HOME >> 旅のはなし >> prev 播州巡り next
播州巡り
 諸国うまいもの展 −ばんしゅうめぐり−

 讃岐の金比羅さんを参詣した帰り道,播州の名所を見て回るという上方落語「西の旅」の一編.兵庫の港に着くところで切れて,「兵庫船」に続く.播州松の名所や明石名所が出てくるほか,会話の中で全国各地の名産品が面白おかしくならべられる.
 大あらすじ
 讃岐の金比羅さんを参詣した喜六と清八,播州路をあちこち見物しながら,明石,須磨,兵庫に至る,旅のお話.

 こぼれ話
 讃岐の金比羅さんを参詣した喜六清八の二人連れ,四国の名所もひと渡り見物して,船で備前岡山へ渡ります.一説には播州室の湊に渡ったとも申しますが,せっかくですから吉備路も見てまいりましょう.釜鳴りの占いで有名な吉備津さんや,裸祭りの西大寺を見物して,いよいよ播州路にかかります.まずは,法華寺,書写山,清水寺と西国の札所をめぐります.自動車のなかった昔のこと,その道は遠うございまして,姫路に戻りましたときには,すっかりくたびれてしまいまして車屋敷に夜な夜な出るお菊さんに会いに行くのも忘れたほどでございました.

播州姫路お菊神社
 播州は松の名所,高砂やこの浦舟に帆をあげてと高砂の松,尾上の松,別府手枕の松と見てまいります.ただいまなれば太古のスキをマークに掲げる多木化学の建てましたあかがね御殿をご覧いただきたいものでございます.あかがねとは申しますが,いちめん緑青のふいた板張りの洋館には,初めて見たお方は必ずびっくりなさいます.
 さて,一行は明石の町へと入ります.町のいたるところで明石名物のタイやタコをはじめ,とれとれの魚を商っております.喜六は明石焼き,清八はタコ壷に入ったひっぱりだこ飯を買い求めまして,高台にある人丸神社へと登っていきます.気をつけていただきたいのは神社への坂道,仲のいい夫婦が一緒に登ると別れ別れになるという一名離縁坂でございます.誰ですか,それなら一緒に登ったろとおっしゃるのは.

あかがね御殿
 さて,平敦盛の五輪は須磨の浜辺にあります。お隣には,熱盛りとかけたのではありますまいが,敦盛そばの店がございます.さっそく入ろうとすると,清八が名物にうまいものなしとダメ出しをします.そこで始まりますのは,諸国の名物づくし.お差し合いがありましたらあらかじめお詫び申し上げますが,大野の焼鳥から始まって,鞠子のとろろや姥が餅,走り餅までみんなうまくないものと決めつけられてしまいました.
 近ごろではB級グルメなどと呼ばれる個性的な食べものが人気だとききます.私もご当地限定なんて書いてありますと,ついつい手を伸ばして買ってしまうのでございます.


姥が餅に走井餅
 ◎見たことないもの−大野の焼鳥・津の杓子餅・目川の田楽・鴨川の鷺しらず・奈良の菊屋の霰酒・金比羅の糠飴・田辺の酒盛・尾張大根・天王寺蕪・吹田慈姑
 あられ酒は,「鹿政談」でも出てくる名物,麹米の浮いたトロンと甘いリキュール.菊屋は残念ながら営業していません.糠にまぶした糠飴は金比羅さんの参道で売られていていましたが,衛生上別の形にかわって売られております.尾張大根とは宮重大根のことでしょうか.酒盛というお菓子は姿も想像できません.とても気になります.

 ◎食べたことがないもの−敦盛そば・薩摩の泡盛・西条柿
 敦盛そばのお店には二度行きましたが,残念ながら営業していませんでした.沖縄の泡盛は有名ですが,薩摩でも造っていたのですね.

奈良のあられ酒
 ◎うまかったもの−鞠子のとろろ・草津の姥ヶ餅・大津の走り餅.津の清の岩おこし・堺小島屋のけし餅・岸和田の村雨・聖護院の八ツ橋・伏見駿河屋の羊羹・鞆の保命酒・柳井津の甘露醤油・広島のカキ・吉備団子・桑名の時雨蛤・江州の鮒ずし・信州更科そば
 実を言うと,ちょっと苦手なものも混じっていますが,これらはみんな今でも名物です.時雨蛤は佃煮のようなもの,蛤が入るととたんにお値段があがります.今回,奮発して買ってみました.鮒ずしは材料のニゴロブナが捕れないらしく,さらに高価なものでした.魚の回りのお米を取り除くのやら,中の卵みたいなものは食べていいのやら,食べ方すらよくわかりませんでした.そういえば,お菓子の中に,セメン菓子がありませんね(笑).大阪名物です.


桑名の時雨蛤
 ◎苦かったもの−毛馬の胡瓜・洞川の陀羅尼助・伊勢の万金丹
 大阪毛馬特産のキュウリは,スソの方が色白でイボイボが黒い独特な姿をしています.ちょっと苦みがあって個性的です.あとの2つは薬です.昔から苦い薬はセンブリと陀羅尼助と決まってました.「愛宕山」の試みの坂でへばって,洞川で陀羅尼助買うて来てのセリフがあります.


毛馬キュウリ
 はなしの足あと
 播州名所:四国のお大師さん→象頭山金比羅大権現→弥谷寺→善通寺→屏風ヶ浦→八栗→八嶋→壇の浦→吉備津さん→西大寺→高砂の松→尾上の松→石の宝殿→別府手枕の松→法華寺→書写山→清水寺→尾上の鐘→曽根の天神→明石→王子川→本町→明石のお城→人丸さん→明石の浦→亀齢水→離別坂→月照寺→千体の地蔵→八つ房の梅→船町→船形八房の梅→盲杖桜→お筆柿→火除の塚→芭蕉の塚→大倉谷→舞子→淡路島→淡路の岩屋の端先→紀州の加太の突端→泉州岸和田の突端→堺大浜の突端→大阪天保山の突端→尼ヶ崎大物の突端→西の宮の突端→住吉大石の端→神戸は和田の端→明石の端→須磨→三の谷→二の谷→一の谷→敦盛さんの五輪→須磨の関→平家福原の都→上野福祥寺→源平咲分躑躅→弁慶若木の桜→神功皇后釣竿の竹→敦盛首洗池→首塚→義経腰掛松→弁慶軍用鐘→松風村雨庵→多井の畑→片枝の松→行平月見の松→前田さんの杜若→兵庫の長田神社→柳原→兵庫の鍛冶屋町の浜(「上方はなし」による)

 諸国名物:敦盛そば・紀州熊野浦・大野の焼鳥・津の杓子餅・目川の田楽・鞠子のとろろ・草津の姥ヶ餅・大津の走り餅・津の清の岩おこし・堺の小島屋のけし餅・岸和田の村雨・京都の鴨川の鷺しらず・聖護院の八ツ橋・伏見の駿河屋の羊羹・奈良の菊屋の霰酒・備後の鞆の保命酒・薩摩の泡盛・柳井津の甘露醤油・広島の牡蛎・備前吉備団子・金比羅の糠飴・西条柿・紀州田辺の酒盛・伊勢の桑名の時雨蛤・江州の鮒ずし・信州更科・尾張大根・天王寺蕪・吹田慈姑・毛馬の胡瓜・洞川の陀羅尼助・伊勢の朝熊山の万金丹(「上方はなし」による)

掲載 100726/最終更新 150816

HOME >> 旅のはなし >> prev 播州巡り next