HOME >> 旅のはなし >> prev 花見酒 next
花見酒   
業務上横領罪 −はなみざけ−

 東京種の古典落語.桜咲く時分にはよく演じられるおなじみの噺だと思っていたら,そうでもないらしい.ましてや,道中付けを演じることはないだろう.内部で資金をやりとりする"花見酒"は一般名詞化している.

 大あらすじ
 花見の場所で酒の一杯売りをして儲けようと思いついた二人組.差し担いで向島に向かうと,酒樽から後ろに流れる酒のにおいにたまらず,後棒は代金を払って一杯飲む.それを見た先棒も飲みたくてたまらない.

 こぼれ話
 それにしても旨い酒だったなぁ.遊んでちゃいけねえって大家さんに叱られて,元まで貸してもらって,外神田の内田で樽で仕入れたんだ.酒かい,そりゃぁ剣菱だよ.兄ィが先棒でオレが後棒,威勢よく担ぎだしたと思いねえ.
 ちゃぷちゃぷちゃぷちゃぷ樽が揺すられると,いい匂いが鼻にプゥンと来るんだ.菊屋橋を渡ったところだったなあ.「なあ,兄ィ.後先かわっつくんねえな」「何でだい」「イヤ,酒の匂いがして,のどが鳴ってたまんねぇんだ」っつうと,さすが兄ィだ.「景気づけに一杯買ったらどうだい.買えば客だぜ」.腹掛けに入れておいた釣りに用意した十銭を兄ィに渡して枡で一杯キューとやったときの味.旨かったなぁ.
 それから門跡様のところだった.「おぅ.お前ばっかし呑む法は無えじゃねえか.俺も買うぜ」って兄ィが十銭渡してきたから,枡に一杯汲んで渡した.こんどは奴鰻の前を通ると,酒じゃねえ,蒲焼きの匂いがプンと来た.「兄ィ.もう一杯」って十銭渡して呑んだんだ.

鰻やっこ
 それから吾妻橋の手前で一杯,わたって一杯,枕橋で一杯ってやっているうちにすっかりいい気分になっちまって,こんないい商売はねえな,この酒を全部売ったら,また仕入れて呑もって思ったよ.
 向島でも酒好きは多かったねえ.「おぅ.一杯くんねえ」って,向こう鉢巻きにじんじん端折りの野郎がさっそく来た.「たんと呑んでくれ」って樽の底を見ると,おかしいじゃねぇか,ちょびっとしか酒がねえんだ.柄杓で汲めねえってんで,樽をひっくり返して,三人で一杯ずつ.店じまいだからタダでいいぜってんで,おつもりさ.ところが売り上げは十銭玉一個っきり.キツネにつままれたとはこのことサ.
 大損したろうって.何ぁに,買って呑んだと思やそれきりさ.「花見酒の経済」なんて大げさに言われちゃ,なんかこそばいいね.それよか,また春になんねえかなぁ.


向島
 はなしの足あと
 道中付け:菊屋橋→門跡様→東門→奴鰻→雷門→吾妻橋→枕橋→水戸様→向島

 "花見酒"の経済:笠信太郎が1971年に著した経済書.信用の膨張,フロンティアなき投資などを論じている.

掲載 100327

HOME >> 旅のはなし >> prev 花見酒 next