HOME >> 圓朝作品のあらすじ >> prev 応文一雅伝 next
応文一雅伝   
−おうぶみいちがでん−

 圓朝晩年の作.讀賣新聞に連載したもので,全集には収められていない.時代は明治期,東京と土浦が舞台になる.直情型で恋多きお重が,近代的な感覚を与える.翻案ものとの指摘もある.

 大あらすじ
 お重は恋人の巳之助がありながら画家の応文一雅もものにしようとする.計略が現れると友人のお縫に罪を着せる.結局,すべてが明らかになり,2組の夫婦が誕生する.
 二階借りの逢引
 1878年春,父花房利一は放蕩ゆえ,娘お重は26歳で未婚−財産家の巳之助は,愛宕下に住む知人の油絵師応文一雅の二階を借りてお重と密会.壁に墨で落書−お重は一雅の引き出しから勝手に手紙と指輪を発見,はめてみる−一雅の親孝行に感じ,まだ見ぬ恋−突然,巳之助の父が来訪,あわてて指輪を置き忘れる−巳之助に頼んで指輪を取り返す.巳之助は信州へ旅−一雅に会う口実に店子の神谷縫の肖像を描かせる−6月,完成のお礼に一雅を招く−一雅,お重の指輪を見て,密会を楽しんでいた女がお重と分かる.この女に金を恵まれることに立腹,お重に絶縁状−お重反論.お縫を欺き,一雅の目の前で指輪を交換する−一雅,お縫が二階借りの女だったと思い落胆.土浦の志多野へ帰郷
土浦郊外常名
 どこで撲たれても苦情申さず
 お縫を預かる元御用達の神谷幸治,一雅が書いたお縫への絶縁状を見て詰問−お縫の釈明を聞き,一雅を土浦から呼び出し,花房家で談判−神谷,花房へ説教.お重詫びる−巳之助の父,槙木四郎兵衛の旧名高木金作を名乗る頃,神谷は3000両を貸していた−神谷,槙木と談判−槙木,偽の入金帳を見せ,残金は200両と主張−神谷,いさくさ言わず,200両もらう代わりに,場所を問わず殴れるという証書を得る−神谷,銀座で,横浜で本当に槙木を殴る
銀座
 2組の夫婦
 1879年,お重匿名で一雅へ作画を依頼−池上へ呼び出し,相乗り俥で帰る−送られてきた艶書を見て一雅,お重だと気づく/神幸小石川の寺に墓参.そこへお重が尼になりたいと現れる−顔を焼いて弟子となった了然尼の例をひいて断る.自殺図るところを神幸が助け,お重に書置を書かせる−書置持って槙木と談判−廃嫡になっていた巳之助を赦し,お重と添わせる.一雅もお縫と婚礼.槙木も3000円を返却
了然墓

 はなしの足あと
 応文らが住んでいる芝がメインの舞台.槙木四郎兵衛こと高木金作の家は木挽町.なぜか,志多野(土浦市常名)というメジャーでない土地が応文の故郷となっている.池上の帰り車の道中付けが少し出てくる.

 はなしの人びと
応文一雅 おうぶみいちが   油絵師.芝愛宕下.30歳くらいで独身.お縫と結婚.夭折.
応文一作 おうぶみいちさく   応文一雅の父.土浦藩.
神谷幸治 かみやこうじ (1834-) 幸次とも.元御用達.縫の叔父.花房の店子.侠気.
神谷縫 かみやぬい (1859-) 父が死に叔父に預けられる.美人.
じゅう (1853-) 花房利一の娘.蓮っ葉.
高橋由一 たかはしゆいち [1828-1894] 洋画家.応文一雅の師.鮭が代表作.
花房利一 はなぶさりいち (1823-) 元御細工所御用達.芝片門前に住む.財産家.
槙木四郎兵衛 まきしろべえ (1821-) 旧名高木金作.金貸しで財産家.巳之助の父.神谷の借金をごまかす.
巳之助 みのすけ (1854-) 糶呉服屋.木挽町.お重と結婚.

掲載 090101/最終更新 100805

HOME >> 圓朝作品のあらすじ >> prev 応文一雅伝 next