよその国の駅みたい JR 上野駅 9910
赤羽 因果塚, 下新田 (他 東京14件) 全15件4題 東京都北区赤羽 赤羽駅.1885(明治18)年開業.日本鉄道により品川と赤羽がつながり,落語にも赤羽駅が登場するようになる 寝台特急北斗星 0305
大宮 皿山, 多助, 孝子, 下新田 など (他 東京7件) 全10件9題 埼玉県さいたま市大宮区 大宮駅.1885(明治18)年開業.高崎線の起点.写真の0キロポストは10-11番線間 大宮駅高崎線0キロポスト 0906
熊谷 多助, 草三, 高麗の茶碗 など (他 東京15件) 全20件15題 埼玉県熊谷市 熊谷駅.1883(明治16)年開業.東口にある名所絵のような鳥瞰案内図が楽しい.お約束の富士山も描かれている 熊谷案内図 0806
高崎 伊香保, 草三, 黄薔薇 など (他 東京10件) 全20件18題 群馬県高崎市 高崎駅.1884(明治17)年開業.以下,地点名の群馬県は省略 高崎駅構内タイル画 0804
前橋 伊香保, 多助, 草三, 上野 など (他 東京8件) 全18件16題 前橋市 → 上野.前橋駅.1884(明治17)年開業.駅の位置は現在と異なり,利根川を渡っていない      
小出村 下新田 前橋市上小出町,下小出町 → 上野.塩原太助の追い剥ぎ松というものが広瀬川畔にあった      
田口村 下新田 前橋市田口町 このあたり1890(明治23)年に開通した前橋と渋川を結ぶ上毛馬車鉄道の旅程 田口町ほたるの里 9802
箱田村 上野, 下新田 渋川市(旧勢多郡北橘村箱田) → 上野.老人保養施設が箱田城址.見晴らしがよい      
戸根川 多助, 上野, 下新田 全1件1題 群馬県 → 上野.箱田あたりの利根川      
中村 下新田 渋川市中村 渋川へ入るすぐ手前.早尾神社には県天然記念物の大ケヤキ.さらに先代のケヤキがあったという 早尾神社の大ケヤキ 0110
渋川駅 伊香保, 後の文治, 草三 など 全4件4題 渋川市 渋川は日本のへそを標榜する町で,臍石まである.碑は"はたた神引返しけりへそ祭り".四つ角に立つ.ここは雷もまた名物 JR 渋川駅 9903
福田や 下新田 渋川市か 渋川の茶屋という      
 −経路外−
武州浦和 上野, 下新田 (他 東京5件) 全5件4題 埼玉県さいたま市浦和区 → 上野      
宇都宮 牡丹, 伊香保, 上野 など (他 東京30件) 全37件21題 栃木県宇都宮市 → 上野.宇都宮駅.1885(明治18)年開業.大宮から分岐      
奥州 蝦夷な, 福禄寿, 八景 など (他 東京48件, 上方4件) 全66件43題 東北地方各県 1893(明治26)年には,早くも青森まで鉄道が開通していた      
長野 蝦夷な, 草三, 下新田 (他 東京5件) 全7件6題 長野県長野市 長野駅.1888(明治21)年開業.ここまでほとんど駅の用例だけに,鉄道の記述ばかりになってしまう.善光寺を思わせる仏閣型の駅舎は新幹線開通とともになくなった JR 長野駅 0809
信州 札所, 羽織の蕎麦 など (他 東京72件, 上方4件) 全96件51題 長野県        
直江津 下新田 新潟県上越市 碓氷峠のアプト式ラックレールがこの年(1893年)に完成し,信越線が直江津へ通じたことによる.直江津はタラづくしの鱈の駅弁が名物 JR 直江津駅 9807
大島村 下新田 前橋市上大島あたり 前橋近郊の広瀬川,桃の木川あたりの微高地は梨の産地だった      
いばら木村 下新田   ここも梨の産地というが不明      
岩上村 多助, 上野, 太助伝, 下新田 全1件1題 前橋市 → 上野.岩神が正しい.公園地にある赤い色をした巨石は前橋の天然記念物第1号.割ると血が流れたという      
鉢崎 伊香保, 多助, 上野, 下新田 全2件2題 渋川市(旧勢多郡北橘村八崎) → 上野.八崎(はっさき)宿.白井八崎と並べて出てくることが多い.白井からの沼田街道西通りと合流する      
白井駅 多助, 太助伝, 下新田 全1件1題 渋川市(旧北群馬郡子持村白井) → 上野      
十八阪峠 下新田 沼田市岩本町,北群馬郡子持村上白井 綾戸の隧道完成前の,利根川右岸白井から沼田へ抜ける山道 十八阪峠を望む 9910
小川原村 下新田 北群馬郡子持村上白井 十八坂峠の南側登り口.桜の木は別項 小川原 9910
岩本村 上野, 下新田 沼田市岩本町 → 上野.戸鹿野橋を渡って利根川右岸.山が迫っており,駅裏は発電所      
戸鹿の橋 下新田 沼田市屋形原町〜新町 戸鹿野橋.後出      
沼田 多助, 後日譚, 草三, 上野 など (他 東京5件) 全12件7題 沼田市 → 上野.「塩原多助」青年期の舞台.沼田名所は「下新田日記」2日目      
丸本屋 下新田 渋川市(旧勢多郡北橘村八崎)か 八崎の掛茶屋という      
塩野や 下新田 渋川市(旧勢多郡北橘村八崎)か 八崎の旅館という      
中島や 下新田 渋川市(旧勢多郡北橘村八崎)か 八崎の旅館という      
升や 下新田 渋川市(旧勢多郡北橘村八崎)か 八崎の旅館という      

掲載 050916/最終更新 121016

   表の項目の説明

HOME >> 下新田日記 >> prev 初日 next