HOME >> 圓朝作品のあらすじ >> prev 奴勝山 next
奴勝山   
−やっこかつやま−

 春陽堂版圓朝全集からは漏れていた作品.勝山髷で名を残す湯女勝山の勇気と活躍を描く.勝山髷は丸髷に進化する.

 大あらすじ
 重臣と悪人の轟伴左衛門がお家乗っ取りを謀るが,忠僕と勝山花魁によって悪人は成敗される.
 お家乗っ取り計画
 元禄年間,ある殿様(噺では松平式部之丞)が気鬱−松蔭,花魁の錦絵見せる−松平公,奴勝山のもとに通う−若竹折江ら忠義により勝山殺害を計画−織江,廓で勝山に斬りかかる−勝山,筆頭家老柴田浅之進と剣術指南番の轟伴左衛門が,松平公を吉原へ通わせ,それに乗じてお家乗っ取りを計画する証拠の文を見せる.轟ら宝剣小狐丸を盗む−折江,密書を受け取り帰る途中,芝で殺害される
 
 奴勝山の活躍
 残された素五郎,宝剣小狐丸紛失のため暇を出される−小梅で轟の動きを探る−若竹方に賊.捕らえると轟軍蔵−軍蔵,折江殺害を白状−轟宅へ乗り込むが,実は罠で,轟らの待ち伏せにあい,若竹夫婦殺害される/轟,勝山のもとに通うが振りぬかれる−三平,勝山のもとで仇討を頼む−吉原で三平と勝山,轟を斬る−三平,若竹家を継ぐ.柴田切腹.勝山松平公に身請けされ三平と結婚.轟に斬られた髪型が勝山髷として流行

吉原の図
(江戸東京博物館)

 はなしの足あと
 吉原(台東区千束)がおもな舞台.忠僕の若竹織江は芝御成門(港区芝公園)で,浪人した息子の素五郎は小梅(墨田区向島)で親子二代でだまし討ちに会う.なお,折江,素五郎親子は「菊模様皿山奇談」にも出てくる.

 はなしの人びと
勝山 かつやま 松葉屋抱え.元湯女.轟を討つ.
軍蔵 ぐんぞう 轟の弟子.
三平 さんぺい 若竹の下僕.轟を倒し,勝山と夫婦.
柴田浅之進 しばたあさのしん 松平家家老筆頭.お家転覆を謀る.
素五郎 そごろう 若竹の子.轟に殺される.
轟伴左衛門 とどろきばんざえもん 剣術指南番.
松蔭勘解由 まつかげかげゆ 松平近臣.
松平式部之丞 まつだいらしきぶのじょう 殿様.仮名.
雪野 ゆきの 素五郎の妻.轟に殺される.
若竹折江 わかたけおりえ 松平家臣.轟に殺される.

掲載 090101

HOME >> 圓朝作品のあらすじ >> prev 奴勝山 next