HOME >> 旅のはなし >> prev 橋の結婚 next
橋の結婚
 ミニクイズ −はしのけっこん−

 三遊亭圓遊(3)が演じた掛け捨ての新作.「百花園」の明治38年正月号に載っている.両国橋の架橋を祝って日本中から橋がお祝いに集まってくる設定.趣向としては,こんな橋が来たよという振りで,それは何橋と答えがわかるパターン.なるほどと思わせれば,演者の手柄.
 大あらすじ
 両国橋の架橋を祝って,全国から橋が祝いにやってきた.その橋の紹介.

 こぼれ話
 あらすじを見てしまえば,ただそれだけになってしまう噺.趣向を楽しめるかどうか.今テレビではやりの,ミニクイズと同じこと.次々と出題される小問が,わかったとか,なるほどとか感じられるかがネックになろう.
 ここで出てくる両国橋は,現在の重厚なコンクリート橋ではない.今の橋も地球儀みたいな物体が柱に乗っかっていて,かなり奇妙な形をしているが,それではなく.明治37年にかけられた鉄橋のこと.今は一部が移設され,南高橋として現役でがんばっている.それ以前の橋は,「たが屋」が首をはねられた木の欄干,木の板でできた橋.今よりも50mほど下流にかかっていた.


移設された旧両国橋
 それでは圓遊演じるクイズ形式はこんな風.
−あなた,何を考えていらっしゃるんで?→ 思案橋
−子供を二人連れた乳母さん?→ 赤子橋に一つ橋
−鉢巻,肌脱ぎしているのは?→ 中橋と神田橋
−履き物をはいていないのは?→ 土橋
−料理のしたくをしているのは?→ 九段下の爼橋
−大層立派な馬車で来たのは?→ 二重橋
−お年寄りの橋は?→ 親父橋と眼鏡橋
−立派なお公家さんは?→ 業平橋
−大きなマゲで錫杖を持っているのは?→ 左衛門橋
−汚い着物を着ているのは?→ 乞食橋と荒布橋
−女のお坊さんですか?→ 比丘尼橋
−赤い煙草入れを提げてきたのは?→ 淀屋橋
−顔が真っ青でひょろひょろしているのは?→ 腹が,数寄屋橋 ってなぐあい.

 都会の川はどんどん暗渠になってしまい,橋自体がなくなっている.上に出てきた赤子橋や思案橋は橋柱も残っていない.数寄屋橋は,「君の名は」のおかげか,石碑があるのが救い.


二重橋
 はなしの足あと
 橋づくし:両国橋・扇橋・太鼓橋・思案橋・赤子橋・一つ橋・中橋・神田橋・土橋・爼橋・二重橋・親父橋・目鏡橋・業平橋・左衛門橋・乞食橋・荒布橋・比丘尼橋・淀屋橋・数寄屋橋・柳橋・日本橋・新橋・瀬田の唐橋・矢矧の橋・上野の三橋・吾妻橋・永代橋・廐橋・枕橋

掲載 101220

HOME >> 旅のはなし >> prev 橋の結婚 next